img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな  | 0.93%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな
文字数:3505    |    更新日時:20/02/2021

その時、ナンシーの携帯が鳴った。

発信者の電話番号を見ると彼女は表情を変え、すぐに電話に出た。

「ナンシー、君が戻ったとドリスから聞いた。 うれしいよ。 彼女に君の住所を聞いたから、仕事に行く途中で君を拾うよ」、と男は電話の向こうからご機嫌そうに話した。

この男は、ナンシーの小学校から大学までの同級生であるイーサン・イェに他ならなかった。 現在彼は、ナンシーが働く市立病院で整形外科の部長をしていた。

ナンシーの目には、自分が彼に一生をかけても返すことができないだろうというほどの恩が掛けられるように見えているのだった。

もし彼女がキャスパーと知り合わず、子供を産んでいなければ、おそらくイーサン・イェと恋に落ちていたことだろう。 残念ながら、この世界に「もし」は存在しない。

「イーサン、迎えに来なくてもいいわよ。 忙しいでしょ。 タクシーで通勤するわ」、とナンシーはすぐに返事をした。

「君の家は道の途中にあるんだから問題ないよ。 準備しろよ、5分で着くから」 ナンシーがさらなる反論する前に、電話が切られた。

「彼氏?」 ティッシュで手を拭きながら、チャールズが気だるげにたずねた。

しかし、彼の声には嫉妬の痕跡がにじんでいた。

「いえ、彼氏じゃないです」、とナンシーは正直に言った。

「僕のママでしょ。 彼氏なんてつくっちゃだめだよ」、とボビーが頭を上げて会話に割り込んできた。

ナンシーは言葉を失った。 この子は私を手放さないつもりだろうか?

「さっさと食べるんだ。 お前のママは仕事に行かなくちゃならない」 、チャールズがわざと「ママ」という言葉を強調して、ナンシーは目を回した。

「もうお腹いっぱい」、とボビーはお皿を脇によけながら言った。

「さあ、もう下に行きましょう。 私が出る時間だわ」、ナンシーは時計を一目見てそう促した。 初日に仕事に遅れることはできない、それにイーサン・イェが数分のうちにここに来る。

3人は一緒に階段を下りた。

ナンシーがイーサンから電話をもらってからというもの、チャールズはずっと不愉快そうな顔をしている。

ナンシーはあえてそれに言及しようとはしなかったが、ボビーは一人ニヤリと笑って内心こう思った。「やきもちを焼いている僕のパパはすごくかっこいい!」

ナンシーがドアを開けると、家の前で白のBMWに乗っているイーサン・イェが目に入った。 最後に会ってからほんの数年のうちに、彼は未熟な青年から成熟した男性になっていた。

「やあ、ナンシー。 久しぶり」

「ええ。 会えてうれしいわ」、とナンシーは礼儀正しく言った。

「ほら、乗って」、イーサン・イェは車から降りてナンシーのためにドアを開けるとそう言った。

その間ずっとナンシーは、チャールズとその小さな男の子が自分のことを無視して、静かに彼たちの車のところに行ってくれることを祈っていた。

しかし彼女がイーサン・イェの車に乗り込む直前に、「ボビー、ママにお別れをするんだ」とチャールズが大きな声で言うのが聞こえた。

「バイバイ、ママ。 また会いに来るからね」、とボビーが素直に叫んだ。

ナンシーは恥ずかしさで縮こまるところだった。 ぎこちなく笑いながら彼女は告げた。「バイバイ」

チャールズは誇らしげに微笑んで、ボビーのために車のドアを開けた。

そしてナンシーをちらりとも見ずに、運転席へと滑り込んでいった。

「パパ、争奪戦があるよ。 あの男の人は彼女のことが好きみたい。 ただ横に立って見てるだけのつもりなの?」 ボビーは、走り去るもう一方の車を振り返って物欲しそうに聞いた。

「争奪戦? 」 チャールズは鼻を鳴らした。 いずれにせよ、彼はどちらでもよかった。 あの女性に知り合ったのはただの偶然だった。 彼女にもう一度会う理由はないだろう。

「パパはお姉さんのことが好きになると思うな」、とボビーは子供っぽく舌を突き出してそう言った。

チャールズはハンドルを軽くたたいて思った。「私は彼女のことが好きなのか? 多分少しは。 でも、ほんの少しだ」

一方別の車の中で、イーサン・イェはたった今見たものを話題に持ち出さずにはいられなかった。 「ナンシー、あの二人は…」

「ああ、よく知らないのよ。 ドリスと私は空港の近くであの男の子を拾った

の。 彼女、そのことは言わなかったの?」 ナンシーはまくしたてた。 早朝に彼女と一緒にその父親と息子が現れたので、説明が難しかった。 そんな光景を見たら誰だって誤解するだろう。

話題をドリスに変えたほうが良さそうだった。

「ああ、あれがその男の子か! うん、ドリスが言ってたよ。 じゃあ、あの男がその男の子の父親なんだ?」 予想通りに、イーサン・イェの口調がずいぶん明るくなった。

「そう、今朝彼が来たのよ」、とナンシーはなにげなく言った。

そのあとの会話は、海外でのナンシーの暮らしと医療についての話になった。

ついに彼らが病院に着くと、病院の上級管理職の面々が入り口で待ち構えているのがナンシーの目に入った。

彼女が車から降りてもいないうちに彼らは拍手をし始めた。 「あなたをここに迎えられて光栄です。 ナンシー先生。 今から、あなたはこの病院と小児科の主力です。 優秀な小児科医は稀少です!」 、そうホバート・チャンは晴れやかに言った。

ナンシーは少し恥ずかしかったが、優雅に車から降りると、「お世辞でもうれしいです。ホバート院長」と言った。

院長はイーサン・イェのほうを向いた。 「イーサン先生、君はナンシー先生の級友だと聞いたよ。 今日は診察はしなくていい。 他の人にやってもらうから。 君と私でこの病院をナンシー先生に見せて回ろう」 「もちろんです、ホバート院長。

喜んで」 イーサン・イェはこの機会を得たことに喜んでいた。 そしてナンシーのほうを向くと、彼は紳士のような身振りで腕を差し出し、 「こちらです、ナンシー先生」と言った。

「ありがとう」、ナンシーは笑みを浮かべてそう返した。

「ほら、みんなで行こう。 世界の医療のことについて ナンシー先生に聞いてみたまえ。 特にインターンの君たちは彼女から学ぶべきだよ」、とホバート・チャンは言った。

医師とインターンたちはナンシーの周りに集まって、医療分野に関する質問をいくつかした。

率直なナンシーは知っていることをすべて教えた。

小児科の廊下に到着すると、男性と腕に子供を抱えた女性が彼らのもとに駆け寄ってきた。

「先生! この子がガラス玉を飲み込んでしまって、のどに引っかかっているんです。 どうか助けてください!」 、その女性が泣き声を上げた。

「どれくらい時間が経ちましたか?」 自然と先頭に立ってナンシーはたずねた。

「10分です…」 、その女性は後ずさった。

彼らが目を合わせると、二人とも凍り付いた。

「ファニー?」

「ナンシー…」

そのとき、その男性が声を上げた。 「君は… 戻ったのか? どうして帰ってきたんだ?」 キャスパーの言葉はナンシーには馬鹿馬鹿しく響いた。

どうして帰ってきてはいけないのか?

昔の彼氏であるキャスパーがいるという理由だけで帰って来られなくなるのか?

ナンシーは冷ややかに、返事をしないことにした。 5年たって、彼女はかつてのような無力な少女ではなくなっていた。 そしてこの時、ナンシーはその子供の顔が青くなっているのに気づくと、すぐに手を伸ばした。「彼女を渡してちょうだい」

「彼女は私の子よ! あなたには渡さない」、とファニーは子供と退こうとしながら不安そうに言った。 本当のところ、自分は5年前に彼女から女の子の赤ちゃんを連れ去ったのでナンシーのことを恐れていた。

もちろんナンシーはこのことを知らなかったが、もしナンシーがそれを知れば自分のことを殺すだろうとファニーは確信していた。

そしてどちらにせよ、ナンシーはもう自分のことが大嫌いだ。 もし彼女がこの機会に子供を傷つけたらどうするのだ?

「あなたの子供だって分かってるわ。 私はあなたのことを好きじゃないかもしれないけど、ここは命を救う場所よ。そして医者として、私の目の届くところで患者を死なせたりしないわ!」 ナンシーははっきりと言った。

彼女がそういうと、後ろにいた医者たちが彼女の情熱的な言葉に喝采を送った。

ファニーを無視して、ナンシーはその子供を膝の上に置いて、応急処置を始めた。

数秒ののちに、ガラス玉は子供の口から出てきて、ころっと床に落ちた。

「酸素マスクをつけるわ。 彼女は大丈夫。 すぐに元気になるわ」、と子供を看護師に渡しながらナンシーは指示した。

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img