img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第9章私が彼女を必要としている  | 1.10%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第9章私が彼女を必要としている
文字数:4135    |    更新日時:20/02/2021

「今は仕事の時間です、ジェシー部長。 どうか仕事に集中してください」、小児科の病棟に向かいながらナンシーはそう告げた。

彼女はその小さな患者の状態を注意深く確かめた。 怪我はそれほど深刻なものではなく、手術もそれほど複雑なものではなかった。

しかし彼女が手術室に入るとすぐに、チャールズが腕にボビーを抱えて病院にやってきた。

「ナンシー先生はどこだ?」、 チャールズは怖い顔をして切羽詰まったようたずねた。

「失礼ですが… ナンシー先生は 執刀中です。 いかがされましたか?」

ジェシーはチャールズが来たことに気が付くと、自分がナンシーの助手であることを忘れるくらい興奮してしまった。

「私の息子が息をするのも大変そうで、高熱が出ているんだ。 ナンシー先生の助けを求めに来たんだ」、とチャールズは顔をしかめながら告げた。

「彼女は手術中の患者を優先しなければいけません。 ナンシー先生は 手術が済むまで手術室を離れることができません。 フー様、 どうか私にあなたのお子さんのことを任せてください」、とジェシーは辛抱強くプロらしく説明した。

「わかった」、チャールズはためらいつつもそう返事をした。 ボビーがほとんど意識がなく、あまりにも心配だったのですぐに彼をジェシーに引き渡した。

ジェシーはボビーを病室に運び、ベッドの上に寝かせて酸素と点滴の準備をした。

「ママがいい。 ママがいいんだ!」、 ボビーは朦朧とした意識の中そうつぶやいた。

「いつ彼女は手術室から出てくるんだ?」 、チャールズは心配そうにたずねた。

「ナンシー先生は この病院でも人気の先生の一人です。 彼女を並んで待っている患者さんいらっしゃいますから 彼女はいつもとても忙しいです」、とジェシーは苦々しくそう言った。

「手術はいつ終わるんだ?」 、チャールズは歯を食いしばってそう叫んだ。 彼は生来の冷たい人物だったが、その我慢強さで知られており、特によく知らない人に対しては滅多にカッとなることはなかった。 しかし状況がいつもとは完全に異なり、ボビーの命と安全が危機に瀕しているときに言葉を選んでいる時間はなかった。

「い、1時間です」、ジェシーは口ごもった。 体が震えるほど怯えを感じ、 もう一度彼の怒りに触れることを恐れてもう何も言わなかった。

チャールズは彼女を行かせると、部屋の中を不安に満ちた様子で行ったり来たりしていた。

混乱して心がぐちゃぐちゃになっていた。 内心では、ナンシーが自分に呪文をかける特別な魔法の力を持っているのではないかと不思議に思っていた。 彼女のことをとても気に入っていたのはもはやボビーだけではなかったが、どうやら自分は訳の分からないまま彼女に対して身を切るような依存心を抱き始めているようだった。

昨夜の夕食会の間、チャールズは彼女のことしか考えられなかった。 彼女のことを頭から追い出すことができず、ほとんどいつも通りに頭を動かすことができなかった。

夢の中でさえ、彼女とのセックスにとらわれていた。

「いったい私に何が起こっているんだ !?」 、首を振りながら彼はひとり考えた。

とうとうナンシーが手術室から出てくると、無表情でチャールズは彼女のほうへと急いだ。

「話しがある」、と告げた。 その声は厳しく、まるでナンシーが何か彼に借りがあるように聞こえた。

彼女は常に自分の仕事に真剣に向き合っていたので、 瞬時に表情が厳しくなった。

「すみません、仕事中です。 今はどうか邪魔しないでください」

「名前をちゃんと呼んでくれないか? 私の名前は、チャールズ・フーだ」 ナンシーが自分に向ける無関心さに対して、若干腹が立ってきた。

「わかりました。 フーさん。 今は仕事中です。 どうか私に仕事をさせてください」、ナンシーはプロらしく真剣に返事をした。 どうやら本気で帰ってもらいたいようだった。

「私の名前はチャールズだ。 二度とフーさんと 呼ばないでくれ。 わかった?」、 チャールズは彼女の腕をつかんで容赦なく言った。

ナンシーは、彼が自分に何をしようとしていたのかわからなかった。 彼は自分の名前を言うためだけにここにいたのだろうかと不思議に思った。

「チャールズ、今すぐ私を離してください、いいですか?」、 下の名前で呼んでくれと主張されたので、 ナンシーは望みどおりにして真剣さをにじませた冷静な口調でそう言った。

「よし。 私は今君の患者の家族だ。 子供が病気になった。 今すぐ彼を診てもらえないか?」、 チャールズは、ナンシーをボビーがいる病室に引っ張りながらそう言った。

「つ、つまり… ボビーが?」 、彼女は言葉に詰まった。 本当に驚いてしまったのだ。 「昨日別れたときは完璧に元気だったわ。 たったの一日と一晩でどうやってそんなひどい状態に?」

「あなたのせいなんだ。 彼はひどくあなたに会いたかったんだ。 うれしいだろ?」 、チャールズは冷ややかに言った。 すべての怒りと不満を彼女にぶつけていた。

ボビーが彼女のせいで病気になりたがったのだとチャールズにはわかっていた。 そしてそんな状況で、彼はナンシーのところに行くしかないのだ。

「つまり、彼は私に会いたかったから自分で病気になったということ?」 ナンシーはとても心配になってボビーのベッドの脇に急ぎ、すぐさま彼の状態を確かめ始めた。 彼のまぶたを持ち上げることから始めて、瞳孔をチェックした。 「大丈夫よ、良くなるわ。 ミシマサイコを持ってきてちょうだい。明日は解熱剤を使うのをやめてね」、そう看護師に指示を出した。

「ナンシー先生、彼は私の患者です」、ジェシーは部屋に入ると突然そう言った。

何が起こっているのか理解できなかった。 小児科医としての10年の経験があるのだから、 何歳か年下のナンシーより劣っているわけがないのだ!

もしナンシーが自分の患者を取ったら、部長としての面目はつぶれるだろう。

「今すぐ出て行け。 私が彼女を必要としているし、息子もそうだ」、チャールズはジェシーのほうを向くとそう告げた。

ジェシーはナンシーに憤りの表情を見せると、振り返って部屋から出て行った。

「あなたに私の息子を預けるよ。 できるだけ彼が早くよくなるようしっかり頼む」

「大丈夫です。 私は常にすべての患者に平等に接して、彼らの健康と回復のために全力を尽くしています」

「違う!」

彼はその状況に気が滅入って、 痛々しい声で唸った。

「なんなの?」 、彼女は自問自答して 混乱している様子のチャールズのほうを向いた。

「どうしてチャールズみたいな支配的な男が突然こんなに神経質になったのだろう?」 、彼女は疑問に思った。

「いいか、彼はあなたの患者ってだけじゃない。 あなたのことをママだと思っている子供なんだ!」 、チャールズはそこまで大きくはないが力強い声でそう告げた。

「ママ?」 、とナンシーは思った。

チャールズの言葉に、ナンシーは全身に電気が走ったように感じ、 自分がそのことをほとんど忘れかけていたことに恥ずかしくなった。

彼女は深呼吸をすると厳粛な表情で彼のほうを向いた。 「わかりました、 フーさん」

そう言うと、彼女は厳しい決意とともにボビーのほうを向き、 そして彼にミシマサイコを投与した。

清潔なタオルを手に取って水を張った洗面器に浸すと、余分な水を絞ってそれをボビーの額にのせた。

ナンシーがボビーへの処置を始めると、チャールズは安堵を感じ始めた。 近くのソファーに腰をおろして彼女の働く様子を見ていた。

彼女のことを見ていればいるほど、彼は落ち着いていくようだった。

彼女がボビーの汗を優しく拭い、静脈注射を確かめて、その乾いた唇を湿らせるのを見ていた。

彼女はすべてを落ち着いて行った。 ボビーが病んでいるのを見たとき、彼は赤く熱されたフライパンに落ちた水滴のようにすぐさま不安になった。 簡単にパニックになってどうすればいいのかわからなかったのだ。

「これは普通の風邪です。 明日熱が下がれば、回復していくでしょう」 、チャールズの心配そうな顔を見て、彼女は優しい笑みを浮かべてそう慰めた。

「彼が回復するまでほかの人にかまわないでくれ!」、 チャールズは横柄な口調でそう要求した。

自分が落ち着けるのは彼女がそこにいる時だけだという事実に彼は観念した。

「チャールズ、あなたがTSグループの社長であると聞きました。 それに、男ですし、責任のある立場なんでしょう。 子供は自然に風邪をひきます」 ナンシーは忙しい医者だっだので、 この小さな子が自分のことをママと呼んだとしても、彼のためにほかの患者のことをおざなりにすることはできなかった。 「私が仕事に戻っている間、ボビーの面倒を見ていてください」

ナンシーは手を拭って出て行こうとしながらそう言った。

「私が言ったことを聞いていなかったのか? 行くなんて許さない!」 チャールズは立ち上がってナンシーの通り道をふさいだ。

ナンシーは自分が子供のころから顔がいい男性に弱いということを認めていた。 もしキャスパーがハンサムでなければ彼に騙されることはなかっただろう。

しかしながら、彼女が人生の早い段階で学んだ価値ある教訓は、男はハンサムであればあるほど、信頼に足らないということだった。

「チャールズ、無茶を言わないでください。 私は海外から戻ったばかりなんです。 働かなければ、給料をもらえません。 あなたが私のお給料を払ってくれるんですか?」

「いいだろう!」 、チャールズは瞬時に答えた。 彼は迷いなくきっぱり同意した。

「本当に無茶苦茶ですね!」 ナンシーは途端に腹が立ってきた。 病院にいる限り、彼女は自分の助けを求めるすべての患者の医者なのだ。 それが誰であろうと、病院においては、彼女にとっては患者の一人にすぎないのだ。

もちろん、彼女は本当にボビーのことを気に入っていた。 彼は優しい子だ。 しかし、彼女は彼のために仕事を遅らせるわけにはいかない。

「それで、あなたは行きたいのか? そんなのは不可能だ」 、警告なしに突然チャールズが彼女の腕をつかんだ。

腕が痛んだほど彼の力のこもった手が彼女をきつく捕らえた。

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  9
img
img
img
img