ホームページ / ファンタジー / エリュフィシア・ヒストリオ
エリュフィシア・ヒストリオ

エリュフィシア・ヒストリオ

5.0
8
312 クリック
すぐ読みます
あらすじ 目次

異世界、エリュフィシア。異物たる技術アルコーンによって、その戦乱の歴史は加速していく。 小国ウェルギス王国。次期国王アラステアは、自ら出陣する覚悟を決めていた。 戦場に渦巻くのは慟哭と憤怒、そして誇り。 それらを貫けるものだけが、この混沌を生き残れると信じて…。

チャプター 1 魔の手

 超大国の侵略戦争は、小国ウェルギス王国にも拡大していた。

「アラステア様!ソルモール軍が最終防衛ラインを突破しました!」

 慌ただしく報告したのは、ウェルギスの王室騎士団団長ヴァルナス・ニールだった。

「そうですか。もう来たのですか…」

 報告受けたアラステアもまた、焦っていた。何故なら相手はエリュフィシア最大の超大国、ソルモール帝国。圧倒的な軍事力を背景に、エリュフィシア全土を支配せんとしていた。

 アラステアの心には、恐怖心と憤りが混在していた。

「もしや出陣なされるおつもりか…!?」

 ヴァルナスは別の意味で焦った顔をした。アラステアはいずれこの国を治める存在。戦死させるわけにはいかない。

「あなたの、この国を思う気持ちは分かります。しかし、あなたは…」

「ヴァルナス!私の身を案じてくれるのは、ありがたく思います。ですが」

 アラステアは、ひざまずくヴァルナスに歩み寄り、彼の肩に手を置いた。

「ですがこの国が滅んでは、意味がありません!私のサーレーンを出して下さい!」

「…ならば、死は許されませぬぞ」

 アラステアの後ろ姿は、窓から降り注ぐ光の中へと消えていった。

 アラステアは、王室用の地下格納庫へと向かった。城の中は慌ただしい。それでも家臣や兵士たちは、アラステアに敬礼した。もちろんアラステアも気付いていたが、それにかまっている場合では無かった。

 地下格納庫へ向かう螺旋階段を降っていた時、アラステアは大きな揺れにバランスを崩した。

「まさか……!」

 ついに敵軍が、城の間近まで侵攻したのだと、直感した。

「急がないと……!」

 再び階段を降った。やがて最後の段を踏み終えたとき、格納庫の扉が見えた。アラステアはそれを蹴り飛ばし、格納庫の中に入った。

 そこには巨人型の兵器、アルコーンがずらっと遠くまで並んでいた。本来これらは予備の戦力であるが、これを見たアラステアは最前線に投入することを決めた。

「マノアス!お願いがあります。至急、搭乗騎士を集めてください!」

 格納庫の管理責任者であるマノアスは、その言葉に、顔をゆがめた。予備戦力を使うということは、訓練生や民兵も、いよいよ駆り出されることを意味する。

「いやしかし、これらは予備の…」

「それにまだ、陛下よりのご命令が…」

「知っています!ですが、四の五の言っている時ではありません!とにかく急いで!」

 アラステアはその命令を下すと、自身も専用のアルコーンへと急いだ。

 アラステアは、自分専用の金とピンクのサーレーンへと到達した。アルコーンに乗る際、本来ならば鎧を着なければならない。だが時間的な猶予はない。アラステアはサーレーンの横にある階段をのぼり、乗りこむための足場に立つ。すると人間で言う肩甲骨の部分にある、扉が開いた。アラステアはそこからコックピットに入った。アラステアはまず、操縦席中央の透明の水晶に手をかざした。透明だった水晶は薄紫色に変わった。そして連鎖するように、コックピット内にあるすべての水晶が光り出した。

 その輝きを見たアラステアは、両脇にある操縦用の水晶を手で掴む。その瞬間、サーレーンは地上へと転送された。

続きを見る
img レビューを見る
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY