img マイ·ミスター·ソルジャー  /  第101章Capítulo離婚ギフト | 0.08%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
マイ·ミスター·ソルジャー

マイ·ミスター·ソルジャー

img img img

第101章Capítulo離婚ギフト

文字数:4058    |    更新日時: 05/03/2021

。 彼女はベッドから出る必要があることを知っていたが、彼女の体は

電話で話していることに気づきました。 会話から、彼は去ろうとしていたようだった。 彼女はベッドから出る

ベッドシーツだけを着て、ドアのそばに立っていた。 ジャンは素足を地

を終えた。 通話が切断されると、ビープ音が鳴りました

色と微妙に対照的でした。 彼は特に彼女のフリルの髪が彼女の魅力にどのように追加されたかが好

はさりげない口調で言った。

土地、あなたは…

に反応した。 彼は彼女に彼女

歩き、「その土地に可能性があるとは思えない。 さらに、あなた

低いハスキーな声で話しました。 気、あなたの言うことに注意してください。

は彼女を不快にさせたが、彼女は魅惑的に微笑んだ。

に入れました...」

た。 彼はコートをつかむ前にシャツの落ち着き

情で見つめ、「お願いします、お願いします。 私はあなたがとても寛大な人であることを知

永続性に悩まされて、彼は彼女に厳しいそし

った。 彼女は彼を説得するために複数のアプローチを試みたので、彼女は欲求

ゼッドは部屋か

彼についてきませんでした。 代わりに

られませんでした。「あなたはグッとしています、ゼッド。 ずいぶん頑張った。 私も昨夜あなたと一緒に寝ま

彼女は太ももの間に突然の痛みを感じました。 前夜

持った細い手が彼女の前

夫を罵倒していました、そして今、彼は彼女のすぐ後

らえますか?」 ゼッドの顔は

私はしませんでしたか? なぜ彼

が今言ったことすべてに対して、彼女はどのような防御をす

めにきちんと優雅に振る舞った。 「彼は

もっと消極的でしょうか?

誰かが話しているのを聞きましたか? 何も聞こえなかった」 恥ずかしがりながらも、ジャンはさりげなく髪を頬から

ました。 しばらくジャンを睨みつけた後、ゼッドはドレスを腕

車の鍵のため

り、怒りでつぶやいた。「あなたが無情なジャークになるこ

たとき、恥と罪悪感が彼女を襲った。 彼女

は、ジャンの貪欲な父親によって手配されました。 彼は彼らの離婚の直前に

たか? ジャンは教訓を学んだ。 ゼッドは彼女が信

ンは家に帰って父親に真実を話す

失敗を説明した。 氏。 ウェンは激

? 私があなたに頼んだ一つのことを

りのことをしました。 私がすることは他に何もありません。 Z

解できず、試してみるほど、欲求不満と不安が増しました。 さて、彼女が彼と過ごしたクレイジーな夜の

に結婚を使うことができます。 離婚に同意する必要はありません。 彼を倒すまで家

、彼が到着するのを待ちました。 彼女は再び土地につ

込められたくありませんでした。

ごした。 ゼッドが戻るつもりがないこと

したと感じ、前夜からの彼女の努力が土地について適切に議論

ですか?」 ジャ

れていたように見えた。 ドアを通り抜

始めました。 彼女は彼のコートを掛けるのを手伝い、濡れたタオルで彼

げて横になる前に、素っ気なく言った。 ジャンは彼女

彼女が彼女の結婚についての彼のアドバイスを思い出したとき、ジャンは眉をひ

ンスはありません。 私は今

見えていません。 私はあなたに少しマッサージを与えることが

受け取り、彼女の指を彼の肩に置いた。 彼女がこね始めた

しました。 彼女は再試行する前に躊躇した。 「私たちは、ご存知のように、夫と妻の関係にあります。 その土

彼女の要求は彼の目を輝かせたようだった。 「お返しに

img

目次

第101章Capítulo離婚ギフト 第101章裏切り 第102章Capítulo大丈夫、それは解決しました 第102章冷淡なシェン一族 第103章Capítulo家に帰ろう、私の愛する妻 第103章金持ちな男を見つける必要がある 第104章Capítulo離婚しましょう 第104章身分証明書と戸籍を持って来たか 第105章Capítulo彼女は彼氏を期待していましたか? 第105章彼女はお前の叔母だ 第106章Capítulo私に触れないでください
第106章政略結婚
第107章Capítulo穏やかなタッチ
第107章アンドリューを訪問
第108章Capítulo私はあなたの娘です私がどれほど恥知らずであるかは関係ありません
第108章ロールプレイ
第109章Capítuloジャンに対処する方法は常にあります
第109章曖昧な関係に終止符を
第110章Capítuloすべての世は舞台、そしてすべての男と女は単なるプレーヤーです
第110章彼女が会いたくない人
第111章Capítuloシスター、許して
第111章苦境から彼女を救い出す男
第112章Capítulo息を止めて、私の弁護士に相談してください
第112章4人の出会い
第113章Capítulo離婚?誰が言った?
第113章良い雰囲気での豪華な夕食
第114章CapítuloZedの元ガールフレンドが彼を探しに来ました
第114章バーでの再会
第115章Capítulo親愛なる、夕食は何ですか
第115章怒りの結果
第116章Capítulo彼女が拒否した場合、私は彼女を殴ります
第116章兄からの電話
第117章Capítuloあなたは自分でそれに対処しなければなりません
第117章駐車場での葛藤(第一節)
第118章Capítulo他に何をしたいですか?
第118章駐車場での葛藤(第二節)
第119章Capítulo私はあなたを2つ修正します
第119章彼女は再び平手打ちされた
第120章Capítuloの脅威
第120章人前でいちゃいちゃ
第121章Capítulo誘拐される
第121章チュー家の集まり(第一節)
第122章Capítuloなぜあなたはそんなに近いのですか?
第122章チュー家の集まり(第二節)
第123章CapítuloHenryHitsWinner
第123章ドアの外の物音
第124章Capítuloブラッシング
第124章別離の恋しさ(第一節)
第125章Capítulo奥さまは魔女フォロワー
第125章別離の恋しさ(第二節)
第126章Capítulo空の謝罪
第126章私のそばにいて
第127章Capítulo皆さんのおかげで、彼女はまだ死んでいません
第127章彼女かもしれない?
第128章Capítuloあなたはこの男を扱うことはできません
第128章離婚協議書(第一節)
第129章Capítulo私は今あなたを食べることを好む
第129章離婚協議書(第二節)
第130章Capítulo私たちは離婚しています
第130章パーティーでのアクシデント(第一節)
第131章CapítuloロイヤルSPAトリートメント
第131章パーティーでのアクシデント(第二節)
第132章Capítulo飲み物は薬を飲んだ
第132章彼女は俺のものだ(第一節)
第133章Capítuloあなたの香水は最高のにおいがします
第133章彼女は俺のものだ(第二節)
第134章Capítulo父と娘の関係を断ち切る
第134章君を連れて行く(第一節)
第135章Capítuloわざと気分が悪くなる?
第135章君を連れて行く(第二節)
第136章Capítuloあなたは私とイチャイチャしていますか?
第136章予期せぬ客(第一節)
第137章Capítulo私はあなたに自分自身を与えています
第137章予期せぬ客(第二節)
第138章Capítulo結婚生活は素晴らしいではありませんか?
第138章思いがけない負傷
第139章Capítulo結婚中に誰かとデート
第139章軍事結婚破壊罪
第140章Capítulo客室で眠りにつくのが難しい
第140章心配の種(パート1)
第141章QiGroupのCapítuloCEOは彼の甘い妻にだまされました
第141章心配の種(パート2)
第142章Capítuloあなたはふりをする必要がありますか
第142章質問
第143章Capítulo彼女は本当になくなった
第143章離れたくない
第144章Capítulo多分彼女の願いを叶える
第144章親友との買い物
第145章Capítuloイーサンとの関係を再燃させる
第145章甘い時間
第146章Capítulo圧倒的なキス
第146章軍の居住区
第147章Capítulo親密さへの中毒
第147章電話の愛
第148章Capítulo彼は離婚を望んでいない
第148章公園での遭遇
第149章Capítuloもう彼に連絡しないでください
第149章ホテルでの遭遇(パート1)
第150章Capítuloあなたは操作的な雌犬、私はあなたを許しません
第150章ホテルでの遭遇(パート2)
img
  /  13
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY