気が強い人物小説

すべて
連載中
完結
替え玉の花嫁

替え玉の花嫁

恋愛

5.0

  「おばあちゃんの治療費を払うのにお金がどうしても必要なの。お金が手に入ったら、イヴォンヌのかわりにチャールズと結婚するわ」   姉のイヴォンヌが結婚式から逃げ出したとき、オータムは強いられてイヴォンヌのかわりにチャールズと結婚した。彼女の唯一の願いは1年後に離婚することだった。チャールズは金持ちで権力のある男だ。彼の名前は常に無数の女をと一緒に出てきて、しかも気まぐれにガールフレンドを変えている。彼らは誰も、自分たちがお互いを好きになったとは思っていなかった。

彼からのプレゼント

彼からのプレゼント

恋愛

5.0

若く、美しく、しかも金持ちのマンディー。彼女は完璧な人生と完璧な彼氏を持っていた。ところがある晩、彼女の世界はひっくり返ってしまった——彼氏のダニエルが浮気したことに気づいた。彼女はバーに行き、そこで薬を飲まされ、ネイサンに処女を奪われた。それだけでなく、彼女の父親もも警察に逮捕された。 彼女と家族を守ってくれる条件として、彼女は一ヶ月間ネイサンの愛人になることに同意するしかなかった。しかし、意外なことにマンディーは彼に恋をし、彼女になることまで約束してしまったった。ところが、ネイサンを愛する女の子が彼女に嫉妬して、どうにかして二人を引き離そうとした。ネイサンとマンディーは乗り切れるだろ

マイティ·ソルジャー·キング

マイティ·ソルジャー·キング

都市

5.0

元特殊部隊員のピーターの任務は蘭州市の一流会社で警備員として働き、彼の雇い主である美しいベラソンを守ることだった。 軍隊で厳しい生活過ごしてきた彼は、それは簡単極まりない仕事だと思っていた。しかし、彼が全く予想もしてなかったことが起こった。 平和そうな街の真ん中で、ピーターは自分が邪悪なギャングに狙われていたことに気づいた。また、彼は神秘なベラ、尊いアメリア、可愛いイレーヌ、若くて元気なシェリー、優しいリサなど、いくつかの美しい女性の心を同時につかんだ。 誰がこの強い軍人を倒すことができるのだろうか?

殺戮に染まる戦場で戦慄よ響け

殺戮に染まる戦場で戦慄よ響け

ファンタジー

5.0

 無数の弾丸が飛び交い血を血で洗う戦場。そこでは数分前まで会話をしていたはずの仲間がいなくなるのはごく当たり前。  その地獄と化した戦場で訓練兵であるロイは命を落とした━━はずだった。   「さぁ、選びなさい。このまま死ぬか、それとも私に服従して吸血鬼となって共和国に立ち向かうか」  目の前に現れた銀髪の少女━━リアの言葉にロイは決意した。吸血鬼となって闘い抜くことを。  ここから、ロイとリアの反撃が始まる。 魔法×戦争×吸血鬼のハイファンタジー物語

神様曰く、運命なので

神様曰く、運命なので

恋愛

5.0

 愛する人に婚約破棄された。あまりのショックで、「悪役令嬢」であるレイチェルがヒロインになりたいとぶちまけたら、そのかわいい「ヒロイン」が笑いながら言うのだ。 「この世界は、ゲームなんだよ」と。  それから無実の罪で投獄されたレイチェルは、地震があって、死んでしまった。はずだった。  目が覚めただけでも分からないのに、広がっていたのは一年前の景色。  悪役令嬢、レイチェルは、身に起こった出来事を知る為、ヒロイン、ステラのところへ向かった。  レイチェルは、運命である悪役令嬢を脱してヒロインになることが出来るのか? ステラの新の目的とは?  「悪役令嬢」と「ヒロイン」である二人の女の子が

ずっとそばにいる

ずっとそばにいる

恋愛

5.0

20歳のヴィオラは、誕生日パーティーで婚約者にプロポーズした。今後の生活は幸せになるはずだが、全然違うのだ。結婚した後、自分を愛していると思ったその男は、自分の人生を支配する非常に残酷な夫であることが分かった。 学校から追放され、義理の親に屈辱を与えられたヴィオラは、息子と一緒に家出した。新たなスタートを切ると思うが、その男がまた現れた。彼女の人生は再び大混乱になった。

愛を知らない操り人形と、嘘つきな神様。

愛を知らない操り人形と、嘘つきな神様。

その他

5.0

――人生なんてクソだ。神様なんていない。世界は残酷だ。ずっと、そう思っていた。お前に出会うまでは。  闇金から金を借りている父から虐待を受けている井島海里(いじまかいり)は、人生に絶望していた。  ある日、海里は虐待されているところを高校の同級生の阿古羅零次(あこられいじ)に助けられる。  彼は、海里に『自分を大切にしろ』と喝を入れたり、『親から守る』といってくれたりと、やたら親切にしてくれた。人間不信をこじらせていた海里はそんな彼を不信に思っていたが、その一方で、彼の親切心を嬉しくも感じていた。そのため二人は徐々に仲良くなっていき、海里は彼のおかげで、少しだけ生きるのを楽しいと