img img SF img THE END OF THE WORLD ー世界の果てにて…ある少年の物語ー
THE END OF THE WORLD ー世界の果てにて…ある少年の物語ー

THE END OF THE WORLD ー世界の果てにて…ある少年の物語ー

img SF
img 14 章
img 9 クリック
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

2110年。 第三次世界大戦終結後、仮想空間オンラインゲーム「FRONTIER」が世界中の若者たちを中心に大ブームを起こしていた。世は戦後という状況で格差社会を生み、大日本帝国は4つの財閥が経済や政治の権力を握り、国民の生活は戦勝国にもかかわらず苦しいものになっていた。 そんな時代の中に生まれたシーナは、戦中に両親を失い戦争遺児となってしまい施設で育った。 戦争遺児とは時代が落とした負の遺産。 国から様々な恩恵が受けられる遺児は、心無い人々からやっかみや差別の対象となっていた。 そんな過酷な幼少期を過ごした15歳のシーナは2120年、施設の仲間と出かけた電気街でカツアゲされ暴行を加えられてしまう。 鼻血を垂れ流し動けないシーナに手を差し伸べる男ヒデ。 その手を掴んだシーナは仮想空間オンラインゲーム「FRONTIER」へと導かれた。 この「FRONTIER」でプレイしていく中でシーナは絶望的な人生であった自分の運命と向き合う。 大切な仲間ができ、恋をして、シーナは少年から大人へと成長していく。 そして「生きていく」ことを受け入れ仲間たちと大きな目標に向かって走り出す。 それは世界中でクリアされたことのない【虐殺の門】と呼ばれる最終フィールドをコンプリートすること。 これはシーナの目線で進む物語。 多感な年ごろの彼の感情や葛藤を読者と共有していく未来型青春群像劇。 【FRONTIER】 ーフロンティアー プレイヤーは【ステーション】と呼ばれる端末接続場にて【ダイブ(脳神経と端末のシンクロ)】する事によりゲーム内の仮想空間内部にて戦技を競う。 今世紀、不安定な政治状況下の中、世界中で熱狂的ブームをお越している。 近未来、ネットワーク体感ゲーム“FRONTIER”が人々を魅了していた。若者たちは電脳世界の戦いに自らを賭け戦いに明け暮れていた。 ゲームミッションをこなす中で少年はやがてこの世界の謎と直面することとなる。 果たして、現実と虚構の狭間にうごめく“FRONTIER”の恐るべき秘密とは!? そこには現実を越える真実が待っていた。

img レビューを見る