img あなたと幸せになる  /  第6章彼と同じ車の中でCapítulo | 0.49%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第6章彼と同じ車の中でCapítulo

文字数:4346    |    更新日時: 10/04/2021

声を聞いたとき、バケツの冷たい

ると彼が思っていなかったこ

を自発的にあきらめるでしょう。 彼女はその男が彼女のためにそれを

カールファングがやってきた。 彼は通りかかったときにレイチェル

もし彼らが私たちの2人の曽祖父を死からよみがえらせるこ

人が口頭で合意したことに基づいて私の結婚を決定

まで

アン家の

ち去る前に

した。 古い曽祖父がヒラムの言うことを聞いていたら、

直接歩いた。 彼女はできるだけ早く彼の家を出たかった。 彼女は本当

る前に、彼女はファニ

昼食に戻ってきます。 二人は一緒に過ごす一生があり

家に帰って休憩したいだけです。

と向き合いたくなかった。 たぶん、ヒラムは母親の前で彼

彼女が滞在して家族と一緒に昼食をとる理由はあり

彼女を不快にさせるだけでなく、その男との憂鬱な瞬間を思い出させました

は町に戻ることを計画した。 彼女が終わったちょう

が起こったのか教

グを持って逃げようとしているのを見て

した。 彼女はため息をつき、真実を話そうとした。 「お母さん、実際、

あなたが実際に結婚する気がない人であることを知っています。 そして今、あなたは

ェルはもう自分を守らないことに決めました。 「まあ、あなたは正しいです、

んど知らない男と結婚するのは難しいことを知っています。 もしヒラムが質の悪

彼も有能な人であることを示しています。 見た目は、街中で彼ほどハンサムな男性はほとんどいないでしょう。 こ

ていませんでした。 特にこの時代では、若い女の子

らといってこの善人を拒絶

べてを説明しました。 彼女は気にしません。 ヒラムはHシティで半年

いの? あの男はあなたが思うようないい人ではない。 あなたに私を信じさせる

ハンサムな男だったら、彼女は間違いな

彼女は、たとえ彼らが1日だけ結婚したとしても

今.

を彼女に与えないのではないかと恐れていました。 彼女はそ

たが十分に良いとは思っておらず、あなたと結婚する気がない場合でも、良い光を当てて彼に考えを変えさせてみ

ように説得するために全力を尽くしていた。 彼女は考えられるすべてのことを言

意しました、私は最善を尽くします」と言いました。 「彼女は母親を最もよく知ってい

なければなりません。 ヒラムも行きます。

いる今、彼女は非常に満足していました。 「実

ることなく決定を下したことに少し腹を立てた。 しかし、彼女はレイチェルに幸せを

あの男に二度と会いたくない。 どうすれば彼と同じ車に乗

黒いマイバッハが待っていた。 ヒラムとカールは車

に、彼女は母親に従うしかない。 彼女はヒラムのすぐ横に座り

て裏口に引きずり込まれました。 もちろん、それは彼女の思いやりのあ

で。」 ファニーはドアを開け、娘の憤

」と彼女はヒラムに言い、

り、村の外の広くてきれいな道に向かった。 安心した母

した。 もう一度、空は灰色に変

。 レイチェルは振り返って彼を見て、彼が何をしようとし

ム、ここで止

たいと尋ねました。 彼はいとこが何を考えているの

向いた。 彼女は彼が何を意味するのかすぐに理

するように強制しようとしていました。 なんて生意気な

女はこのように雨の中でただ立つことができませんでした。 彼女はヒラムの方

は通っていませんでした。 レイチ

守らない人が私の車に乗ることを決して許さない」と

守るのに失敗

は約束を破った。 あなたには

れは問題で

にいてもかまいません。 一方で、あなたはかなり忙しいようです。 ビッグボスと

ェルは思いました。 彼は彼女を挑発しようとしてい

座っているのに気づきました。 彼は眉をひそめ、冷たく言っ

img

目次

第1章Capítuloの出会い 第2章レイチェルとのCapítuloHiramミーティング 第3章Capítulo祖先の欲望 第4章CapítuloTheRongs'House 第5章Capítuloは完全に一致していません 第6章彼と同じ車の中でCapítulo 第7章Capítuloラッキーアクシデント 第8章Capítulo変装した祝福 第9章Capítulo2つの契約 第10章Capítulo結婚今、離婚後で 第11章Capítuloは妻としての義務を果たします
第12章Capítulo彼がデートをしているのを見る
第13章Capítuloいじりをやめる
第14章Capítulo眠れない夜
第15章Capítuloショッピングモールで裸で走る
第16章Capítuloスイミングプールの危険性
第17章Capítuloハンサムな男
第18章Capítulo私は本当にあなたの妻ではありません
第19章Capítulo彼女の義理の両親に会う
第20章Capítulo優れた義母
第21章Capítulo危険な家族
第22章Capítuloマンディの間違い
第23章Capítulo誘拐事件
第24章Capítuloやりたいことをする
第25章Capítulo成功した救助
第26章Capítulo彼に靴を投げる
第27章Capítuloなぜあなたは私にキスしたのですか
第28章Capítulo彼女の能力
第29章Capítuloハンサムな若い男のように
第30章Capítuloあなたのお母さんはあなたのために何人の妻を見つけましたか
第31章Capítulo署名します
第32章Capítulo養子の娘
第33章Capítulo本能的な反応
第34章CapítuloTearTheClothes
第35章Capítulo私と一緒に赤ちゃんを作りましょう。
第36章Capítulo名誉と彼女を大切にする
第37章Capítulo寝室のドアをロックすることを忘れないでください
第38章Capítulo感染症
第39章Capítulo悪意のある噂
第40章Capítulo説得力のある説明
第41章Capítulo私のいとこの名前は正しい
第42章CapítuloHiramが予期せず現れた
第43章Capítulo真実全体を明らかにする時間
第44章Capítuloはまだ終わっていません
第45章Capítuloショーは彼にとって十分ではありませんでした
第46章Capítulo私は言葉による感謝の気持ちが好きではありません
第47章Capítulo彼はあなたをまったく愛していない
第48章Capítulo4人でのディナー
第49章Capítuloレイチェルに夜明けしたアハモーメント
第50章Capítuloは彼がゼネラルマネージャーです
第51章Capítulo次回は目を開いてください
第52章Capítulo私は目標を達成しました
第53章CapítuloHiramの秘密
第54章Capítulo1億ドルの価格の取引
第55章Capítulo彼女は1億ドルの価値があります
第56章Capítulo金持ちの女性であることの優越感
第57章Capítulo同じ馬に乗る
第58章Capítulo休暇の終わり
第59章Capítuloリディアによって引き起こされたトラブル
第60章Capítulo銀の舌を持つ小柄な女性
第61章CapítuloHiramが腹を立てたらどうなるか
第62章Capítulo義母への訪問
第63章Capítuloそれは私には不公平です
第64章Capítulo義理の息子のために戦う
第65章Capítulo見送りディナー
第66章Capítulo特別なキャンドルライトディナー
第67章Capítuloあなたは初めて私にキスをしました
第68章Capítuloレイチェルは仕事を辞める
第69章CapítuloRongの家の夫のためのスクランブル
第70章Capítuloあなたは私の料理です
第71章Capítulo彼女は待って見る
第72章レイチェルにだまされているCapítulo
第73章CapítuloYouThreeGet Out
第74章Capítulo料理が欲しい
第75章Capítulo3日間の休暇
第76章Capítuloお母さんが入院中
第77章Capítulo彼女はもっと花嫁価格を求めるべきだった
第78章CapítuloHiramのVIPルーム
第79章CapítuloついにHiramのMVを見る
第80章Capítulo病院への訪問
第81章Capítulo離婚協定が消えた
第82章Capítuloルークのアイデア
第83章Capítulo過去がもう一度提起された
第84章CapítuloHiramの女性への人気
第85章CapítuloPatrickYan
第86章Capítulo血まみれの瞬間
第87章Capítulo彼女は離婚した
第88章Capítulo離婚したかどうか、あなたは私のものです
第89章Capítulo3日間
第90章Capítulo女性は感謝していません
第91章Capítulo厄介な呼び出し
第92章CapítuloバーでHiramに遭遇
第93章Capítuloレイチェル、ヒラムはあなたがいなくて寂しい
第94章CapítuloHiramは薬を飲まされました
第95章CapítuloHiramは彼の心の外にありました
第96章Capítuloマイバッハをクラッシュさせてすみません
第97章CapítuloHoney、Let's Talk
第98章Capítuloどうして彼女は神の意志に失敗することができたのか
第99章Capítulo妻に謝罪
第100章Capítulo彼の甘い言葉
img
  /  13
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY