img あなたと幸せになる  /  第4章CapítuloTheRongs'House | 0.33%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第4章CapítuloTheRongs'House

文字数:4426    |    更新日時: 10/04/2021

ョアンナから電話を受けたところだった。 レイチェル

ムがレイチェルと結婚したい限り、レイチェルと結婚するという

めるのを聞いたとき、まだベッドで半分眠っていました。 彼女は漠

いて話していましたか?

っきりと耳を傾けようとした。 ファニーはとても興奮しているように見えたので、ベッドにじっと座っていることはほと

。 私たちはあなたの将来の夫、あなたの婚約者に会いに行く必要があります。 急げ!" ファ

女は恐怖感を隠そうとして、毛布をしっかりと握り、「お母さん、私に別のブラインドデートをしましたか? 今年は誰にも会わないことをお伝えしました

あなたの曽祖父はずっと前にあなたの婚約についてRong家族と協

らとは何の関係も望んでいないと厳しく彼に言った。 彼女の母親からのこの

にそれについて言及したことがなく、その上、私たちがお互いに連絡を失ってから長い時間が経ちました。 彼女にあなたより数歳年上の息子

はこれらの言葉

日息子と一緒にXHビレッジに来ました」と彼女は続けた。 「私たちが話した後、彼女

お母さん

彼女はファニーをじっと見つめ、「お母さん、息子がばかだと

nnaFangは黄金のカップルです。 ギャビンは熟練した男であり、ジョアンナは美しい女性です。

らの家で昼食をとることを約束しました。

戻って、くぼんだ目で

るとは思わない。 真実を教えてください

喉をすっきりさせてつぶやきました。 まだ若いうちに結婚す

した。 彼女は娘に結婚して呪いを解いてほしかった。 ジョアンナ自身は、協定はまだ有効であり、婚約はまだ続いていると言っていたので、

に成功し、彼女が準備をするのを手伝いました。 彼女はレイチェル

ので、持ってきたのはカジュアルな服だけで、ファニーは満足していませんでした。 気まぐれに

ことがなく、今はそれを試してみようとはし

しました。 レイチェルは、母親が昼食にそれを着ること

家に向かった。 家の両側に2本の松の木が立っていました。

られたものの、淡い黄色のシルクは手触りが滑らかでした。 裾と襟ぐ

少し笑ってください。 あなたは泣きそうです。 心

たはとても美しく見えます。 そして、あなたは注目に値する顔をしてい

にチャイナドレスを着た状

チャイナドレスは彼女の魅力を増し、彼女がどこか重要な場所に行ってい

願いだよ。 朝食、昼食、夕食を毎日作ります。 私はあなたのため

説得しようと、涙を

唇をすぼめた。 彼女はレイチェルの手をしっか

ことにようやく気づきました。 それは彼女を動揺させ

を呑むほどで、古い木々、さわやかな緑の草、そして昔ながらの繊細なテーブルと椅

は生計を立てるためだけに貴重な品物をすべて売らなければなりませんでした

的な設備がいくつかありましたが、それを除けば

る!」 ジョアンナは居間から

た目に満足していた。 はい、彼女はハイラムにぴったりです。 彼女は優しく微笑んで言った、「あなたはファニー

に加わります。」 ジョアンナは彼らを居間に導き、座るように頼

頓されていた。 栄家は誰か

をかけることができます。 もうすぐ家族

郷でしたが、家族は長年海外に滞在していました。 ファニーは彼らが戻ってきたことを知った後

息子がいることを知

女はすぐに栄家が並外れたものであることを知りました。 その気づきで彼

して、彼女は自分自身を直立した人とは

今回

に足を踏み入れないとはっきり言ってい

もかからなかった。 彼女

できなかったようです。 彼女の手のひらは汗で覆われていた。 彼女の目は、彼女が会おうとしている男性についての手がかりを求めて

チェルはそこにいるこ

起きようとしているよ

て、足をほとんど感じる

背の高い男が居間

img

目次

第1章Capítuloの出会い 第2章レイチェルとのCapítuloHiramミーティング 第3章Capítulo祖先の欲望 第4章CapítuloTheRongs'House 第5章Capítuloは完全に一致していません 第6章彼と同じ車の中でCapítulo 第7章Capítuloラッキーアクシデント 第8章Capítulo変装した祝福 第9章Capítulo2つの契約 第10章Capítulo結婚今、離婚後で 第11章Capítuloは妻としての義務を果たします
第12章Capítulo彼がデートをしているのを見る
第13章Capítuloいじりをやめる
第14章Capítulo眠れない夜
第15章Capítuloショッピングモールで裸で走る
第16章Capítuloスイミングプールの危険性
第17章Capítuloハンサムな男
第18章Capítulo私は本当にあなたの妻ではありません
第19章Capítulo彼女の義理の両親に会う
第20章Capítulo優れた義母
第21章Capítulo危険な家族
第22章Capítuloマンディの間違い
第23章Capítulo誘拐事件
第24章Capítuloやりたいことをする
第25章Capítulo成功した救助
第26章Capítulo彼に靴を投げる
第27章Capítuloなぜあなたは私にキスしたのですか
第28章Capítulo彼女の能力
第29章Capítuloハンサムな若い男のように
第30章Capítuloあなたのお母さんはあなたのために何人の妻を見つけましたか
第31章Capítulo署名します
第32章Capítulo養子の娘
第33章Capítulo本能的な反応
第34章CapítuloTearTheClothes
第35章Capítulo私と一緒に赤ちゃんを作りましょう。
第36章Capítulo名誉と彼女を大切にする
第37章Capítulo寝室のドアをロックすることを忘れないでください
第38章Capítulo感染症
第39章Capítulo悪意のある噂
第40章Capítulo説得力のある説明
第41章Capítulo私のいとこの名前は正しい
第42章CapítuloHiramが予期せず現れた
第43章Capítulo真実全体を明らかにする時間
第44章Capítuloはまだ終わっていません
第45章Capítuloショーは彼にとって十分ではありませんでした
第46章Capítulo私は言葉による感謝の気持ちが好きではありません
第47章Capítulo彼はあなたをまったく愛していない
第48章Capítulo4人でのディナー
第49章Capítuloレイチェルに夜明けしたアハモーメント
第50章Capítuloは彼がゼネラルマネージャーです
第51章Capítulo次回は目を開いてください
第52章Capítulo私は目標を達成しました
第53章CapítuloHiramの秘密
第54章Capítulo1億ドルの価格の取引
第55章Capítulo彼女は1億ドルの価値があります
第56章Capítulo金持ちの女性であることの優越感
第57章Capítulo同じ馬に乗る
第58章Capítulo休暇の終わり
第59章Capítuloリディアによって引き起こされたトラブル
第60章Capítulo銀の舌を持つ小柄な女性
第61章CapítuloHiramが腹を立てたらどうなるか
第62章Capítulo義母への訪問
第63章Capítuloそれは私には不公平です
第64章Capítulo義理の息子のために戦う
第65章Capítulo見送りディナー
第66章Capítulo特別なキャンドルライトディナー
第67章Capítuloあなたは初めて私にキスをしました
第68章Capítuloレイチェルは仕事を辞める
第69章CapítuloRongの家の夫のためのスクランブル
第70章Capítuloあなたは私の料理です
第71章Capítulo彼女は待って見る
第72章レイチェルにだまされているCapítulo
第73章CapítuloYouThreeGet Out
第74章Capítulo料理が欲しい
第75章Capítulo3日間の休暇
第76章Capítuloお母さんが入院中
第77章Capítulo彼女はもっと花嫁価格を求めるべきだった
第78章CapítuloHiramのVIPルーム
第79章CapítuloついにHiramのMVを見る
第80章Capítulo病院への訪問
第81章Capítulo離婚協定が消えた
第82章Capítuloルークのアイデア
第83章Capítulo過去がもう一度提起された
第84章CapítuloHiramの女性への人気
第85章CapítuloPatrickYan
第86章Capítulo血まみれの瞬間
第87章Capítulo彼女は離婚した
第88章Capítulo離婚したかどうか、あなたは私のものです
第89章Capítulo3日間
第90章Capítulo女性は感謝していません
第91章Capítulo厄介な呼び出し
第92章CapítuloバーでHiramに遭遇
第93章Capítuloレイチェル、ヒラムはあなたがいなくて寂しい
第94章CapítuloHiramは薬を飲まされました
第95章CapítuloHiramは彼の心の外にありました
第96章Capítuloマイバッハをクラッシュさせてすみません
第97章CapítuloHoney、Let's Talk
第98章Capítuloどうして彼女は神の意志に失敗することができたのか
第99章Capítulo妻に謝罪
第100章Capítulo彼の甘い言葉
img
  /  13
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY