img あなたと幸せになる  /  第8章Capítulo変装した祝福 | 0.65%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第8章Capítulo変装した祝福

文字数:4771    |    更新日時: 10/04/2021

単にショーのためだけだったら

。 石が投げられたとき、警備員は手だけ

立っていた。 彼女は簡単に

らはとても傷ついたように見えた。 男はヒラムに石を投げ続

ていました。 彼女はあえて状況を見

まっすぐ飛んだが、それらは彼の広い肩によってブロックされた。 その間

いた彼の助手はす

備員しかいませんでした。 他の従業員は30分後に仕事に来

るともっと危険だと思った。

さい!」 醜くて暴力

彼は猛烈にうめきました。 最後に、近くのより

から拳ほどの大きさの石を取り出した。

しようとしました。 しかし、彼女は

場所を探すために

に、彼女は誤ってバランスを

...

彼女は突然地面に散らばった

レイチェルは血が滴り落ちるとめまいを感じ始

、彼女を彼の腕の中に引き込みました。 レイチ

る前に彼女が最後に

女がヒラムの腕に落ちたとき、彼のシャツは意図せずに彼女の

、彼女は彼の腕の中

ました。 周りの人たち

気絶した女性!

と立っていて逃げることができませんでした。 それ

まし、病院にいるこ

感じさせた。 彼女は眉をひそめざるを得なか

これはとて

ろに隠れるべきだった。 なぜ逃げたの?」 レイチ

を向け、ヒラムが隣

。 彼女はヒラムが石をかわすために動くだろうと思

す場所を見つけなけれ

たことはすべて

彼女の頭

私に残すために、あなたは私を保護することにとても

可能性があります。 傷跡が残ります。」 レイチェルが頭

った?」 、レイチェル

今言ったことを繰り返す必要は

、これまで関係を持ったことはありません。 私の顔がこんな感じなら、誰も私と結婚したくない」

はレイチェルを無視した。 彼は眉をひそめ、激し

。 彼女は電話のカメラを開けて傷をチェックした。 「私が意図的にやったと

ることができませんでした。 しかし、彼女

したいと思っていたので、レイチェルが彼に駆け寄っ

取った。 それから彼はドアをちらっ

配は彼女の優しくて優しい顔に現れた。 レイチェルが起きているのを見て、レイチ

ナが最初に彼女を訪ねる

ナおばさん。 なぜこ

わなければなりません。 お母さんにも知らせました。 彼女は今日の午後こ

ラムを見ました。 彼女は手を取り戻したか

ルを守らなかったのですか? 見た目は女性にとって最

ちらっと見ながら

彼はジョアンナが言ったこ

いて言った、「でも心配しないで。

言葉を聞いた後、さらに恥

ます。 私は今すぐに行く必要がある。" ヒラ

いることを知っていました。 公平を期すために、ジョア

をたたき続け、「あなたのお母さんと私はあなたの結婚式の日付を決めました。 しか

ついて話し、あなたの結婚式の別の日付を選ぶことができます。 た

この提案をしたとき、私は躊躇しました。 急ぐことは何もないと思いました。 今、ヒラム、レイチェルはその危険な状況の間にあなたを保護

葉を聞きながら咳をし

したという彼女の行為の後、ジョアンナによ

。 彼は何も言わずに、まだベッドに横た

! 頭

じているふりをした。 「ジョアンナおばさん、私は今重傷を負っています。 結

る。 あなたのお母さんがここに到着したら、私たちはそれについて話すことができます。 最終的に合意が得られれば、すべてがうま

ました。 彼は会議を開くために会社に行くところだった。 彼はそのよ

、彼は心配してレ

め息をついた。 けがをしても

、彼女に悪いことは何もしな

到着し、レイチェ

さて、どうしてそんなに勇敢に彼をそれらの石から守ることができるでしょうか

た。 レイチェルは彼女の唯一の娘でした。 レイチェル

「お母さん、大丈夫です。 軽傷です。

あなたの結婚登録についてジョアンナと話したとき、彼女は躊躇しました。 しかし今、彼女は私を

あなたの面倒を見てくれるので安心です。 ヒラムと仲良く

れがすべて起こったので、人々がレイチェルが

持ってレイチェルを去

避けるために軽く頭

て持つことが祝福なのか呪

着しま

にしたが、それでも爆笑した。 彼女は両手で頭を支えた。 彼女

かが病棟のドア

img

目次

第1章Capítuloの出会い 第2章レイチェルとのCapítuloHiramミーティング 第3章Capítulo祖先の欲望 第4章CapítuloTheRongs'House 第5章Capítuloは完全に一致していません 第6章彼と同じ車の中でCapítulo 第7章Capítuloラッキーアクシデント 第8章Capítulo変装した祝福 第9章Capítulo2つの契約 第10章Capítulo結婚今、離婚後で 第11章Capítuloは妻としての義務を果たします
第12章Capítulo彼がデートをしているのを見る
第13章Capítuloいじりをやめる
第14章Capítulo眠れない夜
第15章Capítuloショッピングモールで裸で走る
第16章Capítuloスイミングプールの危険性
第17章Capítuloハンサムな男
第18章Capítulo私は本当にあなたの妻ではありません
第19章Capítulo彼女の義理の両親に会う
第20章Capítulo優れた義母
第21章Capítulo危険な家族
第22章Capítuloマンディの間違い
第23章Capítulo誘拐事件
第24章Capítuloやりたいことをする
第25章Capítulo成功した救助
第26章Capítulo彼に靴を投げる
第27章Capítuloなぜあなたは私にキスしたのですか
第28章Capítulo彼女の能力
第29章Capítuloハンサムな若い男のように
第30章Capítuloあなたのお母さんはあなたのために何人の妻を見つけましたか
第31章Capítulo署名します
第32章Capítulo養子の娘
第33章Capítulo本能的な反応
第34章CapítuloTearTheClothes
第35章Capítulo私と一緒に赤ちゃんを作りましょう。
第36章Capítulo名誉と彼女を大切にする
第37章Capítulo寝室のドアをロックすることを忘れないでください
第38章Capítulo感染症
第39章Capítulo悪意のある噂
第40章Capítulo説得力のある説明
第41章Capítulo私のいとこの名前は正しい
第42章CapítuloHiramが予期せず現れた
第43章Capítulo真実全体を明らかにする時間
第44章Capítuloはまだ終わっていません
第45章Capítuloショーは彼にとって十分ではありませんでした
第46章Capítulo私は言葉による感謝の気持ちが好きではありません
第47章Capítulo彼はあなたをまったく愛していない
第48章Capítulo4人でのディナー
第49章Capítuloレイチェルに夜明けしたアハモーメント
第50章Capítuloは彼がゼネラルマネージャーです
第51章Capítulo次回は目を開いてください
第52章Capítulo私は目標を達成しました
第53章CapítuloHiramの秘密
第54章Capítulo1億ドルの価格の取引
第55章Capítulo彼女は1億ドルの価値があります
第56章Capítulo金持ちの女性であることの優越感
第57章Capítulo同じ馬に乗る
第58章Capítulo休暇の終わり
第59章Capítuloリディアによって引き起こされたトラブル
第60章Capítulo銀の舌を持つ小柄な女性
第61章CapítuloHiramが腹を立てたらどうなるか
第62章Capítulo義母への訪問
第63章Capítuloそれは私には不公平です
第64章Capítulo義理の息子のために戦う
第65章Capítulo見送りディナー
第66章Capítulo特別なキャンドルライトディナー
第67章Capítuloあなたは初めて私にキスをしました
第68章Capítuloレイチェルは仕事を辞める
第69章CapítuloRongの家の夫のためのスクランブル
第70章Capítuloあなたは私の料理です
第71章Capítulo彼女は待って見る
第72章レイチェルにだまされているCapítulo
第73章CapítuloYouThreeGet Out
第74章Capítulo料理が欲しい
第75章Capítulo3日間の休暇
第76章Capítuloお母さんが入院中
第77章Capítulo彼女はもっと花嫁価格を求めるべきだった
第78章CapítuloHiramのVIPルーム
第79章CapítuloついにHiramのMVを見る
第80章Capítulo病院への訪問
第81章Capítulo離婚協定が消えた
第82章Capítuloルークのアイデア
第83章Capítulo過去がもう一度提起された
第84章CapítuloHiramの女性への人気
第85章CapítuloPatrickYan
第86章Capítulo血まみれの瞬間
第87章Capítulo彼女は離婚した
第88章Capítulo離婚したかどうか、あなたは私のものです
第89章Capítulo3日間
第90章Capítulo女性は感謝していません
第91章Capítulo厄介な呼び出し
第92章CapítuloバーでHiramに遭遇
第93章Capítuloレイチェル、ヒラムはあなたがいなくて寂しい
第94章CapítuloHiramは薬を飲まされました
第95章CapítuloHiramは彼の心の外にありました
第96章Capítuloマイバッハをクラッシュさせてすみません
第97章CapítuloHoney、Let's Talk
第98章Capítuloどうして彼女は神の意志に失敗することができたのか
第99章Capítulo妻に謝罪
第100章Capítulo彼の甘い言葉
img
  /  13
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY