犯罪小説

すべて
連載中
完結
CEOの彼の罠に落ちた

CEOの彼の罠に落ちた

御曹司

5.0

  ある夜、彼女は元彼にが麻酔をかけられ、ある謎の男に利用された。二人は淫乱で恍惚の一夜を過ごした。   復讐をするため、彼女はその男と結婚し、彼を利用した。   「私が生きている限り、彼の妻はこの私だ。あんたらは泥棒猫にすぎないわ」   彼が他の女性とのスキャンダルに巻き込まれたときでさえ、彼女の決心は揺らなかった。   結局、また彼に裏切られたと知ったとき、彼女は怒って立ち去った。ところが数年後、彼女がまた彼のもとに戻った。彼は驚いた。彼女から欲しいものを全て手に入れた彼が、何故まだ彼女を苦しめようとしているのか、彼女には理解できなかった。

ハニー、俺の隣に戻っておいで

ハニー、俺の隣に戻っておいで

恋愛

5.0

二年前、ニーナは全く見しらぬの男性と結婚した。その結婚は条件付きの契約にすぎなかった。彼女がほかの男と寝てはいけないという条件がそのひとつだった。 ところがある晩、ニーナが間違ったドアをノックしてしまい、見知らぬ人に処女を奪われてしまった。 支払わなければならない慰謝料が彼女に重くのしかかっていたため、彼女は自分で離婚協議書を作成することにした。 協議書を渡すため夫に会いにいった。しかし自分の「夫」は他人ではなく、あの夜の男であることを知った彼女はショックを受けた!

元妻にトリコされる

元妻にトリコされる

都市

5.0

4年間の結婚生活でジェイコブから少しでも愛をもらえると思っていたサラ。しかし、ジェイコブと離婚してから、自分の婚姻生活は初恋の時とは比べ物にならないとわかった。 これで終わりだと、サラは思った。しかしジェイコブが彼女と一緒にいたくないだけでなく、彼女を離さないことを思ってもいなかった。 元夫はサラに近づき、狡猾そうな笑みを浮かべながら、彼女を抱き寄せた。 「もう一度結婚しよう、ハニー。以前のように戻ろうよ。」

彼からのプレゼント

彼からのプレゼント

恋愛

5.0

若く、美しく、しかも金持ちのマンディー。彼女は完璧な人生と完璧な彼氏を持っていた。ところがある晩、彼女の世界はひっくり返ってしまった——彼氏のダニエルが浮気したことに気づいた。彼女はバーに行き、そこで薬を飲まされ、ネイサンに処女を奪われた。それだけでなく、彼女の父親もも警察に逮捕された。 彼女と家族を守ってくれる条件として、彼女は一ヶ月間ネイサンの愛人になることに同意するしかなかった。しかし、意外なことにマンディーは彼に恋をし、彼女になることまで約束してしまったった。ところが、ネイサンを愛する女の子が彼女に嫉妬して、どうにかして二人を引き離そうとした。ネイサンとマンディーは乗り切れるだろ

Elder Last Emblem

Elder Last Emblem

ファンタジー

5.0

様々な時代を巡るラストの秘宝。 その秘宝に選ばれし者達は時代を良くも悪くも変え、導く存在として尊ばれていた。 そんなラスト達の冒険を一纏めにした書籍のシリーズをラストの一人が残した。 『エルダー・ラスト・エンブレム』 その内の1つ『ラスト・リゾート』に選ばれた【勇者パーティーの盗賊】の物語。 原作はこちら https://estar.jp/novels/24936500

レーシング女王―再生と復讐

レーシング女王―再生と復讐

恋愛

5.0

春の朝、ウェンディは目を開いた。 別の世界だと思いながら見慣れた世界だったということに気づいた。が、不思議なことに、彼女は子供になった! 神秘主義の影響によって、彼女の人生は再び始まった。 しかし、運命は決められた。 彼女は再びレーシング女王になった。 今回、彼女が最初にしたことは、自分の命を危険にさらした人を見つけることと、母親を危険から守ることだった。

悪魔CEOの横暴の愛に落ちた

悪魔CEOの横暴の愛に落ちた

御曹司

5.0

彼らの運命を結びつけていたのは、残酷な復讐だけだった。 フローラはエドワードの愛を得るために、彼の最愛の女性を殺した。 怒りのあまり彼女は理性を失い、腹違いの姉であるエミリーも含めて家族全員を犠牲にした。 彼女も彼の敵であるはずだったが、彼女に惹かずにはいられなかった。 彼女と付き合うのはただ恋人のための復讐だと彼は自分に言い聞かせた。 しかし彼女を失って初めて、自分がどれほど彼女を愛しているかに気づいた。 しかし、再びに現れたとき彼女はすっかり変わった。彼がもっと惹かれた。

運命の復讐

運命の復讐

恋愛

5.0

愛する夫が彼女の妹と浮気をして、彼らに裏切ったリリーは彼の裏切りほどひどいものはないと思っていたけれど、その後、彼らの結婚は最初からただの陰謀に過ぎないことに気づいた。 夫との衝突で、リリーは階段から転んでいた。彼女は血だまりの中に横たわり、意識を失っていった。 死が近づくにつれて、リリーは自分を裏切ったすべての人々への恨みと怒りに満ちていった。 運命的に彼女は生まれ変わり、自分の中学時代に戻った。 前世から悪夢を見ていた場所だが、今度は逆転する。 少しずつ借りを返し、恨みを晴らしたいと彼女は決めた。

ドミネーター

ドミネーター

SF

5.0

この世界は機械に支配されている。 生活や労働は殆ど全てを機械が担い、ヒューマンバグが殆ど起こらない様になっていた。 そんな中で人間に与えられていた仕事はサブカルチャーのみだった。 不要だと切り捨てられるような事が自分達が食いつなぐためのものとなり、業界はさらなる躍進を果たす。 一方の機械は進歩を重ねており、人工知能を持つアンドロイド達がやがて政界にも進出していく事となった。 政界においての第一の政策は合理性を重視したものだった。 アンドロイド達にはプログラムされた思考はあれど、進歩された思考はあれど、心に至らない。 アンドロイドの総理大臣は合理的思考のもとで人間の個体厳選を行うと大々的に公表

原创日语push频控2

原创日语push频控2

その他

5.0

简介