img img SF img ドミネーター
ドミネーター

ドミネーター

img SF
img 1 章
img 5 クリック
作者 E'zSHOW
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

この世界は機械に支配されている。 生活や労働は殆ど全てを機械が担い、ヒューマンバグが殆ど起こらない様になっていた。 そんな中で人間に与えられていた仕事はサブカルチャーのみだった。 不要だと切り捨てられるような事が自分達が食いつなぐためのものとなり、業界はさらなる躍進を果たす。 一方の機械は進歩を重ねており、人工知能を持つアンドロイド達がやがて政界にも進出していく事となった。 政界においての第一の政策は合理性を重視したものだった。 アンドロイド達にはプログラムされた思考はあれど、進歩された思考はあれど、心に至らない。 アンドロイドの総理大臣は合理的思考のもとで人間の個体厳選を行うと大々的に公表したのだった。

img レビューを見る