img img ファンタジー img ブラッディ・ソムリエ
ブラッディ・ソムリエ

ブラッディ・ソムリエ

img ファンタジー
img 136 章
img 52 クリック
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

2020年代の日本では「ソムリエ」と言う吸血モンスターによる凶悪事件に悩まされていた。今作の主人公、青山颯斗は血液を飲用することで持ち主の能力を使いこなす「吸収型脳力」を使いソムリエ討伐を行っていた。 だが彼は幼い頃に妹と施設に預けられて過ごしていたがそこでは過酷な人体実験や訓練が行われており妹も実験によってソムリエへと変貌を遂げてしまい、一人で施設を脱出した過去がある。 普段はお調子者の颯斗だったがある事情で身を潜めながらソムリエや妹の情報を探る学生生活を送らなければいけなかった。 全国の孤児や少年犯罪者、不登校者など社会的地位が低い人間を集めて生物兵器の人体実験を行う「ゲノム研究所」で育った「施設の子」がソムリエを操り国家転覆のテロを起こしているとされる「吸血の子」とされていて警察も全力で足取りを追っていた。 普段、出席していても欠席扱いにまでなるくらいに影が薄い陰キャを演じていた颯斗の前に不良グループにいじめを受けて助けを求める少年と出会い、渋々脳神経を集中させることで血液を武器として使うことで強力な力を発揮する「脳力」の一つ雷の力をバレないように使い不良を倒すが、数か月前に転校してきた2年の女子生徒で不良の彼女でもある「水島紗菜」に「施設の子」ではと言う疑念を抱かれてしまう。 だが紗菜の評判が悪く周りの生徒からは先生との援助交際や複数の交際疑惑などが絶えなかった。そんなある日、颯斗の中学校でソムリエによる連続吸血殺人事件が発生してしまい、颯斗は渋々事件解決を行うと紗菜の疑念が確信となり脳力がバレてしまった。 脅された颯斗は渋々、紗菜と共に行動する脳力者が経営するネットカフェに来て協力することを約束される。 だが表向きは普通のネットカフェだったがそこに集まる脳力者は元ゲノム研究所から逃げ延びた者でソムリエ討伐を商売として行う探偵社だ。 世間ではますます凶悪化するソムリエの事件によって施設の子に対する目が厳しくなる中、東京の中心で「施設の子」と名乗る人物が都知事を人質に取ったテロ事件を起こすこととなり颯斗たちは、事件解決と施設に関する手がかりを掴むため現場へ向かうがこの時、颯斗たちは既にある人物の手の上で踊らされているとは思いもよらなかった……

img レビューを見る