img img 恋愛 img 俺本当に邪神の猟犬じゃないから!
俺本当に邪神の猟犬じゃないから!

俺本当に邪神の猟犬じゃないから!

img 恋愛
img 56 章
作者 Heike
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

異世界に飛ばされて、本屋の経営で生計を立てている林介はその優しさと親切さから、いつもやけくそになった顧客たちに心を癒す本を勧めたり、時には自分の拙作を宣伝したりしていた。 そして彼から癒しをもらった顧客たちは彼に対する感謝と敬意から、毎日簡単なお土産を持ってきてくれたり、おすすめの本を教えてもらいにきたり、周りの人にもこの本屋さんのことを話してくれたりするようになった。 敬称と愛称として、人々は彼をこう呼んでいたーー 「邪神の猟犬」、「血肉福音書の伝道者」、「屍食教典儀の書き手」、「群星の羊飼い」。 「なんじゃこりゃ???」

img レビューを見る