img 甘やかされた女  /  第3章言われて当然 | 0.23%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第3章言われて当然

文字数:3564    |    更新日時: 09/02/2021

をかけたのは、ヤコブがエミリーとの関係を次のステップへと進め

ドアヴィラとは郊外の邸宅街の名称で、その中にジャックの

離した。 「Uターンだ!タイロンマンション

なかった。 なぜなら、後部座席がどういう状況にあるのか、勘のよいサムに

のはず。 どうしてヤコ ブ様が…

サムは意図して後部座席の音を聞かぬよう、後

くりとタイロンマンションの

屋まで連れて行った。 部屋に着くとヤコブはエミリーを優しく抱きしめた。そして、リー

眠気に襲われた。 しかし、エミリーによって本能が呼び覚まされてしまってい

た一夜が

から目を覚ました。 身体を起こしてみると、まる

った。 大きなベッドに横になると、天井に施されている精巧なデザインの彫刻をぼんやりと見つめた。すると、断片的だった昨夜の記

女の頭が一気

たんじゃない?男…男…。 って、相手の男性は

はショ

なかったが、エミリーはいつも彼をジャックの本当の叔父と思い尊敬して

へ行って泥酔さえしていなければ、道端でヤコブに会うこともな

言わずに何と言え

エミリーのいる部屋のドアがノックされた。エ

? どんな顔をしてヤ

?」エミリーが頭をフル回転させてい

屋に入ってくるのがヤコブではないこと

エミリーの身体を覆っていたシーツがはらりと滑り落ち、全身真っ

は、エミリーの顔ではなく、全身につけられたキスマークに注がれた。 「新しいお召し物をお

退出願いたかったエミリーは、床に脱ぎ散らかしてしまった洋服をチラリと

いたあと 「ヤコブさんは…ど

であるエミリーを前に、メイドの心中は穏やかではなかった。 メイドは嫉妬心から、主人であ

女性と話すことをやめた。 メイドがゆっくり一礼して部屋を出ると、エミリーは急いで

るように、ヤコブを乗せた車が

しかし、あそこにはエミリーが

っ張った。 その白いシーツには見てしっかりとわかるほどの赤い滴の跡がついて

視線を移すとまた別

を置くことができたはずだった。 しかし、そう

砕かれたのだから。 加えて、エミリーの淑やかさは、長い間眠っていたヤコブの体内で沸々としていた

リーが、ヤコブからど

入れ、仕事へは行かなかった。 彼女は自分のアパートに帰り

が停まっていることに気がついたとき、エミリーに

価そうなピンヒールを履いた脚を揃え、優

ズを抱き寄せ、公衆の面前でローズに熱い情熱的なキスをし

よ~。」 ローズはしなを作りながらジャックにそう

に腕ををまわし、浮ついた笑顔で「ねだったのは君

かがう人々を軽蔑する眼差しでチラリと見ただけで、振

た。 しかし残念ながら、エミリーはジャックの想像通りのリアクションはせず、何事もなかったか

先に帰

ら腕を話して突き放すと、さっさと

る後悔など感じていなかった。 その社会的地位を考える

ったとすればそれ

も何も変わらない。 結婚、法律上の妻という地位。それは、ジャッ

だと本気で思っていた。 もしエミリーがジャックの浮気に耐えられない妻だったなら

が勤めるホーガン

ながら仕事に集中することにしたが、早速、

ーを捨てたの? 見てみなよ、エミリ

あなたとジャッ

氏ともあろう人のそばにエミリーみたいな辛気臭い女がいるんだ

させた。 「やめてちょうだい。エミリーと私は親友なのよ。私、彼女をこれ以上傷つけたく

な眼差しで見ていた。「終わったようね。これ以上、私につい

エミリー。」 ローズは下唇を噛んだ。エミリ

がローズにとやかくいう権利なんて何もないわ。 ローズ、この人に優しくしてあげる必要なんて

img

目次

第1章針小棒大に考えるな!? 第2章怖いもの知らず 第3章言われて当然 第4章首元のキスマーク 第5章闇が襲う 第6章先に私を誘惑したのは君だよ 第7章なんて馬鹿げた考え 第8章よくも彼女に触れたな 第9章セックスフレンドをかくまっているんだろう 第10章なぜまだここにいるの?
第11章まだ君には学ぶべきことがあるようだ
第12章ゴミ以外の何ものでもない
第13章エミリー、出ていけ!
第14章愚かなる人
第15章おめでとう
第16章あなたはクビです
第17章片手だけでは拍手はできない
第18章彼は彼女を許すつもりはない
第19章決して裏切らない
第20章あなたと遊んでいる暇はないの
第21章約束を反故にするおつもりですか?
第22章虎の威を借る狐
第23章さっきのキス10万元だ
第24章あなたが倒産するまでキスするわ!
第25章恥ずかしくないの?
第26章真実が明らかに
第27章謝罪
第28章私は食べ物には好き嫌いがない
第29章どうして言うことを聞かないんだ?
第30章おとなしくして食事をきちんととって
第31章私にキスして
第32章白昼夢
第33章初心だけどすごくかわいい
第34章本気で言っているの?
第35章唐辛子スプレー
第36章どんな違いがあるの?
第37章善は急げ
第38章禁断の恋愛みたいじゃない?
第39章お願い、行かないで
第40章私とキスしたい?
第41章あなた次第
第42章俺じゃない
第43章キスをして
第44章私は必要ないって?
第45章俺に連絡を取るのはやめてくれ
第46章彼らに騙された
第47章企みとは何だったのか
第48章彼女の情け深い心
第49章自然災害
第50章彼はいったい何者か
第51章もし私たちが死ぬのなら、一緒に死ぬんだ
第52章嘘ばかり
第53章俺を遠ざけようとしているのか?
第54章痛みで死んだらどうなの?
第55章約束するわ
第56章エミリーはどうなった?
第57章助けてくれた人間を簡単に見捨てる能力
第58章俺も寝たきりだった
第59章抱きしめさせて
第60章おいしかった?
第61章美しいもののために死ぬのが本望なんだ
第62章エミリーさんも宴に参加するようです
第63章同じドレス
第64章私の無礼を責めないでちょうだいね
第65章君は下品なままだね
第66章脚を折るからね
第67章お互いだましあって
第68章結婚?
第69章ひざまずいて謝罪
第70章それか今すぐ出て行け
第71章あなたに失望した
第72章病気になったヤコブ
第73章誰が私に触れて良いと言った?
第74章おめでとう、あなたの勝ちよ
第75章ジャック、私たちは終わりよ
第76章このお兄ちゃんと遊ぶといいよ
第77章あとくされなくわかれる
第78章愛人は誰?
第79章慰謝料として1000万円払うか
第80章会いたくない人に限ってよく顔を合わす
第81章妊娠しているの?
第82章君は中絶するべきだ
第83章その子の父親は私でなければいけない
第84章思い切って私をふってみる?
第85章君はわざとだよな?
第86章とっても可愛らしい
第87章彼女のことはエミリー様と呼びなさい
第88章馬鹿とは話をしたくない
第89章私の女の周囲を嗅ぎまわるとはな…
第90章私を怖がらせようとしているのか?
第91章私たちの子供には君みたいに鈍くなってもらいたくないからね
第92章私の施しだわ、分かる?
第93章もうあなたのことは愛していないわ
第94章赤ちゃんが本当に動いている!
第95章私がふさわしいというなら、ふさわしいんだ
第96章画鋲
第97章ヤコブになんかもったいないんだ
第98章頭がおかしくなった
第99章胎児教育
第100章妊娠していないの?
img
  /  13
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY