img img 恋愛 img 黄泉のヴィーナス
黄泉のヴィーナス

黄泉のヴィーナス

img 恋愛
img 4 章
img 27 クリック
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

 私、タマラは父親の手によって埋葬されました。  死して尚も、私の心はあの方のもの。恋する気持ちを抱いたまま、私の魂はツンドラの永久凍土の深い土の中で、肉体のともに留まっていました。やがて春の訪れとともにあの方が私を探しにやってきました。 「タマラ、私が迎えにきたのだから、どうか隠れていないで出ておいで」  探しにきたあの方は、地位のおありになる公爵様。公爵様は私(わたくし)に向かって呼びかけます。私は公爵様が愛してくださった、以前のような美しいタマラではなくなってしまいました。凍った土の中で、すっかり変わり果てた屍なのです。愛を失うことに恐れを抱いた私は、あの方の前に現れるのをあきらめます。  官能的ゴシックファンタジー 登場人物 タマラ(私=わたくし)この物語の主人公 公爵様(あの方) 町に現れた謎の紳士。タマラを自分のものにしようと近づく タマらの父 バル(酒場)を経営している 二コライ 粗野な猟師はタマラの幼馴染は、自分はタマラのいいなづけだと自称している 町長 町一番の実力者 町長夫人 欲の深い性格で公爵に娘を嫁がせようとする イザベラ 町長の娘は公爵夫人になりたがる 神父 教会にこようとしない公爵を異端だと怪しむ

img レビューを見る