img 私の吐息を奪って  /  第2章つかみどころのないチャールズ | 0.14%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第2章つかみどころのないチャールズ

文字数:4019    |    更新日時: 02/04/2021

ビーはすぐに身を引き廊下から逃げ

高だったわ!」 彼女は誇らしげに言って、デビーの背中を叩いた

ったままだったが、501号室の中に少女の姿が消えていくのを見た。 ボディガードに

く」と電話を切った。 通話終了のボタンを押し、チャールズは501号室をチラッと見た。 怒りを

いように祈った方がいい。 次俺を挑発したら逃げられ

を感じていた。 彼女の人生の中で最も馬鹿げたことだった。 心臓がドキドキして、彼女の頭の中は色

をしたこと

私はすでに離婚届け

ても大丈夫よ。 法的に、2年以上別居している夫

ら法的には、もう彼の妻ではないのよ。 そ

だのキスだ

周りの存在

の!」と叫んだ。 クラスメート

ワインを飲もうとしていたクリスティーナ・リンは、

まともに考えられないデビ

手は、女性なら誰もが夢見る男性だ。 若くてハンサムで、金持ちで権力者で、その上

ーはシャンパンのグラスを手

がらその名前を叫んだ。 その名前だけで全てのことがわ

。 デビーは、クラスメートの顔にシャンパンがかかったことに気づかず、激しく咳き

おてんば娘、お前はもう終わったな」と言った。 ジャレッドはY市にある金

「デビー、あなたはあのチャールズ・フオにキスをしたのよ。 あのチャールズ・フオ

らなかった。デビーはティッシュを手に取り、ケイシーの顔を

ナはデビーにキスをし

私の名前を呼んだ?」 とデビーは聞いた。 彼女はある考えに身震いした。 「最悪よ!

ような声で答えた。 「それだけで興奮しているの? ええ、チャールズ・フオとのキス

イシーは思った。 デビーは、謝罪と同時にケイシーの腕を慰めるように撫で、「あな

主役は慌てて出ていった。 誰もが呆

狙っている女性が大勢いることを知っている。 そして、このような女性を追い払うために、チャールズは彼の部下に彼女らの服を脱がして路上に放り出

の計画を阻止しようと

ーはどこにも

クシーを呼び、運転手に滞在先

うに。 そうでなければ、離婚を頼んだことを後悔し

たれて、デビーは起き

ルズはフィリップに彼女の食事や衣類、

婚した男を一度も見

、海外での仕事に

彼とデビーはまるで月と鼈で、同じくY市にいたって会う機会は滅多にな

間、ずっと持っていた。 しかし、死ぬ直前、デビ

の顔を知ったのは、

がある。 しかし、毎回、彼女を出迎えたのはチャールズの助手で、夫の姿を見る機会は一切なかった。 最後に会社に行った時、デビーは名を名乗らなかったので、警備員

それに、チャールズの名前を知っているとしても、インターネット上で彼の写真を見つけることが不可能だ。

の写真では、チャールズが女優の手を握っていたそうだ。 し

き、彼女は夫

彼が離婚届にサインしていれば、厳密

どいることで知られているが、率先して

。 なんて事を! 私は終わりだわ。 彼は私

が点いていないことに気付き

えなかったから、私の身分に気づかなかったのかもし

て顧みていた。 「彼は私だと気づいたなら、間違いなく私を嫌うだろう。 でも、多分、それ

済経営学部ファイナンス

が在籍していた。 40人は大学入

ルズもこの学校を卒業していた。 そのため、この大学に入学

いた。 彼は眼鏡を鼻に押し上げて深呼吸をし

に本を投げたのだ。 その音で多くの学

白のコートを着た少女は

だ。 白髪混じりの髪で年をとったに見えるが、声は相変

騒音も沈黙も何も関係なかった。 まだ

img
目次
第1章結婚生活に終止符を打つ 第2章つかみどころのないチャールズ 第3章頭の固い教授 第4章オルガ・ミ 第5章グランド・プラン 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1) 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)
第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)
第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)
第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)
第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)
第16章3つの選択肢 (パート1)
第17章3つの選択肢 (パート2)
第18章3つの選択肢 (パート3)
第19章授賞式 (パート1)
第20章授賞式 (パート2)
第21章授賞式 (パート3)
第22章授賞式 (パート4)
第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)
第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)
第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)
第26章全世界が知っている (パート1)
第27章全世界が知っている (パート2)
第28章全世界が知っている (パート3)
第29章全世界が知っている (パート4)
第30章愛想のいい校長 (パート1)
第31章愛想のいい校長 (パート2)
第32章愛想のいい校長 (パート3)
第33章君は女の子のようだ (パート1)
第34章君は女の子のようだ (パート2)
第35章君は女の子のようだ (パート3)
第36章純粋なふりをして (パート1)
第37章純粋なふりをして (パート2)
第38章純粋なふりをして (パート3)
第39章ワイン (パート1)
第40章ワイン (パート2)
第41章ワイン (パート3)
第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)
第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)
第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)
第45章ひざまづいて (パート1)
第46章ひざまづいて (パート2)
第47章ひざまづいて (パート3)
第48章ニューヨークへ (パート1)
第49章ニューヨークへ (パート2)
第50章彼女は決闘をするのか (パート1)
第51章彼女は決闘をするのか (パート2)
第52章彼女は決闘をするのか (パート3)
第53章彼女は決闘をするのか (パート4)
第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)
第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)
第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)
第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)
第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)
第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)
第60章引っ越し (パート1)
第61章引っ越し (パート2)
第62章引っ越し (パート3)
第63章車で大学へ (パート1)
第64章車で大学へ (パート2)
第65章車で大学へ (パート3)
第66章車で大学へ (パート4)
第67章本物の少年ではない (パート1)
第68章本物の少年ではない (パート2)
第69章本物の少年ではない (パート3)
第70章兄弟 (パート1)
第71章兄弟 (パート2)
第72章兄弟 (パート3)
第73章兄弟 (パート4)
第74章ZLグループ本社 (パート1)
第75章ZLグループ本社 (パート2)
第76章ZLグループ本社 (パート3)
第77章ZLグループ本社 (パート4)
第78章謝罪の食事 (パート1)
第79章謝罪の食事 (パート2)
第80章謝罪の食事 (パート3)
第81章謝罪の食事 (パート4)
第82章燃えてしまった (パート1)
第83章燃えてしまった (パート2)
第84章燃えてしまった (パート3)
第85章今の状況 (パート1)
第86章今の状況 (パート2)
第87章今の状況 (パート3)
第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)
第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)
第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)
第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1)
第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2)
第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3)
第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4)
第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)
第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)
第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)
第98章バトル (パート1)
第99章バトル (パート2)
第100章バトル (パート3)
img
  /  15
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY