img 私の吐息を奪って  /  第5章グランド・プラン | 0.31%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第5章グランド・プラン

文字数:4699    |    更新日時: 02/04/2021

ールズはようやく彼女を思い出し、目を細め

っきチャールズがオルガのために服を選んだというより、最初に見たものをただ指差しただけと言った方が正確だろう。 彼女が

レスの良さが十分に発揮されていないことを認めざるを得なかった。 唇をわずか

がチャールズがオルガをかばうだろうと彼を見たが、

オルガは、じ

ガは何か言い返すと思って、唇を開いたが、チャー

をひそめた。どこかで見たことがある顔だと考えた。 突然、彼は閃いた。 すると、彼はチャールズに近づき

ットに向かって叫んだ。 「今日も買い

、エメットはデビーに腕

デビーはエメットの腕を掴んだままで思った。 デビーとチャールズの仲を深めるために、父は何回もデ

唇を噛んだ。 だって、万が一知られたら、この前のキスも、今日がここに会ったのも

ビーを奥様と呼びかけるつ

.」「ねえ! ねえ!」 デビーは軽くエメットの胸にたたき、すぐに話題を変えた。 「そんな堅苦しくしないでよ! どうしたのよ!あんたらしくないよ」 デビ

奥様。 なんでこんなことするのですか?」 エメットは尋ねた。 「フオ様 はまだ奥様に

を聞き、デビー

ど、向こうにいる夫は私を知らない

は独身のままだし、国際的な企業の

よ。 なぜなら、 私はすでに離婚届に署名して、フィリップにそれをチャールズに渡

を受けたエメットは、数歩下がってデビーを見つめ、「もし私が正しければ、 フオ奥様は旦那様の7歳年下です。

き直ったエメットは、 なぜデビーが離婚を

った。「そう、私はチャールズと離婚したいの 。 だから、これ以

トは言葉を失っていた。 彼の心の

の元に戻る時、チャールズはオルガへ口紅

エメットを数秒見て、 またジャレドの

んでいた。 「エメットはこの女とできているん

ールズの表情は暗くなり、エメットに向かって、「このモールからあの女を摘み出せ! 彼女は君とどんな関

軽い女が二度と自分に近づかないように

初めてではなかったが、今回は違うように見えた。 チャー

た。 「ねえ~ジャレド、 私もあの口紅が欲しいわ」 デビーの声はいつもの声よりかなり高かった。 デビーは視線をオルガに向け、彼女を指さしながら、ジャレドを見上げて、「ほら、

てだった。それに相手は、彼女の友人のジャレドだっ

「おい! おてんば娘、どうしたんだよ? 怖がらせないでくれよ!

! まさか詐欺師に乗り移られた?」とジャレドが言った。 ショック

るわよね。 私のために買ってくれない?」 この行為の裏では、デビーは自分を叩きのめしているよ

か分からないの! ? ああ、もうなんでもいい! 最後ま

たち二人ともお互いウィンウィンよ!」 それはデビーの壮大な計画であり、失敗は許されなかった。 彼女はジャレドの「わかった!」と叫ぶ声で現実に引き戻された。 「わかったぞ! 何でも買ってあげるが、お願いだから...」 ジャレドの声は絶望の中で

か、彼の手が震えてるわ!」 彼女は思った。 「聞こえなかっ

ターに向かった。 重いため息を漏らし、ジャレドは鼻の先

る...」と思いながらも、デビーを追い出せというチャールズの緊急命令に従わなければならなかった。 デビ

「エメット、どうしてミスターフオの命令を聞かないの?」と

ばせるためにそうしたんだわ。 私

意識した。 「彼女は奥...」と言った瞬間、チャールズが鋭い目線を向けてきた。怯えた

、旦那様に叱ら

命令をした直後、デビーは手を上げて、「その

、口紅はもういいわ。 早く行こう」 その直後、ジャレドは店員の手からクレジットカードを奪い返

姿を見ながら、疑惑の表情を浮かべた。

。 もう一度彼の腕にしがみついて、心地よい声で「チャールズ。 アリオスビルの5

ルズは「行くか」と

を振り払い、道をあけ、

ドを見て、「ねえ、あなたはアリオスビルの5階でラン

レドはため息をついた。 「正直言って、俺は携帯ゲームに全財

ビーは手を叩いて微笑

img

目次

第1章結婚生活に終止符を打つ 第2章つかみどころのないチャールズ 第3章頭の固い教授 第4章オルガ・ミ 第5章グランド・プラン 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1) 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)
第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)
第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)
第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)
第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)
第16章3つの選択肢 (パート1)
第17章3つの選択肢 (パート2)
第18章3つの選択肢 (パート3)
第19章授賞式 (パート1)
第20章授賞式 (パート2)
第21章授賞式 (パート3)
第22章授賞式 (パート4)
第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)
第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)
第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)
第26章全世界が知っている (パート1)
第27章全世界が知っている (パート2)
第28章全世界が知っている (パート3)
第29章全世界が知っている (パート4)
第30章愛想のいい校長 (パート1)
第31章愛想のいい校長 (パート2)
第32章愛想のいい校長 (パート3)
第33章君は女の子のようだ (パート1)
第34章君は女の子のようだ (パート2)
第35章君は女の子のようだ (パート3)
第36章純粋なふりをして (パート1)
第37章純粋なふりをして (パート2)
第38章純粋なふりをして (パート3)
第39章ワイン (パート1)
第40章ワイン (パート2)
第41章ワイン (パート3)
第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)
第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)
第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)
第45章ひざまづいて (パート1)
第46章ひざまづいて (パート2)
第47章ひざまづいて (パート3)
第48章ニューヨークへ (パート1)
第49章ニューヨークへ (パート2)
第50章彼女は決闘をするのか (パート1)
第51章彼女は決闘をするのか (パート2)
第52章彼女は決闘をするのか (パート3)
第53章彼女は決闘をするのか (パート4)
第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)
第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)
第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)
第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)
第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)
第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)
第60章引っ越し (パート1)
第61章引っ越し (パート2)
第62章引っ越し (パート3)
第63章車で大学へ (パート1)
第64章車で大学へ (パート2)
第65章車で大学へ (パート3)
第66章車で大学へ (パート4)
第67章本物の少年ではない (パート1)
第68章本物の少年ではない (パート2)
第69章本物の少年ではない (パート3)
第70章兄弟 (パート1)
第71章兄弟 (パート2)
第72章兄弟 (パート3)
第73章兄弟 (パート4)
第74章ZLグループ本社 (パート1)
第75章ZLグループ本社 (パート2)
第76章ZLグループ本社 (パート3)
第77章ZLグループ本社 (パート4)
第78章謝罪の食事 (パート1)
第79章謝罪の食事 (パート2)
第80章謝罪の食事 (パート3)
第81章謝罪の食事 (パート4)
第82章燃えてしまった (パート1)
第83章燃えてしまった (パート2)
第84章燃えてしまった (パート3)
第85章今の状況 (パート1)
第86章今の状況 (パート2)
第87章今の状況 (パート3)
第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)
第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)
第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)
第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1)
第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2)
第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3)
第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4)
第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)
第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)
第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)
第98章バトル (パート1)
第99章バトル (パート2)
第100章バトル (パート3)
img
  /  16
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY