img 私の吐息を奪って  /  第3章頭の固い教授 | 0.19%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第3章頭の固い教授

文字数:3904    |    更新日時: 02/04/2021

。 起きるのが嫌なデビーは、袖を常に引っ張られているのを感じた。 しかし、それを無視すればするほ

クリスティーナの方に振り向いた。 「クリスティーナ

ビーはクリスティーナの指差したところを目で

い水を顔にかけられたように感じた。 「ヤバッ!」

して知られている。 デビーはカバンの中から教科書を取り出し、

らないふりをして、すぐ壇上に注目した。 状

わ......」とデビーは後悔しながら頭を抱

しなかった。 デビーの身分も背景も一切不明ということを

業を休んだりなどして、実に荒れる学生だ。 要するに

マニュキュアを塗ったり、派手な宝石を身につけて

真っ赤なマニュキュアを塗った。 大学の教授たちは皆デビ

、大学でやりたいことを思う存分やることができる。

っている。 チャールズの助手――エメット・ジョンは大学では、マルクの仕事の関係者の一人だ。 それに、チャールズ本

た。 彼女の向かいに座っているのは、クラスの模

ことを理解し、すぐに答えが書かれているところまでペ

れた。 その時、多くの人々がこっそりとデビーに

しい鼻、柔らかくて赤い唇、女の

。しかし、横顔はそれでも優美だ。 しかも、顔だけでなく

ビーはとっくにY市立大学

がらディクソン・シュウの本を読み始めた。 「金融とは、2つの関連

激怒した。 「十分だ!」 マルクの声

必死に怒りを抑えて

、デビーはマルクに笑顔を見せて「ドウ教授

いでください。 授業が終わる前までに、その答えを暗記します!」 と、デビーは約束した。 デビーは、チャールズがマル

れば、楽にA判定を取る生徒になれる、と、マルクはずっと思っている。 しかし、だからこそ、デビーの横暴な行動をこれ以上許してはい

落第は許されないぞ!」

ケイシー・ゼン、君たち三人は旗の下に立ってろ!」 とマルクはそう宣言した。 「わ

私たちは苦しまないといけないの

だ。 自分の利益のために他人を傷つけようとするなんて、デビ

睨みつけ、 心の奥底で

信満々に答えた 言い終わると、デビーは自分の席に腰を下ろし、ペンを手に取り、ノートに適当に書き始めた。 マル

最後の言葉を残し教材を

瞬間、デビーの周り

の不満を言

ャレドが聞いた。 不満そうな表情がジャレドの顔に表れた。 一体なぜ自分たちはデビ

が高い学生だ。 それに加え、ジャレドは

をがっしり掴み、可愛らしく泣き言を言った。 「お願いよ......」デビーのもう一

な風に顔を晒すわけにはいかないのよ、ね?」 寮

んでいる。 デビーは周りの騒音に苛立たち始めた。 彼女は本を手にして机に

ばデビーの視線で凍りついてしま

を上げた。 「ねえ、今思い出したんだけど。 今日、シャイニングインタ

言った。 多分、デビーはずっと欲しがっている口紅があるから行くだろうね

とデビーはお互いのこ

、結構意外だ。 それに、普段デビーはカジュアルな服装をしていて、ファッションについて

が集まり、シャイニングインタ

ザインで言いようのないフ

プラザは、北斗七星座にちなんで

フェクダ、メグレス、アリオス、

トが点灯し、パノラマ地図を持っていると北斗七星座にな

と、まるで星の海を歩いているかのような感覚だ。 北斗七星とユニークなコンセプトに包まれたこの広場が、多くの人に気

img

目次

第1章結婚生活に終止符を打つ 第2章つかみどころのないチャールズ 第3章頭の固い教授 第4章オルガ・ミ 第5章グランド・プラン 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1) 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)
第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)
第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)
第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)
第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)
第16章3つの選択肢 (パート1)
第17章3つの選択肢 (パート2)
第18章3つの選択肢 (パート3)
第19章授賞式 (パート1)
第20章授賞式 (パート2)
第21章授賞式 (パート3)
第22章授賞式 (パート4)
第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)
第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)
第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)
第26章全世界が知っている (パート1)
第27章全世界が知っている (パート2)
第28章全世界が知っている (パート3)
第29章全世界が知っている (パート4)
第30章愛想のいい校長 (パート1)
第31章愛想のいい校長 (パート2)
第32章愛想のいい校長 (パート3)
第33章君は女の子のようだ (パート1)
第34章君は女の子のようだ (パート2)
第35章君は女の子のようだ (パート3)
第36章純粋なふりをして (パート1)
第37章純粋なふりをして (パート2)
第38章純粋なふりをして (パート3)
第39章ワイン (パート1)
第40章ワイン (パート2)
第41章ワイン (パート3)
第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)
第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)
第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)
第45章ひざまづいて (パート1)
第46章ひざまづいて (パート2)
第47章ひざまづいて (パート3)
第48章ニューヨークへ (パート1)
第49章ニューヨークへ (パート2)
第50章彼女は決闘をするのか (パート1)
第51章彼女は決闘をするのか (パート2)
第52章彼女は決闘をするのか (パート3)
第53章彼女は決闘をするのか (パート4)
第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)
第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)
第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)
第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)
第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)
第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)
第60章引っ越し (パート1)
第61章引っ越し (パート2)
第62章引っ越し (パート3)
第63章車で大学へ (パート1)
第64章車で大学へ (パート2)
第65章車で大学へ (パート3)
第66章車で大学へ (パート4)
第67章本物の少年ではない (パート1)
第68章本物の少年ではない (パート2)
第69章本物の少年ではない (パート3)
第70章兄弟 (パート1)
第71章兄弟 (パート2)
第72章兄弟 (パート3)
第73章兄弟 (パート4)
第74章ZLグループ本社 (パート1)
第75章ZLグループ本社 (パート2)
第76章ZLグループ本社 (パート3)
第77章ZLグループ本社 (パート4)
第78章謝罪の食事 (パート1)
第79章謝罪の食事 (パート2)
第80章謝罪の食事 (パート3)
第81章謝罪の食事 (パート4)
第82章燃えてしまった (パート1)
第83章燃えてしまった (パート2)
第84章燃えてしまった (パート3)
第85章今の状況 (パート1)
第86章今の状況 (パート2)
第87章今の状況 (パート3)
第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)
第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)
第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)
第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1)
第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2)
第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3)
第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4)
第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)
第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)
第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)
第98章バトル (パート1)
第99章バトル (パート2)
第100章バトル (パート3)
img
  /  16
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY