img 私の吐息を奪って  /  第4章オルガ・ミ | 0.27%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第4章オルガ・ミ

文字数:4172    |    更新日時: 02/04/2021

ーナの3人は手をつないではしゃぎまわっていた。 その間、ジャレドとディクソンの2人

よ!」と文句を言いながら彼女らの肩をたたいた。 「以前長距離を走った時には、これ

ょっと、ジャレド! そんなことを言って恥ずかしくない? あなた背も高いのに!」

目の前の店を指差した。 「こ

! 助かりました!」

ーは微笑んで言った。 「あな

「いいね! お言葉に甘える

なレストランがいくつか入っており、その5階にはY市で最も評価の高いレスト

はジャレドに向けて蔑むような視線を投げ、

理を希望しても、プロの料理人が作ってくれる。 料理人が目の前で料理するのを見ること

、美味しい料理を食べる

れた少数の人だけがそのような

ら抜けたように顔が真っ白になり、ケイシーの言った言

、近くのソファを指差し、「じゃあ、ディクソンと一緒にあそこ

トを持っているのを見たので、優しい笑顔で彼女に近づき、「ミス、その製品はベストセラーの1つです! 残

不信感を抱きながら言っ

った口紅セットの値段を見た。 129、999ドル

彼は大きな声で話しかけた。 「おい、おてんば娘! 何を躊躇っているんだ? ! お前は毎日数百万の車で

」と答えた。 どんなに高価な車でも、デビーとは全く関係ない。 彼女が今持っ

方向に振り向いた。デビーも興

の?」 デビーも他の人と同じように

ツを着ていて、がっしりした体つきが完璧に表しだされた。 彼が履いて

合わせる勇気が出ないほ

一瞬にして皆の注目を集めたのは、デビーの夫であるチャールズだった。 いや、あと数日で元夫になる。 そして、チャー

はなかった。 そのため、デビーは自分の目を疑っていた。 「その女は誰?」

方を向いた。 心臓がドキドキしながら、デビーは頭を下

と会わせないで!」と唱えた。

、目を見開いた。 「待って。

ケイシーの方を向いた。 「ねえ、

りながらケイシーは、「デビー! これは運命よ! またチャールズ・フオに 会ったのよ!」と興奮して叫

、デビーに質問した。 「デビ

ると思うの? !」 デ

歩いてきた。 「チャールズは、 お前のた

になるの? ! 」

ているのを見て、デビーは注意した。 「ねえ

込んできた。 「これ、あんたに似合わない

隣に立っていた女から発せられたものであることが分かった。 「

しかけて

真っ赤な口紅を塗り、爪は茶色のマニュキュアが塗られていた。 オルガ・ミはチャールズから離れ、デビーに近づき、

はデビーの方を向き、頭の

は、嘲るよ

いるただの女子大生じゃない。 確かに美人だけど、明らかに私ほどでは

を口にした。 「私が買えないなら、 頭からつま先までブランドの服を着ていて、いかにも自分がお金持ちであることを示そうとするあんたが買えると言うの?」 *这句

けた。 「あなたたちみたいな貧乏人は、このモールに足を踏み入れべきじゃないわ! ファッショ

それを言うの?」 オルガ・ミという女に向かって大きく一歩前に出ると、

はオルガ・ミを怒らせただけでなく、間接的にチャールズさえも怒らせてしまった。 *这句不要 デビーが馬鹿にしたドレスは、チャールズ本人が選んだものだったからだ。 さっきまでチャ

が、27歳のオルガ・ミには

メリハリボディの持つ女性の

ボディコンドレスは、胸が平らでお尻が小さいという

敬意を払って接していたので、このように馬鹿にされた経験をしたこ

これまでに作ることができた中で最も悲痛な声を集めて、彼に言いつけた。 「フオ! その子が言った

img

目次

第1章結婚生活に終止符を打つ 第2章つかみどころのないチャールズ 第3章頭の固い教授 第4章オルガ・ミ 第5章グランド・プラン 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1) 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)
第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)
第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)
第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)
第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)
第16章3つの選択肢 (パート1)
第17章3つの選択肢 (パート2)
第18章3つの選択肢 (パート3)
第19章授賞式 (パート1)
第20章授賞式 (パート2)
第21章授賞式 (パート3)
第22章授賞式 (パート4)
第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)
第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)
第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)
第26章全世界が知っている (パート1)
第27章全世界が知っている (パート2)
第28章全世界が知っている (パート3)
第29章全世界が知っている (パート4)
第30章愛想のいい校長 (パート1)
第31章愛想のいい校長 (パート2)
第32章愛想のいい校長 (パート3)
第33章君は女の子のようだ (パート1)
第34章君は女の子のようだ (パート2)
第35章君は女の子のようだ (パート3)
第36章純粋なふりをして (パート1)
第37章純粋なふりをして (パート2)
第38章純粋なふりをして (パート3)
第39章ワイン (パート1)
第40章ワイン (パート2)
第41章ワイン (パート3)
第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)
第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)
第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)
第45章ひざまづいて (パート1)
第46章ひざまづいて (パート2)
第47章ひざまづいて (パート3)
第48章ニューヨークへ (パート1)
第49章ニューヨークへ (パート2)
第50章彼女は決闘をするのか (パート1)
第51章彼女は決闘をするのか (パート2)
第52章彼女は決闘をするのか (パート3)
第53章彼女は決闘をするのか (パート4)
第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)
第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)
第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)
第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)
第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)
第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)
第60章引っ越し (パート1)
第61章引っ越し (パート2)
第62章引っ越し (パート3)
第63章車で大学へ (パート1)
第64章車で大学へ (パート2)
第65章車で大学へ (パート3)
第66章車で大学へ (パート4)
第67章本物の少年ではない (パート1)
第68章本物の少年ではない (パート2)
第69章本物の少年ではない (パート3)
第70章兄弟 (パート1)
第71章兄弟 (パート2)
第72章兄弟 (パート3)
第73章兄弟 (パート4)
第74章ZLグループ本社 (パート1)
第75章ZLグループ本社 (パート2)
第76章ZLグループ本社 (パート3)
第77章ZLグループ本社 (パート4)
第78章謝罪の食事 (パート1)
第79章謝罪の食事 (パート2)
第80章謝罪の食事 (パート3)
第81章謝罪の食事 (パート4)
第82章燃えてしまった (パート1)
第83章燃えてしまった (パート2)
第84章燃えてしまった (パート3)
第85章今の状況 (パート1)
第86章今の状況 (パート2)
第87章今の状況 (パート3)
第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)
第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)
第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)
第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1)
第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2)
第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3)
第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4)
第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)
第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)
第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)
第98章バトル (パート1)
第99章バトル (パート2)
第100章バトル (パート3)
img
  /  16
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY