img img その他 img 恩人の仮面が剥がれた日、俺は親愛(アイ)を知った
恩人の仮面が剥がれた日、俺は親愛(アイ)を知った

恩人の仮面が剥がれた日、俺は親愛(アイ)を知った

img その他
img 3 章
img 6 クリック
5.0
すぐ読みます
あらすじ | 目次

実の姉から虐待を受けている蓮夜は、放課後は漫画喫茶で22時まで時間を潰してから家に帰るのが日課になっていた。 ある日、蓮夜は姉から酷い虐待を受けて怪我をおい、その手当を漫画喫茶の店長にしてもらうこととなる。 手当の途中、店長に怪我の原因が家族かと問われた蓮夜は、何も答えなかった。彼がそうしたのは、姉が警察に捕まるのが嫌だったからだ。 蓮夜からすれば、姉はどんなに酷い虐待をされても嫌いになれない、大切な人であった。 その翌日、姉の手によって服を脱がされてクローゼットに閉じ込められた蓮夜は、苦渋の末、店長に助けを求めた。そうすると、店長は瞬く間に蓮夜を救い出してくれた。 ――しかし、彼がそうしてくれたのには、とんでもない理由があった。

img レビューを見る
更新: チャプター 3 一章 恩人は俺を連れ出した。3   02-21 10:46
img