img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第263章Capítulo彼はどういう意味ですか  | 34.83%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
文字数:3866    |    更新日時:03/08/2021

ボビーは真面目な顔で、「ママ、子供が私やナディアを襲った場合、私が反撃しなければ、どうすれば自分自身と彼女を守ることができますか?」と尋ねました。

ナンシーはボビーの質問に答えるのに苦労しました。彼の言ったことは理にかなっているからです。

「ママが意味したのは、あなたが他の子供と推論して、彼がしたことが間違っていた理由を彼に説明できるということでした。 しかし、それでも彼があなたを殴ろうとするなら、彼は自分自身を守りますが、反撃しないでください。 たとえば、ナディアが他の子供たちとの戦いに巻き込まれているのを見たら、彼女を引き離して戦いを止めます。 また、ナディアが他の子供たちも傷つけないようにしてください。 誰かが怪我をしたくないのです。 それはそれと同じくらい簡単だ」と説明するのに苦労したナンシーは言った。

「わかりました、ママ」ボビーは納得がいかないような口調で答えた。

ナンシーはどうしようもなくため息をついた。 彼女はまだ、特にこのようなデリケートな問題に関して、子供たちに対処することを学ぶ必要がありました。 彼女は、このような難しい質問に対処する方法を学ぶために、彼らともっと時間を過ごすべきだと決めました。

体重を減らすことが女性の最大の関心事であると人々が言うのはおかしかったです。 彼女の子供たちを教育する方法を学ぶことは、女性のより重要な義務でした。

すぐに、夕食の準備が整いました。

「パパはどこ? 彼はまだ家に帰って夕食に参加していませんか?」 ナディアは父親の居場所について疑問に思っていました。

ナンシーは食堂の時計をちらっと見た。 夕方にはもう8時でした。

チャールズは今夜遅く帰宅すると言った。 それは彼がどこかで夕食を食べていたことを意味しました。

「パパは夕食に間に合わないだろう。 今から食べ始めるべきだ」と語った。 エプロンを脱ぐと、ナンシーは「お椀とお箸を持ってテーブルに置いて」と命じました。

"私はそれをやる! 私は家の周りを手伝うのが好きないい子です。」 ナディアは歓喜して台所に駆け込んだ。

「パパはまだ家にいません。 私は彼なしで夕食をとることに慣れていない」とボビーは不平を言った。 彼はとても動揺しているようだった。

ナンシーはボビーの隣に座った。 彼女は最近仕事で忙しかったので、子供たちの世話をする時間がほとんどありませんでした。 チャールズは、料理や衣服の洗濯など、家事のすべての責任を引き継ぎました。 それをすべて行うことができるようにするために、彼は彼の社会的関与と他の個人的な活動をキャンセルしなければなりませんでした。 ナンシーは新しい視点を得て、チャールズの努力に感謝しました。

彼女は思いやりのない、評価の低い人ではありませんでした。 罪悪感が彼女を襲った。

彼は最近、子供たちのニーズに対応するのにとても忙しかった。 彼女は彼が今夜時間を過ごすことができてうれしかった。

男性はまた、妻や子供を超えた人生を送る必要がありました。 彼らはまた、キャリアや他の個人的な興味を持っていました。

ナンシーはとても仕事志向の人でした。 彼女は彼のキャリアも大切にするパートナーを必要としていました。

もし男性が自分のキャリアを持っていなかったら、彼は自分の人生に何かが欠けているように感じるでしょう。

「子供たち、夕食後にシャワーを浴びなさい。 パパは後で家に帰るだろう」とナンシーは子供たちに、お粥をボウルに注いだとき、リラックスしたふりをして指示した。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img