img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第206章Capítuloその夜  | 27.28%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第206章Capítuloその夜
文字数:3464    |    更新日時:07/06/2021

イーサンはまだその夜を思い出しました。

そして、久しぶりでしたが、当時のナンシーへの想いを思い出すことができました。

さらに、彼も酔っていたので、彼らの間で何かが起こった場合、彼はそれがホルモンによって引き起こされたと確信し、愛とは何の関係もありませんでした。

その夜、キャシーはスティーブンを罵倒し、のろい続けました。 明らかに、彼女はすでにアルコールの影響下にありました。

「彼女はどれくらい飲みましたか? 』イーサンは、キャシーが立ち上がるのを手伝いながら、アルコールの匂いが鼻に浸透したと考えました。

「水を少し飲む」と彼は彼女の口の前にグラスを持って言った。

キャシーは怒りのあまりそれを飲み、ぼんやりと目を細めた。 「ハニー、あなたはとても親切です。 あなたはスティーブンよりはるかに優れています。 あのろくでなしはいつも私をいじめます。 しかし、私は今夜も彼に感謝しなければなりません。 そうでなければ、私はあなたに会わなかっただろう。」

イーサンの顔は暗くなり、顎は固くなった。 「いたずらな女の子。 話をやめなさいね」

他の誰かがこれらの言葉を聞いた場合、おそらく状況を間違えて別のことを考えたでしょう。

さらに悪いことに、腕を組んでいる女性は酔っぱらっていたので、もうはっきりと何も聞こえませんでした。

「イーサン、私の姉は私にとても嫉妬しています。 あなたは私を愛していますよね? あなたは私があなたをとても、とても、とても愛していることを知っています...」 キャシーが話したように、彼女は前かがみになり、イーサンの唇にキスをしました。

後者が反応する前に、彼らの唇はロックされました-彼の苛立ちに大いに。

「どうして彼女は私をスティーブンと見なすことができたのですか? ’

彼がそのことを考えたとき、イーサンはキャシーの唇を噛まざるを得ませんでした。

しかし驚いたことに、少女は痛みを感じていないかのように微笑んだ。 代わりに、彼女はささやきました。 どうしてあの邪悪なスティーブンよりも悪いの?」

これを聞いて、彼は猛烈にキャシーを持ち上げ、彼女の肩を軽くたたき、「キャシー、話し続けるとトラブルに巻き込まれるだろう」と警告した。

「ああ!!! どうやって私を平手打ちできますか? 大嫌い..." スティーブンが何度も何度も彼女を傷つけ、彼女があまりにも多くのプレッシャーにさらされていたために、キャシーは本当に泣いたのかもしれません。

涙が彼女の頬を川のように転がり落ちた。 それ以上に、彼女は誰かが彼女からたわごとをむち打ちしているように泣き始めました。

イーサンは、彼らができるだけ早く去るほうがよいと考えました。そうでなければ、この女の子は騒ぎをかき立てるでしょう。

しかし、腕を組んでいたキャシーは突然眠りに落ちました。

それで彼はキャシーをベッドに置いて彼女を押し込むしかないのです。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img