img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第213章Capítulo仕事または家族  | 28.21%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第213章Capítulo仕事または家族
文字数:4461    |    更新日時:14/06/2021

ナンシーが純粋な疑いに基づいて言ったことはありましたか?

"忘れてください。 他のことについて話しましょう!」 ナンシーは最近混乱していた。 彼女の周りで起こっているすべてのトラブルで、彼女は目に見えない力が彼女の不幸を引き起こしているように感じました、そして彼女はそれについて何もすることができませんでした。

それはアンナかもしれませんが、ナンシーは彼女に対する証拠を持っていませんでした。 だから、彼女に指を向けることは完全に役に立たないでしょう。

しかし同時に、彼女は女性が彼女を傷つける動機を持っていることを知っていました。

おそらく、彼女はこれを熟考するためにより多くの時間を必要としていました。 今のところ、彼女は休息してこれらの問題から心を取り除く必要がありました。

それで、チャールズは彼女の家を運転しました、そして、彼らが車にいる間ずっと、彼はナンシーが言及したと思いました。

誰かが本当に病院で何かをしましたか? もしそうなら、彼はそれについて何かをしなければなりませんでした–それが彼のビジネスの一つであったという理由だけでなく、彼はその場所の神聖さを浄化する必要があったからです。

病院は人々を救う場所であり、殺人や罪を犯す根拠ではありませんでした。

それで、彼らが家に帰って、2人の子供がソファーで寝ているのを見たときでさえ、彼はそれらの考えに悩まされました。

しかし、今子供たちを見て、ナンシーが言ったことが真実であるならば、彼は彼らも危険にさらされる可能性があることに気づきました。 そして、この認識の真っ只中で、チャールズは「ナンシー、結婚しよう!」と宣言しました。

彼は彼女を見ていませんでしたが、代わりに彼らのソファで安らかに眠っている天使たちをじっと見つめていました。

ナンシーは仕事で忙しすぎて、子供たちの世話をする必要がありました。 彼がTSグループの社長として働き続けた場合、彼はどのように彼らの世話をすることができますか?

彼はそれを喜んでしましたが、会社での責任を放棄することはできませんでした。

同時に、彼はナンシーが妥協しないことを知っていました。

彼が彼女と子供たちを別荘に連れて行き、使用人のグループを雇い、贅沢な生活を送るために彼らを甘やかしたいと思ったのと同じくらい、女性はそれが素晴らしい考えだとは思いませんでした。

彼が彼女に頼んだとしても、彼女は仕事を辞めませんでした。

その女性はただの仕事中毒でした!

その間、ナンシーは彼の言葉に驚いた。 アンジェリーナはまだ彼のために花嫁を探していました、しかし彼は彼女と結婚するつもりでしたか?

彼はどうやって彼女にその質問をすることができますか?

「あぁ! 子供たちをシャワーに連れて行き、寝かせなさい。」 咳をして、ナンシーは話題を変えて、どこか別の場所で彼女の視線を避けました。

しかし、チャールズは彼女の機動に気づき、ただため息をついた。

「シャワーを忘れて。 子供たちは疲れています。 彼らを早く寝かせなさい。」 それを言った後、ナンシーがナディアをすくう間、チャールズはボビーを寝室に運びました。

少女は感じた動きから目覚めました。

「ママ、あなたは戻ってきた」

「はい、ハニー」ナンシーは頬に柔らかいキスをして答えた。 彼女は最近とても忙しかったので、子供たちをチェックする時間が少なくなりました。

そして今、小さな女の子を見て、ナンシーは彼女が最近いくらかの体重を増やしたように見えることに気づきました。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img