img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第234章Capítuloまた会いましょう  | 30.99%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第234章Capítuloまた会いましょう
文字数:3334    |    更新日時:05/07/2021

「お父さん、あなたは盲目ですか? ナンシーは私たちをひどく傷つけました、それでもあなたは彼女に有利に話します」とファニーは再び叫びました。

クラークは明らかにイライラして手を振った。 "十分な。 あなたがお金を手に入れたら、ナンシーを手放します。 彼女を拷問して死なせないでください!」

「私たちは彼女のお金が欲しいだけなので、私たちはしません。 とにかくその金額は彼女にとっては簡単なことだ」とジルは心から言い、優しい母親のように振る舞った。

「ああ、なんでも」クラークは焦って言って自分の部屋に戻った。

ジルとファニーはナンシーを地下室に引きずり込んだ。 そして、彼らは彼女を隅に投げました。

「ファニー、私たちは今何をすべきか?」 ジルは無意識のナンシーを見て尋ねました。

「ハンフ! もちろん、ナンシーが私たちの手に渡った今、私たちは彼女をよく扱うべきです。」 ファニーはナンシーの足を彼女の力のすべてのオンスで蹴った。

「お母さん、私のベッドサイドテーブルにフィルターがあります。 キャスパーは毎回少ししか使用しません。 今回は全部使います!」 ファニーは悪意を持って言った、彼女の目は狂気に満ちていた。

彼女は思った、「ナンシー、今度は、私はあなたの人生を死よりも悪くします! そして、あなたにあなたのすべてのお金を私たちに与えるように強制しなさい。」

ジルは振り返って二階に行った。

「お母さん、急いで。 彼女がどれほどパニックになるのか楽しみだ」とファニーは母親に促した。

「私も見たい!」

ジルも悪意のある女性でした。 クラークを手に入れるために、彼女はその年の自動車事故でナンシーのお母さんを手に入れました。

それからジルはクラークと思い通りに結婚し、金持ちの女性になりました。

過去数年間、ジルは至福の結婚生活を楽しんでいましたが、それでも彼女は自分のうぬぼれを少しも失うことはありませんでした。

悲しいかな、ナンシーがいなかったら、ジルはもっと安心していたでしょう。

したがって、彼女がナンシーを罰する機会を得たとき、どうして彼女は心の優しい人になることができたのでしょうか?

ジルは薬の袋全体をカップに注ぎ、それをかき混ぜ、そしてそれを嗅いだ。 それは無色、無味、無臭でした。 それからジルはそれを地下室に持ち帰った。

"それは素晴らしいことです! ハハ…」 ファニーはナンシーの口を無理やり開けて、水を注ぎました。

「ナンシー、楽しんでね」 ファニーは彼女の顔を軽くたたき、「今回生き残ったら、自分は幸運だと思ってください。 できない場合でも、私にお金を渡すつもりです。」

ファニーはしばらく考えてナンシーの耳に近づきました。 彼女は歯を食いしばって一言一言言った、「今度は生き残れないなら、チャールズは別の女性の手に渡るだろう。 ハハ!」

それを言った後、ファニーは狂ったように笑いました。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img