img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第248章CapítuloDanceWithJoy  | 32.85%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第248章CapítuloDanceWithJoy
文字数:3264    |    更新日時:19/07/2021

チャールズは彼女にただ家にいることさえ望んでいました。 彼女が何もしていなければ、彼はもっと安心するでしょう。

そうすれば、彼は彼女が疲れ果てているのを見る必要はありませんでしたね?

「急ぐ必要はありません。 ナンシー、あなたはまだ若いうちに自分の世話をしなければなりません。 怪我をしたときは、今後悪化しないように自分でチェックしてください。 そうでなければ、年をとると、全身に痛みを感じるでしょう。」 彼の心配そうな目はナンシーを見つめていた。

「まあ、それはただの小さな傷です。 それについて大騒ぎしないでください。 とにかく、私は明日仕事に行かなければなりません。 今は秋で、患者さんも多いです。 私がそこにいなければ、第一小児科は大きなプレッシャーにさらされるでしょう。」 それを言った後、彼女はため息をついた。

突然、チャールズは「アンナは一人でそれができると思いますか?」と尋ねました。

「彼女のスキルから判断すると、彼女は少なくともジェシーと同じくらい優秀でなければなりません。 しかし、彼女は十分な経験がありません。」 ナンシーは客観的な評価をしました。

「はい、私は数日前に彼女の父親のデイビッドに会いました。 彼は娘が私たちの病院で働いていると言いました、そして彼は彼女について多くの良いことを言いました。 アンナにジェシーの代わりをしてもらいたいようだ」と語った。

"何? なぜ彼はそんなに熱心なのですか? アンナが留学したとしても、すぐにジェシーに取って代わることはできません。 不公平になるだろう!」 彼女が話している間、彼女の眉はしわが寄っていた。

彼女はこの2つに良い印象を与えておらず、彼らとの関係も良くありませんでしたが、彼女はそれらが互いにどのように異なるかを知っていました。

アンナは高等教育を受けていましたが、ジェシーはより多くの経験を持っていました。 それで、なぜアンナが彼女をそれほど速く置き換えることができなかったのかは明らかでした。

「まあ、後でそれについて話しましょう」とチャールズは答えました。

彼らは一緒に幼稚園に行き、子供たちを迎えに行きました。

子供たちが彼らを見たとき、彼らの目はきらめき、彼らは楽しく踊りました。

二人の子供は喜んで駆け寄り、「ママ、パパ、お二人は長い間私たちを迎えに来ていない。 一緒に来て本当に嬉しいです!」

「ママ、どこへ行くの?」 ナディアの好奇心旺盛な目は、ナンシーが頭を上げたときに焦点を合わせました。

「私たちは昼食をとるつもりです」とナンシーは答えました。

「それでは、今日の午後にビデオを撮影するつもりです」とチャールズは付け加えました。

ボビーは好奇心旺盛な子供なので、「パパ、どんなビデオ?」と尋ねました。

「私たちのビデオを一緒に撮りたいですか?」 彼の口の角は笑顔で現れた。

"はい、そうです!" ボビーは彼に微笑んだ。

"私も好きです!" ナディアはくすくす笑った。

結局のところ、彼らはただの子供でした。 彼らが興奮したのは、ビデオを撮ることではなく、家族と一緒にいるという感覚でした。

チャールズはナンシーと子供たちをホテルに連れて行き、おいしい昼食をとりました。

子供たちは笑って話していました。

チャールズとナンシーは、世界の普通の親のようでした。 彼らの子供たちを幸せにするのを見るのは彼らを満足させるのに十分でした。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img