img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第239章Capítuloビルディングブロック  | 31.66%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第239章Capítuloビルディングブロック
文字数:3506    |    更新日時:10/07/2021

ナンシーは涙が彼女の目から落ちたので微笑んだ。

「キャスパーはどこ?」 彼女は尋ねた。

「ジェイは彼を捕まえた、そしてキャスパーは警察に送られたと私に言ったばかりだった。 もう心配する必要はありません、ハニー。 キャスパーが裁判にかけられることを確実にする」と語った。

「痛い…」 彼女は痛みのために深呼吸した。

「私にあなたを病院に連れて帰ってもらいたいですか?」 チャールズは心配そうに尋ねた。

「アスピリンを2つください。 それは本当に大したことではありません!" ナンシーは明らかに痛みで答えた。

チャールズはカプセルを取り出してナンシーに渡しました。 彼はまた、「今日は特にあなたのことを心配しています。 しかし、私はあなたが大丈夫だと信じています。」

ナンシーはカプセルを口に入れ、水を一口飲みました。 「ありがとう」と彼女は最も誠実な口調で言った。

「愚かな少女、私はあなたに感謝する人でなければなりません。 お世話になりありがとうございます。 そうでなければ、私は本当に何をすべきかわからない」と語った。 男はすべての言葉を意味しました。

ナンシーは、彼女がチャールズにとって本当に重要であることに気づき始めました。

"子供達はどこ?" ナンシーは尋ねた。

「ドリスはあなたが回復できるように彼らを連れ去った。 今のところ心配しないでください、ハニー。 心配する必要があるのは気分が良くなることだけですいいですか?」 チャールズはナンシーが飲んだカップを持っていくと言った。

"はい!" ナンシーは素直にベッドに横になりました。

夜明けに、彼らのドアベルが鳴った。

チャールズはナンシーがベッドから立っているときにそっと手を離した。

彼はスリッパを履き、ドアに答えました。 驚いたことに、2人の警官がすぐ外に立っていました。

二人の警官は厳しく見えた。 彼らはIDをフラッシュして、「チャールズ、私たちと一緒に来なさい」と言いました。

チャールズは笑って言った、「先生、わかりません。 私は何も悪いことをしていません。 あなたは間違っているに違いない...」

"氏。 チャールズ・フー、昨日いくつかの赤信号を通り過ぎたことを忘れましたか?」 警官はゆるぎない口調で言った。

「サー、私を信じて。 何が起こったのか説明できます。 だから私は...」 チャールズは、ナンシーがまだ眠っていたかどうかを判断するために振り返りました。 彼は彼女を起こしたくなかった。

「あなたの言い訳が何であれ、誰も赤信号を通り過ぎてはいけません。 その上、あなたの車には見知らぬ女性がいたとの報告がありました!」

「いや、いや。 その女性と私はとてもきれいな背景を持っています。 ニュースをフォローすれば、彼女が誰であるかを知る必要があります!」 チャールズは主張した。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img