img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第242章Capítulo彼女と彼  | 32.05%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第242章Capítulo彼女と彼
文字数:3180    |    更新日時:13/07/2021

ジェイはすでにクラウドレイクコミュニティに精通していたので、彼が到着するのにそれほど時間はかかりませんでした。

待っている間、ナンシーはチャールズのシャツを着ていた。 彼女の胃はゴロゴロしていたので、彼女は台所に行きました。 何も食べるものが見つからなかったとき、彼女は欲求不満で目を閉じました。

「なぜ彼は彼が去るつもりだと私に言わなかったのですか? 彼は私に食べ物さえ残しませんでした!」 彼女は思った。

彼は彼女を餓死させるつもりでしたか?

がっかりした彼女は居間に戻り、お腹を抱えながらソファに座った。

ドアベルが鳴ったとき、彼女はすぐに立ち上がってドアに向かって歩きました。 ついにジェイが到着した。

ジェイを見たとき、「ジェイ、食べ物を持ってきてくれませんか?」と聞かざるを得ませんでした。

"上手..." 彼はまだ朝食をとっていませんでしたが、それほど空腹ではありませんでした。 彼は途中でナンシーのために食べ物を買うことを考えていませんでした。 ナンシーが彼女の腹を持っているのを見たとき、彼の額はしわになりました。

「腹痛はありますか?」 ジェイは不思議なことに尋ねた。

「ジェイ、おなかがすいたよね?」 彼女の肩は重傷を負っていませんでしたが、彼女はまだ小さな手術を受けていました。 その後、彼女は数時間食事をしませんでした。 そして、彼女が何かを食べたいと思ったとき、彼女はそのろくでなしのキャスパーにだまされました。 彼女は一日中、一滴も水を飲まなかった。

今までまだお腹が空いていないのなら、人間になってはいけません!

「お義姉さん…」

ナンシーは彼を睨みつけた。 彼女はまだチャールズと結婚していませんでした!

ナンシーが怒っているのを見て、ジェイはいたずら好きな笑顔を見せて、すぐに彼の言葉を変えました。 ナンシー、今お腹が空いても、今は食べられないのではないかと思います。 それよりももっと重要なことがあります。」

"何? どういう意味ですか?" 「私の患者に何かが起こったのでしょうか?」 彼女は思った。

「リラックスして、心配しないでください。 あなたは今私と一緒に来なければなりません。 行きましょう。" ジェイが今考えていたのは、チャールズをできるだけ早く警察署から追い出すことでした。

その後、彼はもうこのカップルと干渉する必要はありませんでした。 彼は家に帰って妻の世話をすることができた。

もちろん、彼の胎児もいました!

"私達はどこに行くの?" ナンシーは尋ねた。

"警察署!"

「なんでそこへ行くの?」

「私はあなたが混乱していることを知っています。 簡単にするために、チャールズには状況があり、あなたは彼が何かを明確にするのを手伝うことができます」とジェイは言いました。

"何が起こった? 彼は怪我をしましたか?」 ジェイが心配しないように言った後でも、彼女はまだ緊張せずにはいられませんでした。

「彼は怪我をしていません。 何が起こったのかについては、自分で彼に尋ねなければなりません。」

彼女はため息をついて彼にうなずいた。 緊張から、彼女は一時的に空腹を忘れました。 「さて、着替えるだけで行きます。」

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第201章Capítuloママをいじめないで
第202章Capítulo結婚を求める広告
第203章Capítuloナンセンス
第204章Capítuloその年に何が起こったのか
第205章Capítuloイーサンはナンシーが好き
第206章Capítuloその夜
第207章Capítulo羨望
第208章Capítulo貧弱な記憶
第209章Capítuloなぜ彼女はここにいたのか
第210章CapítuloFlatterYourself
第211章Capítulo彼女は何を恐れていたのか
第212章Capítulo彼女はハリネズミのようです
第213章Capítulo仕事または家族
第214章Capítulo医学
第215章Capítulo愚かまたは頑固
第216章Capítulo喜びと憂鬱
第217章Capítuloそれは本当に彼女です
第218章Capítuloテスト
第219章Capítuloどのようにあなたは彼女を殴ったか
第220章Capítuloなぜあなたは彼女を恐れているのですか
第221章Capítulo彼女は機嫌がいい
第222章Capítuloなぜあなたは戦った後とても幸せですか
第223章Capítulo妥協
第224章Capítuloただ嫉妬
第225章Capítulo議論
第226章Capítuloストップ
第227章Capítulo彼が望んでいること
第228章Capítulo兄と妹
第229章Capítuloジンジャースープ
第230章Capítuloまっすぐに
第231章Capítulo恥ずかしさ
第232章Capítulo子供たちは好奇心が強い
第233章Capítulo穏やかに
第234章Capítuloまた会いましょう
第235章Capítuloあなたは誰ですか
第236章CapítuloTheSwing
第237章Capítulo家に帰る
第238章Capítulo行かないで
第239章Capítuloビルディングブロック
第240章Capítulo私はどこにいますか
第241章CapítuloLonelyAtThe Top
第242章Capítulo彼女と彼
第243章CapítuloAHunch
第244章Capítulo女性の心は複雑です
第245章Capítulo誤解を解く
第246章Capítuloあなたに仕える私の義務
第247章Capítuloこんにちは、みなさん
第248章CapítuloDanceWithJoy
第249章Capítulo暖かさ
第250章CapítuloAターン
第251章Capítuloこれは誤解ではありませんか?
第252章Capítulo命を救うのは医師の責任です
第253章Capítulo子供をがっかりさせないでください
第254章Capítulo愛する子供になる
第255章Capítulo妊娠パラノイア
第256章Capítulo隠すものはありません
第257章Capítuloノートブック
第258章Capítuloいくつかの余分な言葉
第259章Capítulo小さな事故
第260章Capítulo何も言いたくない
第261章Capítulo恐ろしい女性
第262章Capítulo私は一生それを補うことはできません
第263章Capítulo彼はどういう意味ですか
第264章Capítulo彼女は怒りました
第265章Capítulo妊娠中の不安障害
第266章Capítulo自由人
第267章Capítulo深い後悔
第268章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第269章Capítuloあなたは何を間違えましたか
第270章Capítulo二人の少女
第271章Capítuloソフトフェザー
第272章Capítulo酔っ払う
第273章Capítulo不合理
第274章Capítuloわからない
第275章Capítulo何が起こったのか
第276章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート1)
第277章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート2)
第278章赤ちゃんを飢えさせないでください (パート3)
第279章あまり考えないでください (パート1)
第280章あまり考えないでください (パート2)
第281章あまり考えないでください (パート3)
第282章彼に嘘をつく (パート1)
第283章彼に嘘をつく (パート2)
第284章章恥ずかしい (パート1)
第285章章恥ずかしい (パート2)
第286章反駁できない (パート1)
第287章反駁できない (パート2)
第288章反駁できない (パート3)
第289章目を閉じて (パート1)
第290章目を閉じて (パート2)
第291章お互いの喧嘩 (パート1)
第292章お互いの喧嘩 (パート2)
第293章お互いの喧嘩 (パート3)
第294章絵を引き裂く (パート1)
第295章絵を引き裂く (パート2)
第296章絵を引き裂く (パート3)
第297章誤解 (パート1)
第298章誤解 (パート2)
第299章誤解 (パート3)
第300章誤解 (パート4)
img
  /  8
img
img
img
img