img 俺の妻はそっけない女  /  第1章また会う日まで | 0.09%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
俺の妻はそっけない女

俺の妻はそっけない女

img img img

第1章また会う日まで

文字数:4619    |    更新日時: 09/04/2021

の一人であるエドワード・ムーを知らぬ者は誰一人として居なかった。 ムー氏は大富豪の成功者なだけでなく、 そのルックスはほとんどの女性よりもゴージャスで、絶対的な魅力を誇っていた。 噂を耳にした誰もが、そんな話があるわけがないと思うのだが、彼を一目見た瞬間、それが真実であったと認めざる

ていた。 容姿端麗な女性だけど、冷たく真面目そうに見えた。 彼女は予約なしで社長に会うことを求めたが、 同社には、約束なしに誰も社長に会うことはできないという規則があった。 女性軍人が至急社長

る女性軍人がお見えになっています。 お通し

知しているが、軍人のガールフレンドなんて聞いてないけどな? 補佐官の仕事も楽じゃないよ。 何故僕が社長の日常業務と私生活の両方に責任を

お約束をされておりません。 お会いになりますか?それともお引き取り願いま

しかし彼は過去に女性軍人と関わったことを覚えているようには見え

社長に会いたがっておられます」 アーロンは自

とは余程自信があるんだろうな」 通してあげなさい」

ドがまだ自分のことを覚えているかどうかさえも分からなかった。 会見を待っている間、そわそわとした様子で手のひ

かもしれないが、 俺の心と愛は決してお前に属さない。 肉体関係を結ぶために俺に薬を飲ませるなんて、

何も知らなかったのだ。 気が付いたら全裸で彼の腕の中で眠っており、体中が痛んだことしか覚えていない。 その男は彼女に

も薬を盛られたのだろう。 過去6年間、エドワードが数多くの女優やアイドルと関係を持っているそうで、それについてのゴシッ

き合おうが、寝床を共にしようが、彼女の知ったことではなかった。 実のところ、彼はもうずっと前に彼女のことなど忘れてしまった様に見えた。 このような予期せぬ状況がなけ

た時、母親ははっと我に返った。 デイジーはしばらくの間ぼーっと考

子だった。 彼女はあの夜の後に妊娠するなんて夢にも思っていなかった。 幸か不幸か、彼の遺伝子と優れた能力のおかげで、この魅力的な息子を

と? パパは僕たちに会いたくないって?」 ジャスティ

女は根気よく説明した。 父親のことについて息子に隠すことなく全部正直に話していた。 息子はいつも何故パ

って接した。 その少年にとてもなじみのある何かを感じたからだ。 し

それから彼女は静かにその場を去った。 デイジーは陸軍の軍服を着て

間、自分の気持ちを抑えようとし、この関係を諦めて

かったので、デイジーはみんなの注目を集めていた

子の手をしっかりと握り締めた。 ジャスティンは母親の感情をしっかりと感じ取っていた。ママの強く握りしめた手は痛かったけれど、今度は何も言わ

っていた。 予想に反して、自分でも信じられないほど落ち着いていた。それでも、目の前の男に恐れをなしていることを察されないよう最善を尽く

息子の世話をお願いします。 任務が終わったらすぐ迎えに来るから」 デイジーは事

自分が知りもしない小さな男の子の世話をしなければならないのか解らずに混乱していた。 目の前の女

をしていたが、まさかエドワードが全く思い出さないと

彼女は言った。 去る際に、彼女の携帯電話から広いオフ

すぐ戻る。 彼らの位置情報だったら直接軍に連絡して頂戴」 そう言った後、

ことを無視している? 誰も私の魅力に抗うことは出来ないはず

く触れた。 息子の乳母は、丁度彼女が陸軍の軍事訓練に行くタイミングで辞めてしまった。 短期間で新しい

、心配しないで! いい子でいるから」 優しい笑顔で答えた。 しかし、ジャスティ

すぐにオフィスから走り去った。 エドワードは、その少年が彼の息子である

そしてただの一度も恋しいとすら思ったことのない妻だった。 彼女は風のように現れ

img
目次
第1章また会う日まで 第2章父と息子 第3章社長の愛息 第4章役立たずの女は嫌いだ 第5章ジャンクフード 第6章第6章 ボスは誰? 第7章小さなムー氏 第8章ママからパパを盗らないで 第9章Capítulo独立した小さな男の子 第10章俺がこの子の父親だ 第11章転園
第12章俺のことが好き?
第13章妄想癖
第14章ママに会いたい
第15章ここに君の居場所は無い
第16章変人
第17章この悪魔は誰
第18章一緒に倒れて
第19章恥のかかせ合い
第20章Capítuloフルーツレスラブ
第21章Capítulo女性を隠す
第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています
第23章Capítuloあなたは奇跡です
第24章Capítulo私たちが見る
第25章Capítuloジャスティンは誰ですか
第26章Capítuloエドワードの荒廃
第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか
第28章Capítulo彼は今日怒っていた
第29章Capítuloママが泣いた
第30章CapítuloIt'sMe、Edward
第31章Capítulo私はあなたを気にしません
第32章CapítuloLothario
第33章Capítuloあなたはお互いを知っています
第34章Capítulo教えてくれませんか
第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人
第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか
第37章CapítuloはMu氏を怒らせた
第38章Capítulo難民
第39章Capítulo彼女は明日来る
第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか
第41章Capítulo私は彼女の夫です
第42章Capítulo私の妻
第43章Capítulo家に帰ろう
第44章Capítulo私はそれを取ることができません
第45章Capítuloキスしたら目を閉じて
第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです
第47章Capítuloお父さんは食べられない
第48章Capítulo離れないでください
第49章CapítuloSeeMeOut
第50章Capítulo私はあなたと話している
第51章Capítulo彼女は誰ですか
第52章Capítulo電話に出られませんでした
第53章Capítuloあなたは何をしていますか
第54章Capítuloは別の車があります
第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください
第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか
第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か
第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です
第59章CapítuloGiveMeYour Phone
第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第61章Capítulo戻ってきたら整理します
第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています
第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています
第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください
第65章Capítuloミスデイジー
第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった
第67章Capítulo最近はかなり忙しい
第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男
第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか
第70章Capítuloくそー嫉妬
第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo
第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか
第73章CapítuloミスOuyangはここにあります
第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました
第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか
第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか
第77章Capítulo私は助けることができます
第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません
第79章Capítuloいつ結婚しましたか
第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません
第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです
第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している
第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか
第84章Capítuloあなたは私を心配していますか
第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて
第86章Capítulo私は誰であると思われますか
第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか
第88章Capítuloあえて彼女に触れて
第89章Capítuloあなたは薄すぎる
第90章Capítuloあなたはそのような悪党です
第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます
第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です
第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください
第94章Capítulo老婦人
第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている
第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る
第97章CapítuloCallMeBaby
第98章Capítuloこれは許容範囲です
第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください
第100章Capítulo私は愚かだと思いますか
img
  /  12
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY