img 俺の妻はそっけない女  /  第8章ママからパパを盗らないで | 0.69%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第8章ママからパパを盗らないで

文字数:5763    |    更新日時: 09/04/2021

った。 この絶世の美女がパーティーに現れるなり、すべての男性の目が彼女に釘付けになった。 彼女は今、美しい目をきょろきょろさせ、おなじみの姿を探していた。 とう

たから。 そう。この女性はジェシカだ。 ムー氏がどれだけ他の女と浮名を流そうが、 彼女とはずっと関係を続けてきた。 した

び込んだ。 同時に、自分たちの特別な関係をひけらかすかのよう

なかったので、 エドワードは少し驚き、 思わずふさふさとした美し

いから、私が代わりに来たの。 私に会えて嬉しくないの

彼女を押しのけなかった。 しかし、遠くからその光景を見ていた誰かが怒りを爆発させ、何も食べずにエ

ちを追い払う、という使命に駆られたのだ。 恥知らずな女がパパの腕にぶら下がってい

かわいらしい表情で父親の腕にしがみつき、ジェシカを追い払った。 「ふん! パパはママの

パンを噴出した。 そして、むせてしまいそうになり顔が真

さな男の子がエドワードをパパと呼んだのを聞いて、人生最

ードの息子なんて有り得ない。 そんなわけ無いもの。 こんな事あるわけが無い。 しかし、なぜこの子がエドワード

ていくのにも気付かなかった。 その答えを聞き、ジェシカは少し後退りした。 彼女はいつ気を失ってもおかしくないくらい弱弱しく

移り気ではあるが、それでも長年彼女と一緒だった。 そのような縁があるので、最終的に彼と結ばれるのは 自分に違いないと思い込んでい

全て終わりになってしまうと思い、あえてその場に留まった。 エドワードと長年連

観察した。 そして微妙な冷笑さえ浮かべながら、 息

まえ、思慮深く振る舞ってくれる女なので、あいまいな関係を保つのに好都合だったのだ。 だが実のところ、女性と深く関わることが好きではな

歩踏み出し、ジャスティンの小さな顔に触れながら言

いることをわかっていたが、まさか妻でもいるとは夢にも思っておらず、まだ彼と結婚すること

な気持ちになり、 一瞬言葉を失い、頭の中でこの子供を呪った。 「ふふ、あなたのお父さんと結

ママのポーカーフェイスの方が断然

ドはジェシカとの関係を清算する決心はしていたが

変え、哀れを誘う顔でエドワードを見つめた。 エ

て、エドワードの姿を満足そうに見た。 レン家とムー家は何世代にもわ

エドワードがロイドにハグをすると、ルー

だい?」 ロイドは贈り物を見ること

んにご挨拶して」 エドワードは

寿をお祈りします!」 ジャスティンは子供らしい声で言っ

く孫が欲しくて仕方なかったが、彼の息子はまだ独身だった。 なので彼はジャスティンの可愛いさに目を細めた。 エドワードの両親は、孫の存在を知

す。 叔父さんは子供好きだと存じて、会わせようと連れてきました」

拶しにやって来た。 「ロイド叔父様、お誕生日おめでとうござい

麗になったなぁ」 ジェシカは照れ

ジャスティンは敵意を持ってジェシカを睨みつけ

しまったのだろう? 何も身に覚えがないにも

ので、ロイドはジェシカのこともよく知ってい

い?」 ロイドはジャスティンを見れば見るほど気に入

いおじいさんが好きだったが、もし一緒に行ってしまえば、こ

パパと呼ばなかったが、ジェシカが現れた途端、パパを連呼しているのだ。 それは故意に行ったことだ。 エ

ないのを見て、ジャス

ロイドとジャスティンが背を向けた途端、彼女はまるで何

ざに笑い、彼の美しさは光の投

に寄せ、熱い吐息を吐きながらそっと尋ね、彼の体にすり寄った

ードはジェシカに優しくキスし、細い指先で彼女をじ

すぐにでもこの男の上に横たわりたがっていた。 ジャスティンはそんな二人の様子を遠くから眺めながら気が

の先は常に遠くにいる二人に固定されていた。 いちゃいちゃしている

を手に取り、二人に駆け寄った。 程よい距離に近付いた時、彼はつまずいたふりをして、手に持っていたアイスクリームがジェシカの

た。 ジェシカが我を忘れて大声で叫んでも無理はない。  エドワードとの熱い夜に浸った直後にまさか冷たいアイスクリーム

り乱し、数分前にあったはずの魅力を全て失った。 エドワードはすぐ我に返ったが、目の前のお姫様を助けるのではな

は心配でいたたまれない様子で、少

痛かったであろう。 痛い! 苦痛に悶えるジャスティンを見ながら、エドワードの胸は痛んだ。 自分が女性とイチャイチャしていなけ

めに来るべきじゃない? なぜこの小さなろくでなしの心配ばかりするの?」 彼女は怒りに震えながら思った。 ジェシカは

クが遅からず早からず、完璧な節で現れた。 実のところ、彼はその女性が

ジャスティンは女性を追い払うとい

img
目次
第1章また会う日まで 第2章父と息子 第3章社長の愛息 第4章役立たずの女は嫌いだ 第5章ジャンクフード 第6章第6章 ボスは誰? 第7章小さなムー氏 第8章ママからパパを盗らないで 第9章Capítulo独立した小さな男の子 第10章俺がこの子の父親だ 第11章転園
第12章俺のことが好き?
第13章妄想癖
第14章ママに会いたい
第15章ここに君の居場所は無い
第16章変人
第17章この悪魔は誰
第18章一緒に倒れて
第19章恥のかかせ合い
第20章Capítuloフルーツレスラブ
第21章Capítulo女性を隠す
第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています
第23章Capítuloあなたは奇跡です
第24章Capítulo私たちが見る
第25章Capítuloジャスティンは誰ですか
第26章Capítuloエドワードの荒廃
第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか
第28章Capítulo彼は今日怒っていた
第29章Capítuloママが泣いた
第30章CapítuloIt'sMe、Edward
第31章Capítulo私はあなたを気にしません
第32章CapítuloLothario
第33章Capítuloあなたはお互いを知っています
第34章Capítulo教えてくれませんか
第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人
第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか
第37章CapítuloはMu氏を怒らせた
第38章Capítulo難民
第39章Capítulo彼女は明日来る
第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか
第41章Capítulo私は彼女の夫です
第42章Capítulo私の妻
第43章Capítulo家に帰ろう
第44章Capítulo私はそれを取ることができません
第45章Capítuloキスしたら目を閉じて
第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです
第47章Capítuloお父さんは食べられない
第48章Capítulo離れないでください
第49章CapítuloSeeMeOut
第50章Capítulo私はあなたと話している
第51章Capítulo彼女は誰ですか
第52章Capítulo電話に出られませんでした
第53章Capítuloあなたは何をしていますか
第54章Capítuloは別の車があります
第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください
第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか
第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か
第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です
第59章CapítuloGiveMeYour Phone
第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第61章Capítulo戻ってきたら整理します
第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています
第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています
第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください
第65章Capítuloミスデイジー
第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった
第67章Capítulo最近はかなり忙しい
第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男
第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか
第70章Capítuloくそー嫉妬
第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo
第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか
第73章CapítuloミスOuyangはここにあります
第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました
第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか
第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか
第77章Capítulo私は助けることができます
第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません
第79章Capítuloいつ結婚しましたか
第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません
第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです
第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している
第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか
第84章Capítuloあなたは私を心配していますか
第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて
第86章Capítulo私は誰であると思われますか
第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか
第88章Capítuloあえて彼女に触れて
第89章Capítuloあなたは薄すぎる
第90章Capítuloあなたはそのような悪党です
第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます
第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です
第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください
第94章Capítulo老婦人
第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている
第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る
第97章CapítuloCallMeBaby
第98章Capítuloこれは許容範囲です
第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください
第100章Capítulo私は愚かだと思いますか
img
  /  12
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY