img 俺の妻はそっけない女  /  第6章第6章 ボスは誰? | 0.52%
アプリをダウンロード
閲覧履歴

第6章第6章 ボスは誰?

文字数:5699    |    更新日時: 09/04/2021

らの会話に耳を傾け、 お利口にするふりをしながら、大

ね、 一体どんな会議やら、 と小さな男の子は思った。 本当のところ、エドワードはただ美しい女性たちに会いたかった。 しかし、たかが5歳の子供だと思って相手をなめ

パソコンを貰ってないもの」 ジャステ

ら今秘書に連絡してすぐに届けさせるから」 と

う置き去りにするの?」 ああ!この子は何でまたそんな罪悪感を抱かせるようなことを言うんだ。 先に帰っ

お仕事が終わったらすぐに戻るって約束するから」 信じられるかよ! 「お仕事」を終えるまでにどのくらい掛かるのか? 女性たちとの

魔しないって約束するから!」 ジャスティンは同情を誘うように目をぱちぱちしながらエド

ブリッ子かと思うような可愛い仕草で駄々を捏ねている。 なぜエドワードはジャスティンの思考について行けなかったのか? 誰がジャスティンのような可愛い小さな子供の要求をバッサリ切り捨

かった。 先頭だって車から降りるなりその暑さに衝撃を受けた。 彼は小さな肉付きの良い手をぎゅっと掴

い天気に慣れていて、別段暑さを厭わなかった。 軍隊では、すべての兵士が燦燦とした太陽の下で訓練を受けるのが日常だったので、

かいてベタベタになるのが大嫌いで、暑い日が何よりも嫌だった。 なので、夏の間は外回りから戻った後

く、扉が開いたエレベーターから外に出た。 ジャスティンは、父親のおかしな

を気に病むことは無かった。 今はそん

ートパソコンに駆け寄った。 目の前の電子機器以

トパソコンの方が上だった。 そして、そ

上げた。 それから脇目も振らず、ひたすら遊んだ。 彼の小さな顔は幸せに満ち溢れ

っているのを見て驚いたが、すぐにその少年がノートパソコンに熱中してい

た。 だが副社長が多くのことを処理しているから、 通常すべての業務をこなす必要

かった! しかしその時、副社長の背中に突然悪寒が走っ

った。 彼には何かに取り組んでいる時、完全な静寂を必要としていた。 だから通常、許可なしに誰も余計な音を立てることは許されなかった。

イスブックの着信音が鳴るのか。 いったいこの少年は誰とチャットしているのだろう? 5歳の子供がそんなにも言語

興奮に明るく輝いていた。 柔らかな短い髪が額にはらりと落ちて彼の冷淡さを消し去り、優し気な少年に見せた。 外見は

イスブックに夢中で、父親のことなど気にも留めない様子だった。 だが実際、その取り乱したよ

め始めた。 この小さな男の子があとどれ位の間、無関心なフリをすることができるのか見届けたいと思った

ードはそれでも止めなくて、 小さな男の子を見つめ続けた。 ジャ

ドがきまりの悪い思いをする番だった。 父親らしい目、じゃなくて? 何がどうなったらエロい目に見えた

知ってるの? 意味も分からないのに使うものじゃ

ジャスティンは突然冷めた男の子に戻って、

かい?」 エドワードは危険そうに目を細め

いよ」と言った。 自分のことを誰が何と言おうと、ジャスティンは気にしない。 でも母親の事となっ

気が付いた。彼の小さな白い顔がどういうわけ

いるの?」 もちろんエドワードは、ジャスティンが自分のことを

があるだろう。 母親は彼が産まれた時からずっと一緒だが、エ

を守らないといけないんだ」 ジャスティン

ずだったが、彼の息子はこの幼さでそれを引き受けた。 自分の妻は確かに息子

ン、

ら彼を救った。さもなければ、どんな面を下げてジ

ノックの主にこれほど

す。ご確認お願いします」 事務局長の

に出席させて下さい。 今晩は先約があります」

でもかんでもアーロンに任せて大丈夫なのかしら? アンナはそれがアーロンにとって不

は出席しないわけにはいかないだろう。 そうでなければ、レン家はエドワードの欠席を

せばレン家の顔が立つってものだろう。 彼とレン家は

れで失礼いたします」 彼女は不思議そうにジャ

にスタンバイ状態で、父親の会話の詳細を聞き逃すことは無か

に帰って待つという設定をちゃんと理解しているかどうか確認する

ンちゃん、お

だ。 もちろん彼はそうするだろう。 外出しなければデート

んだ、終わったら直ぐにおう

興奮に満ちていた。 要求を呑んでもらうには、まずこちらか

で、エドワードは驚いた。 「パパ」と呼ばれることは思っていなかった。 彼はと

されていたのだ。 それもただ「パパ」と呼ばれただけで…

そして次は... エドワードにとって、 次の戦いに心の準備をしたほうがいい。 なぜなら、「一生忘れられないよう

img
目次
第1章また会う日まで 第2章父と息子 第3章社長の愛息 第4章役立たずの女は嫌いだ 第5章ジャンクフード 第6章第6章 ボスは誰? 第7章小さなムー氏 第8章ママからパパを盗らないで 第9章Capítulo独立した小さな男の子 第10章俺がこの子の父親だ 第11章転園
第12章俺のことが好き?
第13章妄想癖
第14章ママに会いたい
第15章ここに君の居場所は無い
第16章変人
第17章この悪魔は誰
第18章一緒に倒れて
第19章恥のかかせ合い
第20章Capítuloフルーツレスラブ
第21章Capítulo女性を隠す
第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています
第23章Capítuloあなたは奇跡です
第24章Capítulo私たちが見る
第25章Capítuloジャスティンは誰ですか
第26章Capítuloエドワードの荒廃
第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか
第28章Capítulo彼は今日怒っていた
第29章Capítuloママが泣いた
第30章CapítuloIt'sMe、Edward
第31章Capítulo私はあなたを気にしません
第32章CapítuloLothario
第33章Capítuloあなたはお互いを知っています
第34章Capítulo教えてくれませんか
第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人
第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか
第37章CapítuloはMu氏を怒らせた
第38章Capítulo難民
第39章Capítulo彼女は明日来る
第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか
第41章Capítulo私は彼女の夫です
第42章Capítulo私の妻
第43章Capítulo家に帰ろう
第44章Capítulo私はそれを取ることができません
第45章Capítuloキスしたら目を閉じて
第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです
第47章Capítuloお父さんは食べられない
第48章Capítulo離れないでください
第49章CapítuloSeeMeOut
第50章Capítulo私はあなたと話している
第51章Capítulo彼女は誰ですか
第52章Capítulo電話に出られませんでした
第53章Capítuloあなたは何をしていますか
第54章Capítuloは別の車があります
第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください
第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか
第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か
第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です
第59章CapítuloGiveMeYour Phone
第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第61章Capítulo戻ってきたら整理します
第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています
第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています
第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください
第65章Capítuloミスデイジー
第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった
第67章Capítulo最近はかなり忙しい
第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男
第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか
第70章Capítuloくそー嫉妬
第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo
第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか
第73章CapítuloミスOuyangはここにあります
第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました
第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか
第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか
第77章Capítulo私は助けることができます
第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません
第79章Capítuloいつ結婚しましたか
第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません
第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです
第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している
第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか
第84章Capítuloあなたは私を心配していますか
第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて
第86章Capítulo私は誰であると思われますか
第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか
第88章Capítuloあえて彼女に触れて
第89章Capítuloあなたは薄すぎる
第90章Capítuloあなたはそのような悪党です
第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます
第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です
第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください
第94章Capítulo老婦人
第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている
第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る
第97章CapítuloCallMeBaby
第98章Capítuloこれは許容範囲です
第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください
第100章Capítulo私は愚かだと思いますか
img
  /  12
img
アプリをダウンロード
icon APP STORE
icon GOOGLE PLAY