img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう  | 0.27%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう
文字数:2958    |    更新日時:20/02/2021

現在、ナンシーは国中の有名な小児科の病院から引く手あまたの、世界的に名の知られた才能あふれる人物になっていた。

しかしながら、それでも自分の国に帰った。 何が起こったにせよ、そこは彼女がいまだに故郷と呼ぶ場所だったのだ。

「ナンシー!」 人ごみの中から聞き馴染みのある声が聞こえた。

「ドリス、ずいぶん早いわね!」 彼女はその声がどこから来たのかわかった。 ナンシーは歩みを進め、親友を抱きしめた。 最後にドリスに会ってから本当に長い時間が経った。

ドリス・へーは目を回した。 「あたりまえでしょ。 親友なんだから。 今向かってるって言われた瞬間仕事を放りだしてきたわ!」

ナンシーは体を引き離した。 「ありがとう!」

彼女の母親が病気で精神の具合が不安定だった5年の間、ドリス・へーはいつもそばにいて、その怒りと話に耳を傾けていた。

「友達なんだから。 ほら行こう」 ナンシーと腕を組んで、ドリス・へーは自分の中古のフォルクスワーゲンビートルに向かって歩いた。

「お姉さん、お金を少しくれませんか? お腹がすいているんです」

自分たちの日々のことについておしゃべりをしていると、小さな汚れた手がナンシーのシャツの裾を掴んで彼女の歩みを止めた。

下に目を向けると、硬貨を求めて手を上げている髪のぼさぼさな男の子が目に入った。

彼女の胸が痛んだ。 あの子はこの子と同じくらいの年に違いない。

「お父さんとお母さんはどこかな?」 ナンシーは中腰になって彼を見た。

その少年はこたえとしてただ首を横に振った。

「優しすぎるわよ、ナンシー。 近頃は、親が子供に物乞いをしてくるよう頼むのよ。 聞いたことない? それが彼らの新しい手口なの」 ドリス・へーはかぶりを振りながら鼻を鳴らした。

「僕は違うよ! そんなこと言わないで!」 その小さな男の子は不満に足を踏み鳴らした。 彼のドリス・へーを見つめるその目には、明らかな怒りが浮かんでいた。

誰もこんなかわいい男の子に、ノーなんて言えないだろう。

しかしドリスは本当に気にしていなかった。

「僕には、ママもパパもいないんだ、ねえ、お姉さん」 彼はお人形のように目を瞬かせながら、ナンシーの腕を引っ張った。 「お願い、僕にご飯を買ってくれませんか?」

「よし」 ナンシーはいつも子供たちに優しかった。

「いつもおせっかいなほうを選ぶのね」 ドリスは首を振りながら鼻を鳴らした。 彼女は絶対にこのような人たちに身の上話をさせる機会を与えなかった。 彼らの何人かがどのような罠を企んでいるかを見た後では、彼らを信じないようそれを胸に留めていた。

応えるようにその小さな男の子は彼女におどけた顔をした。

「一食だけよ、ドリス」 ナンシーはドリスの心配をよそに、その男の子の手を愛情をこめて握った。 「お名前は?」

「僕の名前はボビー」 、彼は少しの間考え込んだ。 たくさんの新聞が彼のことを探していたので、彼は普段自分の名字を教えなかった。

「ボビー。 良い名前ね」 ナンシーはその幼い男の子の髪をくしゃくしゃにした。

「あなたの名前はナンシー?」 、彼は聞いた。

「なんで知ってるの?」 彼女自身が答える前に、ドリスが大きな声を出した。

「馬鹿だね。 あなたが彼女のことを名前で呼んでたのを聞いただけだよ」、ボビーは言った。

「何ですって… いい?私はドリス、世界一ではないにしてもこの国で一番頭のいい人間よ。 あなたのお尻を蹴られるようにここに来てちょうだい!」 そう言いながら、ドリスは手を上げていて、まるで彼を打とうとしているような動きを取っていた。

ボビーは素早くナンシーの背後に隠れて、ドリスに舌を突き出した。

彼らが戯れているちょうどそのとき、モールの電子スクリーンがお知らせを表示した。 「ボビー氏、 フー家の若い跡取りが12時間行方不明。 これが彼の写真です。 もし彼を見つけたら下記の連絡先に電話をお願いします。 見返りとして、現金で何億円を差し上げます」 そう書いてあった。

「あの電子スクリーンには何?」 ドリスは眉をひそめて振り返ろうとした。 しかし、それを見る前にボビーが彼女に向かって叫んだ。

「臭豆腐が大好きでしょう? ねえ?」

「何ですって?」 ドリスが腰に手を当てて彼を振り返ったころには、電子スクリーンのことは彼女の心の中からもう消えていた。

「ほら、太ってる人は臭豆腐を食べるのが好きだって聞いたし、あなたはこの優しいお姉さんより太ってるから、臭豆腐好きなんだと思って」 ボビーはスクリーンを盗み見ながら話し続けた。 そのお知らせはすでに消えていた。 ラッキーなことに彼らはそれを見なかった。

「このわんぱく小僧! 私が太っているのは… それは… もう、それは臭豆腐のせいじゃないわ!」 ドリスは真っ赤になった。

彼女はいつも横腹のあたりがぽっちゃりしていたが、それはもらったものをすべて食べていたからだった。

臭豆腐は好きだったが、それはわざわざ認めるようなことじゃなかった!

ナンシーは微笑んでからかった。「まあ、彼はある一点では正しいわね。 あなたは何年も臭豆腐が大好きだもの!」

ドリスは鼻を鳴らしながら腕を組んだ。 「彼と会ったばかりなのにもう彼とチームを組んだのね。 まるで自分の息子みたいに、小さな男の子のことを可愛がるんだから」

「もう何言ってるんだか」 ナンシーは彼女の視線を避けて笑った。 これは5年の間隠し続けていた話題で、ドリスが持ち出すまで本当にそのことを話したことがなかったのだ。 彼女はボビーのほうを向いた。 「何が好きなのか言ってごらん」

「アワビ... アワビ粥、オーストラリア産ロブスター… それから…」 ボビーは過去にそれらのものを食べてきており、本当にそれ以外のものを食べたことがなかった。 それを思うと、これらの食べ物はいつも彼の最初の選択肢だった。

しかし言い終える前に、ドリスが彼を遮った。 「ちょっと、冗談でしょ? アワビ? ロブスター? 私たちが金持ちか何かだと思ってるの? いい、あなたのは蒸しパンと具入りのパン、それだけよ!」

「やさしい、お姉さん。大丈夫だよ。 僕はいい子だから。 それにするよ」 ボビーはお金を乞うのがどれだけ大変なことなのか思いつきもしなかった。そして今ようやくナンシーのような心優しい人に会ったので、彼女を手放したくなかった。

そのうえ、彼には具入りのパンとアワビの違いを理解していなかった。 どちらも食べ物だ。

彼が裕福な家に生まれ育っていたとしても、それらの食事の価値を本当にはわかっていなかった。

「大丈夫よ。 アワビ粥とオーストラリア産ロブスターを食べさせてあげられるわ。 私も大好きなの」、ナンシーは微笑みながら告げた。

「ほんとうに?」 彼は目を輝かせた。 「彼女が僕の母親だったらなあ」と考えた。

空は徐々に暗くなっていった。

季節は夏だったが、フー家の雰囲気は氷のように冷えていた。

明るく照らされた別荘の広間で、アンジェリーナ・ファンは不安そうに行ったり来たりしていた。 「チャールズ、何か言ったらどうなの?」 彼女は両手を顔のところまで持ち上げながらそう言った。 「あの子に何が起こったのよ? 人身売買の組織に誘拐されたんじゃないかしら?」

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img