img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第33章ブラインドデートなんて要らないわよ  | 
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
3109    |    08/04/2021

しかしながらドリスは先生のことを無視し、腹を立てて出ていったのだった。

大学に進んだ後、先生が言った言葉の意味が徐々に分かっていった。 率直な人間で簡単に人を怒らせたり人に腹を立てたりした彼女が 女優になるのはとても難しいことだっただろう。

しかしやっと先生が心配していたことを理解した後でも、彼女の女優になりたいという夢は消えていなかったのである。

「俺と腕を組んで!」 ジェイが低い声で言った。

「ええ…」 ドリスは素直に腕を組んだ。

案の定、人々の彼女への認識の仕方がすぐに変化し、 さらに多くの人が彼女のことをちらちらと見始めた。

次にジェイに挨拶をしに来た男性は礼儀正しく微笑みながらこう言った。

「こんにちは、 ファンさん。 こちらはどなたですか? 」

その瞬間ジェイは自分が彼女の名前を知らないことに気が付いた。

しかし彼女が自分のことを「三歳児」と呼び続けたことが気に入らなかったので、この機会に仕返しをすることにしたのだった。

「こちらは、アホさんだ」

話相手のその男性はよく考えずにその名前を受け入れて、ドリスと握手

—— ——
            
img
img
  /  8
img
img
img
img