img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか?  | 0.53%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか?
文字数:3268    |    更新日時:20/02/2021

「でもナンシーお姉さん、僕にはママはいないんだ。 僕以外の子はみんなママがいるんだ…」 話すほど、ボビーの声は弱くなっていった。 最後には、悲しそうに口をとがらせてナンシーを見た。

自分に母親がいないことが彼は本当に嫌だった。

それが彼が幼稚園に行くのが嫌な主な理由でもあった。

少年の声がナンシーの心を動かした。 彼女はなんとか笑顔をつくろって言った。「よし、私のことを『ママ』って呼ぶのは周りに人がいない時だけって約束しなきゃだめだよ、わかった?」

「わかった、お姉さん、ママ、ママ、お姉…」 ボビーはうれしくてたまらなくなってしどろもどろに口を動かした。 「僕にもやっとママがいる! ママ… 今日は一緒に寝る。 僕がお話をしてママを守る。 僕は本物の男だから、できるからね」

ナンシーはくすくす笑って、彼を抱っこした。 「あなたはまだまだ子供だよ。 ママがお話をしなきゃだよね?」

「わかったよ…」 彼女の首に腕を回しながら、ボビーは眠そうに同意した。 彼をベッドに寝かせると、ナンシーはおとぎ話をし始めた。

間もなく、彼は彼女の腕の中でぐっすりと眠りへと落ちていった。

しかしながらナンシーは今までにないほど目が冴えていた。 ボビーの小さなかわいい顔を見て、自分が産んだ子供のことを思い、今彼がどこにいるのかと思った。

ボビーを抱いているように、彼にも腕に抱いてもらう母親がいるのだろうか?

自分の産んだ息子の居場所を考えると彼女は胸が痛んだ。 残念なことに、将来的に彼の居場所をたずねたり探したりしないという同意書に署名していたから、 どれだけ彼のことを恋しく思っても、彼女にはどうにもできなかった。

ナンシーが考えに耽っていると、正面玄関のドアがノックされた。

「ドアを開けなさい! 今すぐに!

ボビー、そこにいるのか?」 、外から聞こえる男の声。

すぐさまナンシーはベッドから飛び上がってぼんやりとドアを開けに走った。

家の前には人がたむろしていた。

彼女がドアを開けた瞬間、男が二人踏み入って彼女を押しのけた。

「ジェイ、この女性を縛り上げろ」

こう告げたのはチャールズに違いなかった。 ボビーの失踪の知らせを聞いた後、彼はジェイに会うために空港に急いだ。 すぐさま二人は監視カメラの映像を舐めるように見て、ボビーに何が起こったのかを見た。

驚いたことに、捜索隊から隠れるために彼は汚いホームレスの男の子に変装していたのだ。

なんて狡猾な子供なんだ!

さらに見ると、ボビーが二人の女性に連れていかれたのがわかり、その二人組がいい人なのかどうなのかわからなかったので彼らは心配に拳を握りしめた。

ボビーがどこに連れていかれたのかわかるころには真夜中になっていた。

「何してるのよ?」 不審者が家に押し入って、自分のことを縛り上げようとしているので、彼女はパニックになってそうたずねた。

この時すでにチャールズは寝室に急いでいた。

この騒ぎで目を覚まして、ボビーはベッドに座りながら目をこすっていた。 視界がはっきりすると、目の前に座っている父親が見えた。

「ボビー、大丈夫か?」 、チャールズは神経質にたずねた。

予想外に、ボビーがチャールズを見た瞬間、彼はキルトで自分を覆って泣いて駄々をこねた。「パパは嫌だ。 パパとは一緒に行きたくない…」

「馬鹿な子だな! お前はよく知らない女の人とここに来たんだ。 彼女がお前を売ったらどうする? 今すぐお前を家に連れて帰る」

「彼女はそんなことしない! 僕のママなんだ、世界で一番のママ。 やっと僕は見つけたんだ。 パパとは一緒に帰りたくない」、とボビーは子供らしい声で言った。

これを聞いてチャールズは腹を立てずにはいられなかった。 普段ボビーは自分に近づく女性のことを嫌っていた。 こんな短い時間一緒にいただけでどうしてこの女性を「ママ」と呼ぶことができるのだ?

なんて悪巧みの女なんだ!

彼はだし

ぬけにキルトを取り上げ、ボビーを持ち上げた。

「ボビー、聞くんだ。 お前はここにはいられない。 わかるか? おばあちゃんが家でお前を待っているんだ。 パパと一緒に戻ろう!」 チャールズはしびれを切らしてそう言った。

しかし彼のその命令口調は、ただボビーをなお一層動揺させただけだった。

腕の中で、「ママ、行きたくないよ! 助けてママ!」と叫びながらその男の子は彼を蹴ったり叩いたりしていた。

その叫び声を聞くとチャールズの顔は険しくなった。

一方で、ナンシーの胸は沈んだ。 ようやくなぜ彼らが家に押し入ってきたのかわかった。

やはりこの坊やには家族がいたのだ。

「私は人身売買業者じゃないわ。 空港の近くで彼を拾ったのよ。 離して!」 、彼女は噛みついた。 すでに気分が悪かったが、ボビーの叫び声を聞いた後ではさらにいらいらを募らせていた。

「なんとまあ、お嬢さん、子供を拾うのがずいぶん上手いんだな! 財布を拾う人の事なら聞いたことがあるが、子供を拾う人の話を聞いたのはこれが最初だ。 人を拾う才能があるみたいだから、俺みたいな身の丈のあった人間を選んだら? もし君が俺を拾えば、少なくとも何かが手に入る。 もし君が子供を拾えば、トラブルに巻き込まれるだろう。 わかったか?」 、ジェイはそう言ってナンシーを馬鹿にした。 もし彼女が彼を家に連れて行って共に一夜を過ごせたら、それはそれは素晴らしいだろうと思うほど、彼女は優美だった。

ナンシーは目に軽蔑を浮かべてジェイを見て、鼻を鳴らした。

このような男と話すことは彼女が最もやりたくないことだった。

「失礼、どうか子供を怖がらせないでください。 全て説明します。 よろしいですか?」 ナンシーは内心怒っていたが、声色を柔らかくしようと誠実にそう告げた。

ようやくチャールズの目がナンシーの顔に落ちた。

この女性は… 彼女が夢に見ていた女性にとても似ていることに気が付いて、彼は顔をしかめた。

これは偶然か何かだろうか?

「彼女を離すんだ!」 チャールズは低い声でそう命令した。

「わかった」 ジェイは忍び笑いながらナンシーの腕を離した。

「ママ…」 、ボビーがすすり泣いた。

「泣くな。 聞いてるか?」 チャールズはボビーのお尻を軽くたたいた。

ボビーは、自分を産んだ女性がどんな見た目であるかさえ知らないのだ。 そして、どんな女性とも仲良くならなかった。 彼がよく知らない女性のことをそう簡単に「ママ」と呼ぶのは筋が通らないことだった。

「すみません、彼は子供です。 重く捉えないでください」 ナンシーは痛む腕をさすりながら歩いた。

彼女はボビーの小さな頭をなでるために手を持ち上げて言った。 「泣かないで、ボビー、男の子でしょ。 勇敢で強いんだよね? 私のことを守ってくれるって言ったでしょ?」

ボビーはぱちぱちと瞬きをした。 もちろん彼は勇敢で強い男だった。

しかしながら威圧的なパパの前では、泣くのが彼のもっとも効果的な武器だったのだ。

その脂肪のついた両手で涙をぬぐって、「パパが連れていかないなら僕は泣かない」と言った。

「パパと取引しようってか? ずいぶん大人になったんだな?」 チャールズは怒鳴って、ボビーを家から連れ出そうとした。

すぐさまボビーの目に涙が浮かんだ。

その時、隣人からいら立った叫び声が飛んできた。 「うるせえ! なんだってんだ? こんな真夜中に喧嘩してんのか?

みんな寝てるんだ、わかるだろ?」

「ほら、あなたの泣いてるベイビーを連れて行ってちょうだい!」

羞恥に頬を染めてナンシーはそっと言った。「断りなくボビーをここに連れてきてすみませんでした。 彼に家族がいると知らなかったんです。 私は悪人じゃないと誓います。 名前はナンシー。 今日海外から戻ったばかりなんです。 市立病院の医者です」 それから彼女は身分証を取り出して続けた。「どうぞ私の身分証をご覧になって…」

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img