img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第61章Capítuloナルシスト  | 8.08%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第61章Capítuloナルシスト
文字数:5030    |    更新日時:08/04/2021

「はい、1つはあなたのため、もう1つはミス彼のためです。 氏。 フーは彼女を連れて行けると言った」とヒラムはさりげなく答えた。

ぎこちない沈黙がありました。 「彼女がどこに住んでいるのかさえわからない」とジェイは悲しいことに思いました。

問題は、ドリスがどこに住んでいるのかわからなかったのは彼のせいだった。 彼は彼女を追い払ったので、誇りを持って彼女を探すことができませんでした。

"どうしましたか? 落とすのは不便ですか? もしそうなら、私はそれを氏に戻します。 フーとそれを説明してください。」 ジェイは返事をしませんでした、そして、ぎこちない沈黙は彼らの間で再び広がりました、今回はもっと長く。

「ええと」 ジェイは、返事を少しずつ出すことを望んで、喉をすっきりさせた。 それから彼はついに答えました、「いいえ、それは大丈夫です。 私はそれを彼女に届けます。」

"それは良い。 そして氏。 牙さん フーは遅れないでくださいと言った。」

その日はぼんやりと過ぎ去り、ジェイがドリスを探し出すのは翌朝突然でした。

ジェイは自分の服に特別な考えを入れました。おそらく彼女に似合うのは緊張していて、おそらく時間を稼ごうとしているだけです。 やがて、彼は医科大学の付属病院にいることに気づきました。

彼はドリスがどこに住んでいたか知らないかもしれませんが、彼女がどこで働いていたかは知っていました。

幸いなことに、ドリスはその日外来で働いていたので、ドリスは一人で彼女に近づくのが簡単になりました。

ドリスはジェイを期待していなかったので、彼女が予約リストから彼の名前を呼んだので、完全に不意を突かれた。

「78番、ジェイ・ファ...」 ドリスの声は明らかなショックで引きずり出された。

彼はここで何をしていましたか? 彼女の仕事で? 彼は病気でしたか、それとも彼女に会うためだけにそこにいましたか? たぶんそれは同じ名前の誰かだったのかもしれません。 それは不可能ではありませんでした。 たぶん、ジェイがプライドを飲み込んで、彼らが物事をどのように残したか後に彼女を探し出すよりもさらに可能性が高いです。

ジェイがポケットに手を入れて入るまで、彼女の心は可能性を思い起こさせ続けました。

"あなたはここで何をしているの?" 今回、ドリスは彼女の質問を大声で話し、彼女の目はジェイの怪我を冷たく評価しました。

ジェイは身を乗り出してドリスの目を見て、「ドリス、私が完全に回復するまで私を世話してくれると約束してくれた。 まだ痛い。 だから教えてくれ、あなたに行かないのなら誰に行けばいいの?」

"君は..." ドリスは自分につぶやき、返事を考えようとした。 これは彼女が期待していたものではありませんでした。 しかし、それも謝罪ではありませんでした。 ドリスは身を寄せて、「私を家から追い出したとき、あなたはとても元気でしたね」と鼻を鳴らしました。 彼女は続けて怒りました。「ああ、なるほど。 あなたは他の女の子と一緒に楽しむために私を捨てました、そして今あなたの小さな兵士はあまりにも緊張していますね?」 彼女は胸に腕を組んだ。 「まあ、あなたはあなたが望むものを手に入れたように聞こえますが、ゲームに疲れたときに指をパチンと鳴らしたからといって私が戻ってこないので、今あなたはあなたが値するものを手に入れるでしょう。」

「ドリス! それはそうではありませんでした!」 彼女が彼の肌の下に入る方法をどれほどよく知っていたかは信じられないほどでした。 ジェイは状況を悪化させないように歯を食いしばった。 彼女は彼が自分を正したいと思っていることを知っていた。 彼はきれいな女性とイチャイチャするのに飽きることはありませんでした。 それは彼がここにいた理由ではありませんでした。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img