img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第14章よく練られた罠  | 1.86%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第14章よく練られた罠
文字数:4033    |    更新日時:08/04/2021

ファニーは顔が赤黒くなるほど腹を立てていた。 歩み出てナンシーを蹴ろうとしたが、彼女に届きさえする前にナンシーがその足をつかんだ。 「私をいじめる人間はまだこの世に生まれていないのよ! このクソ女め! よく私を敵に回すことができるわね? ! ただの貧乏な医者のくせに私を敵に回したいのね! もしあんたの名字がニンじゃなかったら、ここにいることだってできてたと思う?」

ナンシーはその怒りにもかかわらず、ファニーを見下すように微笑んだ。 彼女は突然ファニーの足を離した。 ファニーはバランスを崩して床に倒れこんだ。

「あなたは間違いを犯しているわ、ファニー。 私はここにあなたよりずっと長く住んでいる。 あなたのお母さんがビッチで愛人であることに感謝するのね! なぜなら彼女なしじゃ、あなたはこんな家に住むことさえできないんだから!」

「ナンシー! わざわざ私について下品なことを言わなくてもいいじゃないの!」 自分の行為を暴露されて、ジルは羞恥に顔を赤くした。

「どうして? 何か間違ったことを言ったかしら? 私が3歳の時に、母親が交通事故に遭った。 両親は離婚して、すぐに父はあなたと結婚したわ。 ファニーがすでに2歳になっていたときにあなたは父と結婚したのよ。 ファニーが父の娘ではないとでもいうつもり? 私の両親が離婚する前、あなたたちは付き合っていなかったと誓えるの?」 ナンシーが感じた怒りは、何年もの間彼女が胸に秘めていたすべてのことを言い放ってしまうほど強いものだった。 彼女の言葉がジルを追い詰め、無力にした。 「そして私は母の交通事故についても聞くべきね。 あれは本当に事故だったのかしら? それともあなたが意図的に仕組んだんじゃないのかしら?」

「あなた…」 その魂を貫く言葉にジルはショックを受けた。 彼女は後ずさりすることを余儀なくされた。 「その言いがかりの証拠がないじゃない、ナンシー!」

ジルは、ファニーがクラークの娘ではないと主張することは絶対にできなかった。 彼女がこれをすると、ニン族の財産のすべては自動的にナンシーに行ってしまう。

ナンシーはジルをあざ笑った。 それがナンシーが明白な証拠なしで証明できないただの告発だろう。

しかしジルの緊張した反応と恐怖の表情によって、その全体的な状況が曖昧なものになった。

ナンシーは、最終的に少しずつ少しずつ仕返ししてやろうと感じたのだった。

彼女はうなずいた。 「最後にはお望みの証拠を見つけるわ。 株のことは、ごめんなさいね!」

彼女は振り返ってヴィラから出て行った。

「クラーク、死んでるの? なんでそこにただ座って、ファニーと私があのクソ娘にいじめられているのを見てるのよ? 私たちのために何か言えなかったの?」

ジルは不満げにクラークに叫んだ。

ナンシーはこの頃の出来事に悩みながら歩き続けた。 何年にもわたって抑圧してきた怒りが心から爆発し、彼女のことを悩ませてきた重荷が肩から取り払われたように感じた。

突然、背後からのファニーの怒りの声によってナンシーの考えが邪魔された。

「今日あなたがここですることを知ってたら、あなたの赤ん坊を絞殺して犬のえさにしてたわ!」

ファニーの言葉にナンシーはびっくりして唖然とした。

彼女はゆっくりと振り返り、目に燃えるような怒りを浮かべてファニーを見つめた。

「ファニー、私の娘をどこに連れていったの? 今すぐ言いなさい!」 彼女は狂ったようにファニーの元に急いだ。

ナンシーの怒りを駆り立てることに成功したことがわかると、ファニーは悪意のにじんだ笑みを浮かべた。 彼女は素早くヴィラの門を閉じて、無事にむこう側にとどまった。 「絶対に教えないわ、ナンシー。 あなたが母親の株を渡さない限りね!」

ナンシーがファニーの元に急ぐと、門が音を立てて閉まった。

続く数日の間、同じ夢によってナンシーの眠りは阻害された。

ファニーから別の電話があるのではないかと恐れ、彼女は携帯の電源を切ることまでした。 ファニーが自分に言うかもしれないことに恐怖を抱いていた。

「あなたの子供は死んだ」、とファニーが言うことを恐れていたのだ。

目に見えない手が彼女の心臓を掴んでいるように感じ、呼吸すらままならなかった。

彼女が経験した痛みと絶望を誰も理解することはできないだろう。

週末の早朝、目が覚めるとナンシーはベッドから出る気がしないほどの疲れとだるさを感じた。 彼女はすすり泣きながら一人ベッドにとどまった。

しかし彼女の静かなすすり泣きは、正面玄関への突然のノックによって遮られた。

「ナンシー! そこにいるのか? 生きてるか?」

チャールズは切迫した様子で、ナンシーのドアをノックしながら叫んだ。

彼女は彼のことなど完全に忘れてしまうほど、この数日間動揺していたのだった。

どうしてチャールズがこんなに朝早く来て私のことを探しているのか、急に不思議に思えてきた。

彼女は涙をぬぐうと小さな上着を

羽織り、ふわふわのスリッパをはいてドアを開けに行った。

チャールズは分厚い黒のコートを着て、じっと構える氷山のようにドアのそばに立っていた。 ボビーは彼と一緒ではなかった。

「ボビーはどこ?」 ナンシーは弱々しい声でそうたずねた。 ナンシーはチャールズを無視して、ボビーを探して廊下の両側を見た。

突然、失望と怒りが彼の目に光った。 再び彼が声を発すると、その声は冷ややかで怒りがこもっていた。 「つまり、あなたはまだボビーのことを覚えているんだな?」

チャールズは何度も彼女に電話をかけ、たくさんのメッセージを送ったが、彼女は消え失せてしまったようだった。 彼女の携帯は電源が切られており、一度も彼のラインへの返信はなかった。

ナンシーは鼻であしらって、彼のことを見ずに話した。 「チャールズ、もし私に怒りに来たなら、申し訳ないけど今日はダメだわ。 お願いだから一人にしてちょうだい!」

チャールズは、彼女が落ち込み、弱り、そして痛々しい様子であることに気が付いた。 あの日、彼女に何かあったのだと彼はすぐに結論付けた。

「私の知るナンシーはどこにいるのだ? 彼女はいつもエネルギーにあふれているのに。 それにどうして涙の跡があるのだろう?」 チャールズは心配でいっぱいになって一人思案した。

突然に、不思議な感覚が彼の心をしっかりと掴んだ。

チャールズはドアを押し開いてナンシーの家に入った。

反射的にナンシーは、自分の身を守ろうと腕を前に出した。 「チャールズ、私に何をするつもり?」 、急いで彼女はたずねた。

「心配するな、ナンシー。 あなたに対して悪意はない!」

「この人… すごく迷惑だわ!」 、ナンシーはそう思った。

「じゃあ、自分が何をしてると思うの?」 、ナンシーは聞いた。 それから彼女は突然、自分の質問は面倒を招いているだけだと感じた。

チャールズは彼女の肩をつかむと、まっすぐに彼女の目を見つめた。

「彼の目… … とても奥深く、底知れない目だわ!」 、チャールズの目をまっすぐ見てナンシーはそう思った。

しかし彼女はすぐに目をそらし、それから顔を赤らめた。

「教えて、どうして泣いていたんだ? 私がいなくて寂しかった?」

「寂しい? 自意識過剰よ!」 、そういうとナンシーは下を向いた。 彼女が泣いていたのは娘のことが理由だったが、彼にそのことは言えなかった。

それは彼女にもっとも厳重に守られた秘密だった。

「彼氏と別れたのか?」 、突然にチャールズが聞いてきた。

どうしてチャールズが自分にとても注意を払っているように見えるのだろう、とナンシーは疑問に思った。

彼女は少しの間チャールズの質問のことを考えて、そしてうなずいた。

突然冷たい突風が吹いたように感じ、気付いたら彼女はチャールズによって寝室に引きずり込まれていた。

「どうして紳士的なチャールズがこんな容赦なく意地悪になれるの?」 、彼女は不思議だった。

「チャールズ、気が狂っているの?」 、彼女はほとんどパニックになりながらそう聞いた。 ナンシーは突然恐怖を感じた。 もし彼が自分に対して何か悪いことをしたら、どうしたらいいのだろう?

チャールズは彼女をベッドに座らせてからクローゼットの扉を開いた。 そして彼はいくつか服を手に取って彼女に放り投げた。

「上着を着て、私についてくるんだ!」

「どこに行くの?」 、彼女は戸惑いながらたずねた。

「幼稚園が今週末ある催し物をやると言ってきたんだが、両親の参加が求められている。 はじめてボビーは親子の催し物に申し込んで、とてもやる気があるんだ。 彼はクラスメイトに両親が参加すると自慢までしたんだ…」

しかしチャールズが言い終える前に、ナンシーは手を振って断るように首を振った。 「あなたはもうボビーに私のことをママと呼ばせられないわ、じゃないと他の人が私たちのことを誤解する。 それに、このことが私にたくさんの面倒を引き起こすと思う。 無理よ…」

「ああ、でもあなたに選択肢はない!」 チャールズは身をかがめて、厳しい決意を込めてナンシーの目をまっすぐ覗き込んだ。

「どういう意味よ?」 、ナンシーは困惑の表情を浮かべてたずねた。 急にナンシーの顔が険しくなった。 彼女は突然、チャールズが自分のことを罠にはめたのだと感じた。

「私と一緒に幼稚園に行って、ボビーのお母さんになってもらいたい!」 彼の声は大きくはなかったが、それは紛れもなく命令だった。

「それでもし私がノーと言ったら?」

彼女がそう言った途端、大きな二つの手によって全身が押し倒された。

何かが反応する前に、彼女の衣服は一枚一枚、素早く取り除かれていった。

「やめて! チャールズ!」 、ナンシーは叫んだ。

「チャールズ、ひどいわ…

チャールズ! もう…」

ナンシーはこの前決して罵りはしなかったが、その時彼女は一通りの厳しい言葉を口に出したのだった。

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img