img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第25章下品な女  | 
第25章下品な女
3277    |    08/04/2021

チャールズはこの恥知らずな女のことが嫌だったが、本当の感情を隠して軽く笑った。

「思いついた。 妹がどんなふうに陰で私を誘惑したのかナンシーに見せるべきだな」、と携帯を取り出しながら気取った口調で言った。

ファニーはすぐさま彼の手から携帯を奪うと、 冷静にその携帯にキスをすると無邪気な声で言った。 「フーさん、これはしないでください。 姉が本気にしちゃいますから。 もし彼女が私たちが一緒にいるのを見たら怒って喧嘩になっちゃいます。 怒った彼女は怖いんです」

チャールズは肩をすくめた。 「私は怒ったナンシーが好きだよ」 ファニーはその言葉を無視して本気になった。

「フーさん、 私は姉よりもずっとずっと魅力的ですよ」 彼の首をそっと指で触れながら彼女は誘うような目で彼を見た。

「くだらない! あなたたち二人の間には天と地ほどの差があるね」 それからチャールズは彼女の手を振り払うと、「消え失せろ!」と叫んだ。

「何が違うって言うんですか?」、 ファニーはひるむことなく傲慢にたずねた。 彼女の最大の長所と最大の短所はその自信の強さで、 チャールズの目に浮かんだ

—— ——
            
img
img
  /  8
img
img
img
img