img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第35章離せ!  | 4.64%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第35章離せ!
文字数:4457    |    更新日時:08/04/2021

目線を外しながらジェイは笑みを深くし、 ドリスはそんな彼の夢見るような目を注意深く見ていた。 「心配するなよ、 あんたには興味がない」、とジェイは笑みを浮かべて優しく告げた。

「ああ、 じゃあいいわね!」 それ以外なら何でもできると感じて、 彼女は安堵のため息をついた。

そして彼女は彼のために何でもやるつもりだった。 「ドリス、あなたは誇り高き女の子なのよ! 後々自分に腹が立ってくるわね」、と苦々しく思った。

彼らが歩みを進めていると、ジェイが突然立ち止まった。

ドリスはジェイが見ているところを目で追うと、半開きのドアがあり、 中ではチャールズのそばに女が一人立っていた。

チャールズは壁に背中を預けて陰気な顔をしていて、 何かをとても心配してとても落ち込んでいるようだった。

その今の状態はいつものハンサムな見た目とは似ても似つかなかった。

「チャールズじゃない? ここで何をしているのかしら?」 ドリスは混乱してそう聞きながら、 かすかに顔を困惑にゆがめた。

ジェイは足を速めるとドアを押し開いて中へと入った。

「チャールズ、ここで何してる?」 驚きをにじませた声でそうたずてチャールズに近づき、 ジェイは彼の腕を取って体を支えた。

「ジェイ、お前なのか?」 チャールズは焦点の合わないで目でジェイの顔をじっくりと見てそう聞いた。 チャールズは彼に笑いかけたが、弱々しい顔は青ざめていて どうやら飲みすぎてしまったようだった。

普段のチャールズはこんな人間ではなく、 常に自分を律していて 酒に関してはなおさら厳しかったのだ。 お酒を飲むことは滅多になく、年にほんの数回程度だった。

「出ていけ!」 ジェイはチャールズに付きまとっていた女にそう叫んだ。

その女は怖がってすぐにその部屋から出ていった。

ジェイがその女を部屋から追い出すとチャールズは血走った目で彼のほうを向いて、 「ジェイ!」 と言ったが他には何もできなかった。

「今日誰かに会ったか、チャールズ? お前の助手とボディーガードはどこだ?」 、とジェイは心配そうな口調で尋ねた。

「いや、今日は… 一人で来た。 別に付き合いとかそういうためでもないんだ」 チャールズはぐらぐらしながらそう説明すると、 ジェイが腕を支えているのに頼って突然体から力を抜いた。 そして意識を失った。

「彼はアルコール中毒だと思うわ」 ドリスは男性病学部門の女性医師でも一般的な医学の知識に精通していた。 チャールズの真っ赤な頬と血走った目を見て、おそらく彼がすでにアルコール中毒になっていることを確信したのだった。

「どうすればいい?」 ジェイはまるでパニックに陥る寸前であるかのような 心配そうな声を出した。 彼は今までこのような状況、特にチャールズが危険な状態にあるという状況を経験したことがなく、 緊張して今すぐにでもパニックを起こしてしまいそうに見えた。

何かの付き合い以外で飲みに行くときは、普通チャールズはジェイを誘うはずだった。 しかし今回彼は一人でそこに飲みに行き、パッとしない女に誘惑さえされていた。

「こいつ… どうしたんだ?」 ジェイは不安になった。

「病院に連れていきましょう。 これ以上ここで私たちにできることは無いわ」 ドリスはすぐにそう提案するとチャールズの体を起こすためにジェイとは反対の方に移動した。 しかし彼女が触れるとチャールズが突然目を覚ましたので彼らはびっくりしてしまった。

「離せ!女! 女は信用できない! 私に近づかないでくれ!」 チャールズは目を閉じたままそう叫んだが、 ドリスを追い払うことができないほど極度に弱り切った状態にあった。

「どういうことだ? 」 チャールズのその反応と状態にジェイは何かを思い出した。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img