img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第10章頑固な男  | 1.33%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第10章頑固な男
文字数:3492    |    更新日時:20/02/2021

「チャールズ!」 ナンシーは腹を立てて叫んだ。 彼女は今までこんな頑固な男には会ったことがなかった。

チャールズは猛烈に彼女のことを見つめ、折れるつもりはないとはっきりと明らかにしていた。

しかしながら、彼の扱いにくさはナンシーをいら立たせた。 彼女は腕を振って、ドアに向かって体を傾けた。

しかしチャールズは離さず、強く彼女を引き戻した。

ナンシーはただの痩せた女の子で、チャールズの力に対抗できるわけがなかった。 結果として、彼女は彼の腕の中に引き込まれた。

その時突然、病室のドアが開かれた。

「ごめんなさい… 間違えたわ。 私は何も見てない。 お二人とも、どうぞ続けて!」 、ジェシーは露骨な笑みを浮かべてそう言った。

すぐにナンシーは顔を赤らめてもがいたが、チャールズは離さなかった。 代わりに彼はわざとナンシーを恥ずかしくさせるように、さらにしっかりと彼女を抱きしめた。

「ジェシー部長、誤解しないでください!」 ナンシーは説明したかったが、それはまるで隠ぺいしようとしているように聞こえた。

「心配ないわよ。 何も見てないって言ったでしょ」 ジェシーは笑みを浮かべて、こびへつらうようにチャールズを見た。

しかしながら、ナンシーのことを心底軽蔑していた。

ホバートがナンシーに親切だったのも無理はない。 たった今チャールズが彼女の後ろ盾だったということが分かったのだ。

「そうか。 ジェシー部長、ボビーがこの病院にいる間はナンシー先生が彼の個人的な医師になると ホバート院長に知らせてもらえるかな? 他の患者のことはジェシー部長に、よろしく頼む!」 チャールズは礼儀正しく話したが、それは厳しく冷たく響いた。

「ええ… はは、もちろんです」 チャールズに凝視されてジェシーは恐怖を覚え、とにかく彼の気分を害さないよう気を付けた。 そして振り返ると急いで去っていった。

それを見て彼女は嫉妬を感じてがっかりし、彼の腕に抱かれているのがナンシーではなく自分だったらなあと思った。

チャールズと付き合うことはその街のすべての娘たちの夢で、彼女もその中の一人だった。 ただ彼を一番に捕まえたナンシーはそれだけラッキーだったということだ。

「チャールズ、全能の神が私を罰するためにあなたを送り込んだんだって今分かったわ!」 ナンシーはその男に対して本当に無力感を感じた。 彼女は振り返ってボビーのベッドに向かった。

「じゃあ、今からあなたがいい子になることを願うよ」、とチャールズは肩をすくめて言った。

次の日、ボビーは朝早く目が覚めた。

彼がナンシーを見たその瞬間、目が明るくなった。

「ママ、会えるってわかってたよ!」 彼はその小さな手を伸ばして、ナンシーの美しい顔を優しく撫でた。

その少年の温かい感触に、瞬時にナンシーの心が和んだ。

「ボビー、自分から風邪なんかひいちゃだめよ。 もう二度と同じことをしちゃいけないよ、わかった?」 彼女は手を持ち上げて彼の鼻を突いた。

顔をしかめたボビーは憂鬱そうに言った。「でも風邪をひかずにどうしたら会えるの? 僕はどうすればいいの?」

「馬鹿な子ね…」、ナンシーは言葉を失った。

「風邪をひかない限り、いつでも会いたいときに会わせてやるよ、約束する」、とチャールズが言った。

ボビーの目が星のように輝いた。

しかしナンシーは完全に戸惑っていた。 「いったい彼らは何を望んでいるの?」 、彼女は思った。

前世で彼らに借りでもあるのだろうか?

自分が残りの人生を共に過ごす相手を見つけることは可能なのだろうか?

「ママ、僕のことが好き?」 、頭をかしげてボビーが聞いてきた。

この幼い男の子にどうしたらノーと言えるだろうか?

それに、本当にこの子のことが好きのだ。 もし彼が自分のことをママと呼ぶのをやめるなら… 一生彼のことを愛するだろう。

「ええ、 もちろん好きよ」 、ナンシーは歯を見せて笑った。

「ママ、お腹がすいたよ。 何か食べたいな」 ボビーが腕を伸ばすと、ほんわかとして本当に可愛かった。

「何を食べたいの? 教えてちょうだい」、ナンシーが聞いた。

「ママが買ってきてくれたものなら何でも食べるよ」

チャールズはただただ自分の耳を疑った。

ボビーはとても好き嫌いが激しく、毎日様々な料理が出されていてもあまり食べなかった。 しかし今、彼はこの女性に食べ物を買ってきてほしいという。 いったい何が起こっているのだ?

それほど彼女に対する彼の愛は強いのだろうか?

「蒸し饅頭はどう、ボビー?」 蒸し饅頭がナンシーのお気に入りだった。

彼女はそれが大好きで、みんな大好きだろうと思っていた。

「いいよ!」 、すぐにボビーが賛成した。

「あなたは? 何か買ってきましょうか?」 、ナンシーはきつい口調で聞いた。

「もちろん!」

ナンシーは手を出した。

「何だ?」 チャールズは訳が分からなかった。

「いえ、ボビーの分は払えますがあなたの分は払えません」。 ナンシーは、自分がこちらに戻ってきてから絶え間なく彼らにつけられているように感じた。 すでに彼女は彼らと時間を共にしていたが、これ以上彼らにお金を使わないことに決めた。

「現金がない。 ほら、カードを持っていって」 、そしてチャールズはすぐに黒革の財布を取り出して彼女に提示した。

ナンシーはため息をついた。 「まあ、いいです。 もっと大きな借りができたときに、私に返してくださいね!」

「ああ、君は今日たくさんしゃべったけど、理にかなっていたのは今の言葉だけと思うなあ。 気に入ったよ!」 、チャールズは財布をしまって微笑んだ。

ナンシーはただ墓穴を掘っただけだったのでいらいらした。

「どうして私はこんなことまでしているの?」 、と彼女は考えた。

ナンシーの顔に怒りが浮かんでいるのを見ると、チャールズは胸が躍った。

それはまるでチャールズとボビーがリムジンの後ろにゆったりと腰かけていて、ナンシーがすべての雑用をこなしているようだった。 彼らにとって「何者」でもなかったが、彼女はいまだに彼らのために全てをさばいていた。

ナンシーはただボビーが早く退院することを望んでいたのだ。 そうなったら再び自分の平和な暮らしが戻ってくることを期待していた。

実際、ボビーはまさに次の日回復したが、この小さな男の子には計画があった。

それで時折彼は咳をして、ナンシーは彼にコップの水を取ってやり、果物を洗った。

そしてその二人の男はお互いに見合って心得顔でそっと微笑み合った。

チャールズは心配していなかった。 彼はどこからでも働くことができた。 顧客のことは、助手にただ任せた。

朝、ナンシーはボビーの顔を洗って彼をさっぱりさせた。 すると突然、ドリスから電話が来た。

「ナンシー、あなたすごいわ! ほんの数日顔を合わせていないだけなのに、もうチャールズと付き合っているのね! 良かったじゃないの!」

彼女の口調は嫉妬と冷やかしに満ちていた。

「ドリス、言葉に気を付けて。 いつ私がそんな尻軽な女になったっていうの?」 そう話しながら、彼女は軽くひげを剃っているチャールズをにらんだ。

「ねえ。 私に嘘つかないで。 みんな知ってるし、トップニュースにだってなってるんだから」 、ドリスはにやりと笑った。 「正直、あの小さな男の子がフー一族の子だとは予想してなかったわ。 センスがいいわね、あなた。 小さいほうの面倒をちゃんと見れば、大きいほうも簡単に手に入るわよ」

「いいかげんにして!」

「いやいや、ナンシー。 良いことよ、超良いことよ。 この機会を掴んで、フー一族の夫人になれるように全力を尽さなきゃ。 そしたら、残りの人生は何不自由なく暮らせるし、私にもちょっとおこぼれをちょうだいね。 はっはっは…」、ドリスの声は爆竹のようにうるさかった。 チャールズが彼女の声を聞くのを恐れてナンシーは急いで電話を切った。

携帯でニュースを確かめると、ドリスの言う通りだということが分かった。

ナンシーは目に見えて動揺していた。 「ちょっと、どうしてこの人たちは私のことをでっちあげているの? 市立病院の有名ドクターの秘密が明らかに! ドクター・ナンシーの 隠し子が明らかに! なんなの?」 読めば読むほど彼女ははらわたが煮えくり返ってきた。 「いったい彼らは何のことを言ってるの? 全部でたらめよ!」

チャールズはその携帯を手に取るとそれらを読み始めた。 そして彼はその切れ長の目を細めて彼女を見た。

「気に食わない?」

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img