img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子  | 2.00%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子
文字数:3340    |    更新日時:08/04/2021

チャールズの動きは止まらなかった。 代わりに彼は彼女にふさわしい衣服を探すため、より一層せわしなく動いた。

「この服は色が多すぎるな。 似合ってない」

「これは大きすぎる。 ナンシー、体重が減るくらい私のことが恋しかったのか?ふう」

「これはいい。 これを着てくれ」

ナンシーはまるで自分がチャールズの着せ替え人形になったように感じた。 彼がようやく服を決めたときには、彼女はもう息が上がっていた。

その手から服を取ると、ナンシーは恨めしく彼をにらんだ。 もし目に人を殺す力があれば、彼はとっくに死んでいただろう。

しかしチャールズはただ得意そうにニヤリと笑って告げた。「そんな風に見ないでくれ。 時間がないんだ。 あなたはボビーのことをがっかりさせたくないだろう? 彼があなたを待っているんだ」 彼が「私たちを」ではなく「あなたを」といった事実が彼女に多大な衝撃を与え、ナンシーの母性本能を呼び覚ました。

とうとう彼女はボビーのためにうなずいたのだった。

その一日、ボビーの母親になることに同意した。

しかしながら、そこで自分が夢見ていた小さな女の子と会うことになると、彼女は思いもしなかったのだ…

チャールズとナンシーが幼稚園に到着すると、門のところに駐車された豪華な車の列が目に入った。 たくさんの親たちが来て催し物に参加するようだった。

駐車を済ませると、チャールズはナンシーを中に導いた。

ナンシーは彼との間にいくらか距離を置こうとしたが、まるで心を読んだかのようにだしぬけにチャールズが彼女の手を握った。 彼女はその馴染みのない感触に寒気を覚え、すぐに見上げたが、彼の顔はいつも通り落ち着いていた。

まるで本当にただ妻の手を握っているようだった。

手のぬくもりが体の残りの部分にも広がり、ナンシーは唇を噛んで息を殺した。

その時、チャールズが彼女の手のひらをさすり始めた。

彼はいちゃついているのだ!

しかしながら、たくさんの人が自分たちのことを見ているせいで、ナンシーは手を引くことも何かを言うこともできなかった。

すぐに、その人込みからざわざわと会話が聞こえてきた。

「ほら、噂は本当だったんだわ。 この人がチャールズの彼女?」

「彼女が彼の息子の母親だと彼らは言わなかったの?」

「待って、彼らは結婚してないわよね?」

「そうだと思うわ。 TSグループの社長の結婚式となれば、街の誰もが口にする話題になっていたでしょうね! そんなことを耳にしておいて、どうしたら忘れるっていうのよ?」 「でも、そういうオンラインニュースはそんなに信用できるものじゃないわ。 今は見つけられないもの。

多分この頃のチャールズの遊び相手なんだわ」

ナンシーはそれらの言葉を聞いて顔を真っ赤にした。

その瞬間、ボビーは幼稚園の門のところに立って周りを見渡していた。 ナンシーとチャールズが手を取り合って幼稚園に歩いてくるのを見て、彼は幸せそうに微笑んだ。

「パパ、ママ!」 、みんなの関心を惹きつけながらそう叫んだ。

穴があったら入りたいほどナンシーは恥ずかしかった。

この二人によって自分の残りの人生がめちゃくちゃになるだろうと確信した。

チャールズがその反応を見ようとちらりと見ると、彼女は顔を赤くして恥ずかしそうに下を向いていた。

「なかなかいいじゃないか!」 、チャールズが誇らしげにそう言った。

ナンシーは黙ったままだったが、抗議の気持ちを込めて彼の手を握りしめた。

仕返しにチャールズが彼女の小指をつねって、不愉快を感じさせた。

とうとう彼女は敗北を認め、チャールズの手を握る力を緩めた。

幸い、ボビーが彼らの間に割って入り、すぐに彼らの手が離された。

そして彼らの間に立ってそれぞれの手を握って彼は大声で宣伝した。「これが僕のパパとママだよ!

家族なんだ。

ねえ、みんな、すごいでしょ?」

彼はまるで、自分だけがママとパパがいる唯一の子供であるかのようにふるまっていた。

見ていた人のほとんどが彼のことを可愛らしいと思ったが、残りの人はチャールズの力を怖がっていた。

だか

ら彼らはみんなでこう言った。「もちろん! ボビーは幸せ者だ」

それから全員、視線の元に追いやられたナンシーのほうを興味深く向いた。

彼らの目のせいで、彼女はまるで自分が人前で裸にされてしまったように感じた。 「機嫌直して、ナンシー」、突然チャールズは体を傾けてナンシーの耳にささやいた。

見ていたみんなには、それはカップルの甘いおしゃべりのように見えた。

もちろんチャールズは、それをわざと見せつけるためにやったのだ。

しかしながら、ボビーは当惑の表情を浮かべてナンシーを見ていた。 彼は何かあったのだとわかった。いつもはとても笑っている彼女が今日は全く笑っていなかったからだ。

彼は顔を上げて心配そうにたずねた。「ママ、何かあったの? ジェシーがまたいじめてきた? もしそうなら僕に言わなきゃだめだよ! ママのために僕がやり返してくるからね」

ナンシーはどうにか彼に微笑みかけた。 「大丈夫よ。 私は平気。 あなたがいるんだから誰も私のことをいじめたりしないわ」

ちょうどそのとき、一人の小さな女の子が誤ってナンシーの膝にぶつかって、後ろにずしんと尻餅をついた。

心配になってナンシーはボビーの手を握る手を緩めてその女の子のほうを向いた。 「ごめんなさい、転ばせちゃったわ!」

その小さな女の子は髪をおさげにしていたが、それを結わえる蝶結びはほとんどほどけそうになっていた。

彼女は顔を上げると目を潤ませながらナンシーを見つめた。 「私は大丈夫、お姉さん」、と頭を振ってそう言った。

「ママ、この子はナディア。 彼女は泣くことができない醜いアヒルの子なんだ! 痛みの感じ方も知らないんだよ」、ボビーは偉そうにナンシーにそう言った。 それから彼は、顔中に嫉妬の文字を浮かべてその小さな女の子のほうを向いた。 「ナディア、急げよ。 僕はこれからパパとママと一緒にレクリエーションに参加するんだ」

ナディアは彼に返事をする代わりに、すがるような目でナンシーとチャールズを見た。 「お姉さん、私もあなたと一緒に参加してもいいですか?」

「だめだよ!」 、ボビーはすぐにそう叫んだ。

ママとパパは二人とも彼の、彼だけのものなのだ。

「ボビー、男の子は女の子と話すとき優しくするべきよ、いい?」 、ナンシーはいさめるようにそう言った。 それから彼女はナディアを自分の腕の中に引き込んで、「あなたのパパとママはここにいるの?」と聞いた。

ナディアは首を振った。

ナンシーはこの状況をどうにかするようチャールズのほうを向いてほのめかした。

「ボビー、男の子は女の子の前では紳士でいなきゃだめなんだ。 もっと広い心を持たなくては…」 、チャールズは気乗りしない様子でそう言った。 本当のところ、彼はナディアを混ぜるつもりは無かったのだ。 やはり、ボビーと何か行事に参加する機会はめったになかったし、なおさらナンシーも一緒となる貴重な機会だった。

ボビーは混乱してチャールズのことを見つめ返した。 パパはママの前ではちっとも紳士じゃなかったじゃないか?

「ボビー、たくさんの人たちが私たちを見ている。 パパを困らせないでくれ」、低い声でチャールズはそう言い添えた。

「ほら、いい子よ、ボビー。 ナディアの手を握って。 彼女がいれば、もう一人仲間が増えたっていうことよ。 一緒に参加しましょうよ。 絶対楽しいわよ!」 ナンシーはそう調子を合わせ、ナディアの手をボビーの手に合わせた。

「わかったよ」、ボビーは渋々同意して、ようやく彼女の言葉を受け入れた。

このようにして、ナンシーとチャールズは二人の子供の手を握って会場へと歩いていった。

「フーさん、 ボビーが選んだ催し物はこちらです。 最初から始められますよ」 幼稚園のチョウ園長がやってきて、そのリストをチャールズに丁重に手渡した。

「ああ、ありがとう。チョウ園長」、チャールズは彼女からリストを受け取りながらそう言った。

チョウ園長は、ナディア、そしてナンシーを見た。 彼女は冗談めかしてこう言った。「あら、ナディアも一緒なんですね。 最初見たとき、家族かと思ったんです。 彼女は本当にボビーにそっくりですから!」

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img