img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上  | 
img
父親に溺愛された可愛い双子
img img img
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上
3399    |    20/02/2021

「お嬢さん、奥様はあなたが男の子を産んだら2億円以上、女の子を産んだら5000万円以上差し上げると仰っていました」、とその年老いた女は優しく言った。

「ええ」 ナンシー・ニンはうなずいた。

彼女にはほかに選択肢はなかった。 彼女の母親は誰かが自分の病院の費用を払ってくれることを切実に求めていた。そして自分の父であるクラーク・ニンがそのことに全く見向きもせずに、その費用を少しも肩代わりするつもりがないということを分かっていた。

ナンシー・ニンはそれに腹を立てていたので、彼に借金をいくらか肩代わりしてくれるよう頼みたくなかった。 そういうわけで彼女は彼氏であるキャスパー・ユエに頼ろうとしたが、腹違いの姉妹であるファニー・ニンと浮気していたことが分かった。

絶望的な時期はただ絶望的な解決策をもたらしてくれる。

ナンシー・ニンができたことは冷笑して足を踏み鳴らすことだけだった。

それに返事をするように、上空の雲の中で稲妻が光った。 すぐに雨の粒が歩道に強く打ち付け、彼女の薄い服はびしょ濡れになっていった。

ほかの人たちは雨から逃げて、できるだけ早く雨宿りできる場所を探そうとした。彼女は取り残され、まるで魂の抜けた目的を探してさまよう人のようだった。

「お嬢さん!」 誰かが彼女のことを呼んだ。

ナンシー・ニンが振り返ると、そこには年老いた女性がいた。

女性は眉をひそめ、彼女に向かって歩いた。 「あのう、私のことを呼びましたか?」

「私はただあなたの年齢を聞きたかったのです」 女性はナンシーの両手を手に取って、必要としていた雨宿りの場所を探してミルクティーのお店に連れていった。

彼女は得体のしれない感情をその視線に込めて、ナンシーを上から下まで一目見た。

「19歳です」、とナンシーは答えた。

「あらまあ!」 その年老いた女性は一瞬間を置いた。 「さっき、あなたが雨に打たれているのを見て、とても辛い時期を過ごしているんじゃないかって感じたのよ。 大丈夫?」

彼女のその問いのおかげで、ナンシーは今にもこぼれ落ちそうなほどの涙を目に浮かべた。 一瞬のうちに、彼女はその年老いた女性の肩にもたれてむせび泣いていた。

「私の母は十年前に交通事故に遭ったんです。 彼女は今昏睡状態で、それに臓器に問題があって手術が必要で、そして… それで私は…」 、彼女はすすり泣いた。 母親を救いたいと思っても希望は全くなかった。

「そんなお金は大したことないわ、ねえ。 大丈夫よ」 その夫人は彼女を軽くたたいた。 「それに、あなたがその手術費用を手に入れることができる方法を一つ知っています」

お金と聞くとすぐにナンシーは彼女に掴みかかった。

「奥様、お金を手に入れられるならできることは何でもします」

その老婦人はただ微笑んで返事をした。 「本当にシンプルなことですよ。 あなたが我が家の若い主人との間に子供を産むことができたら、お金が手に入ります」 老婦人は彼女のことをじっと見つめた。 「どうですか?」

たった今舞い込んできた情報を飲み込むのにやや時間を取られてから、彼女はゆっくりとうなづいた。

十代という年齢で子供を持つことの意味を彼女はわかっていた。 もし人々がそのことを知ったら、彼女の評判は破壊されるだろう。 しかしもし彼女がお金を手に入れなかったら、そのためで彼女は母親も失うだろう。

こう考えて、彼女はいつも母親のほうを選ぶつもりだった。

それを受け入れると、ナンシーはすぐさまとある邸宅に連れていかれた。

「お嬢さん、体を綺麗にしてちょうだい」、絹のネグリジェをナンシーに手渡してバスルームに移動しながら、その老婦人は命令した。 「主人は間もなくにここに来るでしょう」

ナンシーは自分を取り囲んでいるものに感心している時間がなかったので、その女性にうなずいた。 「わかりました」

その老婦人は微笑んで目尻にしわを寄せた。 「大丈夫よ、お嬢さん。 うちの若い主人は素敵な人よ。 夜の間、彼があなたの世話を見てくれますから」

「ありがとうございます」 その女性が彼のことを保証したが、ナンシーはいまだにまるで自分が動物園で見られている動物であるかのように感じていた。

「いいこと、身支度が終わったらすぐに電気を消しますのよ」、と彼女は後ろのドアを閉める前に指示した

ナンシーはもう何も言わずに、バスルームに足を踏み入れ、熱いシャワーの準備をした。

それが済むと、彼女は髪を乾かして電気を消し、ベッドに身を預けた。無数のクッションが彼女の小柄な体を飲み込んだ。

すでに、沈黙が彼女を不安にさせ始めていた。

彼女はまるで自分が出荷のために屠殺されるのを待っている動物であるかのように感じた。 胸の中で心臓の鼓動が速くなり始め、彼女は懸命に落ち着こうとした。

時間は止まっているようだった。 ようやくドアが開いたとき、まるで何時間も経っていたように感じた。

ナンシーはすぐに目を閉じた。

それでも、彼女は背の高い人物が自分に近づいてきているのを感じることができた。

「緊張してる?」 彼のかすれた声が響き、彼女は驚きに体を震わせた。

「はい」、彼女はそう認めながら、無意識にシーツを掴んでいた。 その大きな体のことを思い、彼女の体はすでに震えていた。

「大丈夫だよ」、彼女の首元に息を吐きながら彼はささやいた。

今のところ彼の声は依然として堅苦しく、まるで商談をしているようだった。

「承知しました」 ナンシーは横になって待ち、ゆっくりと目を開いた。

突然、窓の向こうに稲妻が光った。 その時、ナンシーは自分を見下ろして見つめている彼の暗い目をまじまじと見た。

そして、彼が彼女のことを見たのもそれが初めてだったようだ。

彼女は急いで顔を背けた。

その男は身をかがめて彼女のパジャマをたくし上げ、彼の冷えた指が彼女の太ももを探った。 「君が私のことを見たかどうかわからないけど、私がそうしたように、君もすぐに私のことを忘れるだろう」 、と彼は微笑んだ。

「そうですね」、ナンシーが言った。

そうだ。 彼女が赤ちゃんを産めば、取引は成立して去るだろう。

外は大雨で、寝室の物音はかき消されていた。

9ヶ月後。

手術室で、泣き声が聞こえた。

「男の子です。 アンジェリーナ夫人!」 その老女は腕に男の子を抱いて手術室から飛び出した。

「なんとてこと… 素晴らしいわ!」 アンジェリーナ・ファンは興奮して両手を合わせ、赤ちゃんを手渡した老女にお辞儀をした。 「株が手に入ったわ!」 、彼女はささやいた。 「そして私の息子はTSグルームの跡取りになるのよ。 ああ、神様ありがとう! 男の子よ!」

「アンジェリーナ夫人」、 その老女は自分の喉にボールが詰まっているように感じ始めた。 「医師がもう一人の女の子のことについても言っていました」

「女の子?」 アンジェリーナ・ファンは首を横に振った。 「今は男の子で十分よ。 女の子は置いていきなさい」

「わかりました。 アンジェリーナ夫人」、と彼女は答えた。

何も言わずに、とうとう二人は去っていった。

「ナンシーが出血している! 輸血が必要だ。 彼女に輸血を、スタット!」

「わかりました」

一方で、医師と看護師たちはナンシーの蘇生を期待して手術室で一刻を争っていた。

中絶をするため、そこに来たばかりだったファニー・ニンは立ち止まった。 「誰ですって?」 、眉を引き上げながら彼女はたずねた。

「ナンシー・ニン、知り合いですか?」 、その看護師は他意なくそう答えた。

「いいえ、知らないです」 しかしながら、その看護師は彼女の目に光った悪意を見逃した。

手術室は完全に混沌としていて、ファニー・ニンが女児の赤ちゃんを連れ去っていることに気が付かなかった。

5年後。

BJ国際空港にて。

ナンシーはビジネススーツに身を包み、優雅に空港から出てくるとサングラスを下げて窓枠に反射する太陽を眺めた。

出産してから5年が経っていた。 彼女が目を覚ますとすぐに、母親が意識を取り戻したという電話を診療所から受け取った。 医者に知らせる時間もなく、ナンシーはその弱った体で診療所に急いだ。

母親は目を覚ましていたが、まだかろうじて言葉を発したり動いたりできるだけだった。 彼女のために有能な看護師を探すのに一か月かかり、そしてそれが済むと、ナンシーはさらなる小児医学の勉学のために海外に行った。

留学はその地で彼女の能力を高めるだけでなく、彼女が自らの過去と距離を取るのにも役立った。

彼女の過去、それは痛みと隠すべき秘密だったのだ。

            
img
img
  /  8
img
img
img
img