img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第26章彼女はお前のお母さんじゃない  | 
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
3462    |    08/04/2021

チャールズは冷たい視線を送った。

これにより彼らは首を縮めて完全に押し黙るほどおびえてしまったのだった。

彼は病院にナンシーを迎えに行ってそれからボビーの幼稚園に一緒に行くつもりだったが、 ファニーの言ったことでその上機嫌も台無しにされてしまった。

「パパ、大丈夫?」、 チャールズの表情が変わったことに気が付いたボビーが聞いた。

しかし返事はなかった。

「ママはどこにいるの? 」

「ボビー、彼女はお前のお母さんじゃないんだ」、 という冷たい一言。

ボビーはそれを聞いてショックを受けた。 パパはどうしちゃったんだろう? パパはお姉さんのことをママと呼んでいいと約束してくれたのに、どうして急に言うことを変えてしまったんだろう?

「彼女は僕のママだよ、意地悪なパパ。 ふん!」 チャールズの言葉を聞くとボビーは自分のことがかわいそうに思えてきて、 そっぽを向いて顔をそむけた。

チャールズはただ険しい顔で彼を見たが何も言わなかった。

「何があったんだろう? パパはすごくどんよりしてる!」

何が起こったのか突き止めるつもりでボビーはチャールズの携帯を取り出してラインを開いた。

見覚えの

—— ——
            
img
img
  /  8
img
img
img
img