img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第6章複雑な質問  | 0.80%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第6章複雑な質問
文字数:3135    |    更新日時:20/02/2021

「よろしくだって?」

自身の息子を除いて、この世界の誰がそんなあからさまに彼のことを脅すだろうか?

チャールズは唖然とした。 彼が4年の間、男手ひとつで育てた息子は知り合ったばかりの女のほうを気に入っている。 そのせいでチャールズは完全な敗北を感じた。

今朝、彼は鼻をくすぐってくる何かのおかげで目を覚ました。 目を開くと、ボビーが一房の長い髪で鼻を撫でているのが分かった。

「パパ、起きてご飯作って」、とボビーはささやいた。

ご飯をつくる? この息子はどうかしてるぞ!

チャールズと食べ物との関わり方と言えば、常にそれを楽しむことに限られていた。 彼に関しては、料理は彼の仕事ではなかった。

拒絶しようと口を開けたその時、ボビーが「起きて朝ご飯を作ってくれないなら、お家に一緒に帰らないもん。 どうする?」と言った。

この親にしてこの子あり。 この小さな男の子はとてもずる賢い!

ほかの選択肢はチャールズには残されていなかった。

言うことを聞かなければまたボビーが家出するんじゃないかと心配になり、彼はいやいやながらも、「わかった、作るよ」と言った。

「良いパパだね」、とボビーは優しく言った。 それから横にいる女性をちらっと見て彼は聞いた。「パパ、ママはすごく美人だと思わない?」

ナンシーは枕に髪の毛を広げながらぐっすり眠っていた。 チャールズは彼女の優しそうな優美な顔を見た。長いまつげ、かすかに笑ったようにカーブを描いている美しい唇。

彼女はきっと素敵な夢を見ているに違いない。

この女性は… 本当に可愛かった。 その美しさはより自然で心地いいものだった。 彼女には何か人を魅了するものがあった。

自分の父親がうっとりしたようにナンシーのことを見つめているのを見て、ボビーは微笑んで彼女に優しくキスをした。

「パパ、息子の好みを信じるべきだよ。 彼女を僕のママにさせて、ね?」

「なんて勝手なんだ!」 チャールズは鼻を鳴らしてそう言ったが、自分の胸がドキッとするのを感じた。

そして彼はこの会話を避けるためにすぐに立ち上がってキッチンに行った。

まださっき起こったことを考えながら、彼は一人で微笑んだ。 卵を焼き終えて振り返ると、ナンシーが後ろに立っているのに気が付いた。

「おお、起きたのか」、と彼はぎこちなくしゃべった。

「おはようございます、紳士様」、ナンシーは冗談を言った。

「おはよう。 昨晩はよく眠れた?」 、チャールズは聞いた。

「ああ… そうね」、心の中で彼に怒鳴りながらナンシーは答えた。 よく知らない男のそばでどうしたら眠れるというのだ?

夜明けになってようやく彼女は寝付けたのだ。

「ママ、パパが作った目玉焼きを食べてみて。 おいしいよ。 ほら」、ボビーはナンシーとチャールズの間にそのお皿を差し出した。 彼はその二人の大人に自分を無視してほしくなかった。

「どうも、ボビー」 ナンシーは目玉焼きのかけらを持ち上げて口に入れた。 それはとてもしょっぱくて彼女はすぐに吐き出した。

「そんなにまずいか?」 チャールズは不機嫌そうに聞いた。

「いえ、大丈夫です。 とにかく、お気になさらず。 あなたに朝食を作りましょう。 洋食と中華どちらが好みですか?」 飲み込むことすらできないとナンシーは言いそうだったが、見ず知らずの人のことを怒らせたくなかった。

無言でチャールズはその皿を手に取ると、ごみ箱の中に料理を雑に放り込んで、キッチンから出て行った。

「ああ、もう! パパはかっこいいけど、なんて気が短いんだ。

ママを怖がらせちゃったらどうするの?」 、ボビーは頭を振りながらそう思った。

「ママ、僕のパパは本当はいい人なんだ。 パパはただママが料理を気に入ってくれなかったのが悲しいんだ。 許してもらえるかな?」 ボビーはそっとナンシーに告げた。

「坊や、大丈夫よ。 パパのところに行きなさい。 もうすぐ朝ごはんができるから」 何が入っている

か確かめるためにナンシーは冷蔵庫を開けた。 幸い、卵とパン、牛肉に野菜がいくつかと、タラが入っていた。

彼女は素早くお粥と、野菜料理を二つ、そしてタラの蒸し焼きをつくった。

「朝ごはんの時間よ、二人とも」、テーブルに料理を置くとナンシーは知らせた。

このシンプルな言葉だけでチャールズの胸がドキッとした。

これが家庭っていうものなんじゃないだろうか?

シンプルで、優しくて、あたたかい…

おそらくこれがボビーが彼女のことを気に入ったわけだろう。 ナンシーは、周りにいるいつでも彼とのセックスの用意ができている、羽を広げた孔雀のような下品な女たちとは異なっていた。

「すごい」、ボビーは大げさな声を出した。 「ママの料理はすごくおいしい! だよね、パパ?」

「ああ」とチャールズは答えた。

ナンシーはボビーの前にお粥を置くと、「ボビー、あんまり早く食べたらだめよ」と言った。

「わかった。 ありがとう、ママ」、ボビーはうなずきながら言った。

ボビーがナンシーのことを「ママ」と呼ぶたびに、チャールズは顔をしかめて、ナンシーは顔を赤くしていた。 ほんの数分のうちに、ボビーはすべての料理を平らげた。

そして彼は唇を舐めてこう言った。

「ママ、もっと食べたい」 「ボビー、もう私のことを『ママ』って呼ばないでちょうだい。

私はまだ彼氏を見つけなきゃいけないの。 『ママ』って聞くとすごく恥ずかしくなるの。 分かるかな?」 その男の子のために別のお椀にお粥を分けながら、ナンシーはそう言った。

「まさか!」 ボビーはしっかりと首を振った。

「なんだ? 彼があなたのことを『ママ』と呼んでも別に問題ないよ。 何かまずいかな?」 下を向いて黙々と食事をしていたチャールズが突然そう聞いてきた。

なんですって?

彼はどういうつもりなの?

どうしてこの父親と息子はどちらも訳が分からないのだろうか?

彼はまるで、彼女が好もうが好まざろうがそれを受け入れなければいけないという風に話している。

ナンシーは礼儀ただしく微笑んで告げた。「失礼ですが、私が気にしなくても、奥様の気持ちは気にしないのですか?」

「私には妻はいない」、チャールズが即答した。

ナンシーはショックを受けてボビーを見た。 このかわいい小さな男の子は婚外子なのだろうか?

「ママ、おばあちゃんは僕が地面から産まれてきたっていうんだ。 ジェイおじさんは僕はお店からの贈り物だって。 そしてパパはママは死んだって。 どうやって僕がこの世界に来たのか教えてちょうだい」 目に期待を浮かべて、ボビーはナンシーのことを熱を込めて見た。

彼は頭がよく、自分の母親が自分のことを産んだのだと知っていた。

しかし、父親が主張するように母親は亡くなったのだということは受け入れられなかった。

どうして彼のママは出産した後で、彼を置いて死ねるというのだろう? 男の子は絶対にそれを受け入れるつもりはなかった!

わが身のことのように感じて、ナンシーは咳をした。

これは本当に繊細な問題なので、彼女は注意深く言葉を選んだ。

「ボビー、もちろんあなたのママがあなたをこの世界に送り出したのよ。 彼女はあなたのことを愛しているに違いないし、多分どこかからあなたのことを見守っているはずよ…」

もし彼の母親が亡くなったというなら、この小さな男の子は本当にかわいそうだった。

そう言うと、ナンシーの喉に何かが込み上げてきた。

「僕は彼女に見られたくない。 彼女はひどいママだ! 僕はあなたみたいな良いママが欲しいんだ」 ボビーは口をとがらせてナンシーの頬にキスをした。

チャールズは無言だった。

自分があまりにも多くの借りをボビーに対してつくっていることを彼はわかっていた。 この子は、彼がTSグループの株を手に入れるためだけにこの世に生を受けたのだが、その子がフー一族全体にとって本当に大切な存在になっていることは否定できなかった。

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  8
img
img
img
img