img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第124章Capítuloあなたは何をするつもりですか  | 16.42%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第124章Capítuloあなたは何をするつもりですか
文字数:3277    |    更新日時:09/04/2021

その夜は何も起こらなかった。 それはとても無事であることが判明しました。

ドリスは腕の中でぐっすり眠っていた。

早朝でした。 突然、彼女は耳をつんざくようなドアのノックを聞いて目を覚ました。

「ジェイ、ドアを開けろ! 開いて!」 ドリスは誰かが再びドアを叩いているのを聞いた。 「ジェイ、早くドアを開けろ!」

ドリスはぼんやりと目を開けた。 驚いたことに、彼女の前にジェイがいました。

「わあ、私は起きているのですか、それともまだ眠っていますか? どうして彼はここにいるの?」 ドリスはまだ夢の中にいると思った。 彼女はしばらく目を閉じて、再び開いた。 しかし、ジェイはまだそこにいました!

ドリスは彼を見て激怒した。 彼女は彼の耳を激しくつまんだ。 「どうして私の家で嫌いな人が寝るの? そしてそれも私のベッドで!」

痛みは一瞬で彼の体全体に広がった。 彼は深呼吸をして、「ドリス、やめなさい。 行かせて。 耳が痛い!」

「教えてください、どうして私のベッドにたどり着いたのですか?」 ドリスは歯を食いしばって尋ねた。

「あなたはいたずらな女の子、あなた自身が昨夜ここにいるように私に頼んだ。 どうして私を責めることができますか? ああ、痛い! 行かせて!" ジェイは痛みで顔をしかめた。

ドアはもう一度叩かれました。

「ジェイ、ドアを開けろ! 今ドアを開けないのなら、誰かに壊してもらいます!」

ドリスの顔に不吉な笑顔が現れた。 彼女は、外の人は彼を見つけに来たジェイの女性の誰かかもしれないと推測しました。

誰だろう? 彼女は彼を赤い手で捕まえましたか?

えっ! 誰でもかまいません。 彼には外にたくさんの女性がいました!

ドリスは彼を寝室から引きずり出し、ドアを開けた。 それから彼女はドアに現れた女性を誇らしげに見ました。

「どうしたんだ、女? なぜあなたはドアを叩き続けるのですか? 昨夜、この男は私と一緒に寝ました。 彼は私に責任があるはずです。 何をする? 彼を連れ去りたいのなら、少なくとも私に1000万をください。 そうでなければ、彼は私のものになるでしょう!」

「ああ、ドリス、手を離して。 彼女はいる..." ジェイは説明したかったが、彼女の咆哮に邪魔された。

サラはにっこりと言った、「ああ、ジェイと一緒に寝たのはあなただよね?」

"はい、そうです。 彼は喜んでそうします。 それで、あなたはそれに問題がありますか?」 ドリスはこっそりと眉を上げた。

「それは私にとっては大丈夫です。 それを聞いて本当にうれしいです。 あなたとジェイを一緒に家に連れて帰ってみませんか?」

'上手... これはなんて不注意な女性なのでしょう!」 ドリスはため息をついた。

「レディ、あなたは誰だと思いますか? なぜ私はあなたと一緒に行かなければならないのですか?」 ドリスはまだ状況を理解できなかったので、彼女はサラを軽蔑して睨みつけました。

「ああ、彼女は私の妹です!」 ジェイはゆっくりと言った。

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第101章Capítuloあなたは理解していません
第102章Capítulo今何をすべきか
第103章Capítuloなぜ彼はナンシーと恋に落ちるのでしょうか
第104章Capítulo二度と会いたくない
第105章CapítuloLiveAGood Life
第106章Capítulo私はドロシーが好きではありません
第107章Capítuloかくれんぼをする
第108章Capítuloラブゲーム
第109章Capítulo目をつぶる
第110章Capítulo共通の目的
第111章Capítuloプロットと目的
第112章Capítuloあなたは私に何をしましたか
第113章Capítulo私はその答えを聞きたくない
第114章Capítulo繁殖とはどういう意味ですか
第115章CapítuloTeachMeKung Fu
第116章Capítulo今すぐ学びたい
第117章Capítuloやりたい
第118章Capítulo私は従うしかありませんでした
第119章Capítuloハッピーエクスプレッション
第120章Capítulo子供を持つ女性
第121章Capítuloエンゲージメント
第122章Capítulo別の別れ
第123章CapítuloStopIt
第124章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第125章Capítulo女性は災害です
第126章Capítuloママの家に行く
第127章Capítulo両方が大好き
第128章Capítuloマインドユアオウンビジネス
第129章Capítulo古い同級生
第130章Capítuloあなたは私の女性です
第131章Capítulo私と一緒に家に帰る
第132章Capítulo酔って死ぬ
第133章Capítuloの妥協
第134章Capítulo機嫌が悪い
第135章Capítuloなぜあなたは彼女が欲しいのですか
第136章Capítulo霧の中
第137章Capítulo誤解しないでください
第138章Capítulo憎しみ
第139章Capítulo悪夢
第140章Capítulo真実
第141章CapítuloAコンペティション
第142章Capítulo私は男が必要です
第143章Capítulo結婚は単なる二人の連合以上のものです
第144章Capítulo子犬の愛
第145章Capítuloドリスの職業
第146章Capítulo秘密の事件
第147章Capítulo誕生日パーティーに行く
第148章CapítuloWorldsApart
第149章Capítulo誤解
第150章Capítulo賢い女性
第151章Capítulo2人の女性が抱き合っている
第152章Capítulo入手困難なプレイ
第153章Capítulo後悔できない
第154章Capítuloあなたはあなたが私を好きだと言った
第155章Capítulo嫉妬は何をしますか
第156章Capítulo演技が得意
第157章CapítuloTheMore、The Merrier
第158章Capítuloそれは間違いなく冗談ではありません
第159章Capítulo彼女が知らないことがたくさんあります
第160章Capítuloドリスのトリック
第161章Capítuloロマンチック
第162章Capítuloナンシーは腹を立てている
第163章Capítulo冷戦
第164章Capítulo罪悪感の夜
第165章CapítuloBeGood
第166章Capítuloの名前
第167章Capítulo二人の子供はどこにいますか
第168章Capítulo輸血
第169章Capítuloそれは痛いですか
第170章Capítuloパパの下着
第171章Capítulo誰もが金持ちが好き
第172章Capítulo赤ちゃんを飼うことができなかった
第173章Capítulo運命
第174章Capítuloママが赤ちゃんを産むことができない理由
第175章Capítuloダンス
第176章Capítuloラブキッズ
第177章Capítulo泥棒
第178章Capítuloまったく調整されていません
第179章Capítulo同じほくろ
第180章Capítulo何か大きなことが起こった
第181章Capítulo地獄が起こっていること
第182章Capítuloあなたはそれを見つけましたか
第183章Capítuloナンシー、あなたは私を愛していますか
第184章Capítulo必要なものを手に入れよう
第185章Capítuloその絵を仕上げる
第186章Capítulo彼のことを心配する
第187章Capítuloあなたの家はどこですか
第188章Capítulo荒れ狂うホルモン
第189章Capítuloあなたが否定したい
第190章Capítuloあなたは誰のためにここにいますか
第191章Capítuloは謎を推測します
第192章Capítuloがっかり
第193章Capítuloペスタリングをやめる
第194章Capítuloあなたは何をしていますか
第195章Capítulo子供たちはどこにいますか
第196章Capítuloスマートリトルガイ
第197章Capítuloもっと子供がいる
第198章CapítuloMommyLovesDaddy
第199章Capítulo優しさは女性にとって最高の武器です
第200章Capítulo躊躇
img
  /  8
img
img
img
img