img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第156章Capítulo演技が得意  | 20.66%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第156章Capítulo演技が得意
文字数:3270    |    更新日時:09/04/2021

ドリスは恐れて目を閉じた。 しかし、驚いたことに、彼女は地面に倒れたのではなく、男の広い胸に倒れました。

「ジェイ?」 ウィニーは驚いた。 彼女はジェイがそこに現れるとは思っていなかった。 彼女は彼がすでに仕事に行ったと思った。 それがまさに彼女がドリスと戦うことを敢えてした理由です。 しかし、彼女が計画したように物事はうまくいきませんでした。

「ドリスは私を挑発した!」 彼女はすぐにドリスを非難した。

「私は自分が見たものだけを信じています、ウィニー。」 ジェイはとても落ち着いて見えましたが、彼の目の鋭さは恐ろしいものでした。

「ジェイ、あなたはただ彼女をいじっているだけだと思います。 あなたは彼女について真剣ではありませんね? 彼女..."

ウィニーが完了する前に、ジェイは彼の声で冗談のヒントで彼女を冷たく中断しました。 私は彼女をいじっているだけです!」

それから彼は頭を下げ、ドリスに彼女の反応を見るために一見を与えました。

ドリスは憤慨して彼を見た。 '畜生。 あなたはろくでなし、あなたはそれをどのように敢えて言いますか?」 彼女はため息をついた。

しかし、彼女は冷静さを失うことはありませんでしたが、ただ落ち着いて尋ねました。 それはあなたの尊厳の下にありますか?」

"尊厳? それも重要ですか?」 ジェイは笑顔でドリスの目を見て、頬にキスをした。 「あなたはおかしいです、そして私はあなたをいじり回すことを楽しんでいます!」

彼女は賢いのですが、ジェイがちょうど彼女を使っているのを見ることができました。

彼はその女性がもうそこにとどまることを望まなかったので、彼は彼女を巧妙に使ってウィニーを追い払っていました。

もちろん、ドリスもウィニーの存在を嫌っていました。 したがって、どちらも同じ目的を持っていました。 その状況では、彼女はジェイのマスクを外すことはできませんでしたが、彼女は彼に協力しなければなりませんでした。

これは、利益の束縛とも呼ばれます。

「うわー、ジェイが遊ぶのがとても好きだとは知らなかった。 偶然ですが、私も遊ぶのが好きです!」 ドリスはジェイにふざけてウインクした。 彼女はとても魅惑的で魅力的でした。

彼女の反応はジェイの予想外だった。 彼はドリスに感動し、有意義に見つめていました。

彼が彼女を知って以来、彼が彼女をとても注意深く見たのは初めてでした。 彼女は確かにとても美しくエレガントでした。 彼女は繊細な楕円形の顔、形をした眉毛、そして甘い小さな口を持っていて、美しく純粋に見えました。 彼女の魅力は、他の女性にはない特別なものでした。

ウィニーは激怒した。 さて、誰がそうではないでしょうか? 彼らは彼女の前でお互いにイチャイチャした。

「ジェイ、私があなたの幼馴染であることを忘れないでください。 あなたは私にとってとても大切でした。 どうすればこれを行うことができますか? ハンフ!」 ウィニーはとても怒っていたので話すことができませんでした。 彼女は憤慨して首尾一貫しなくなった。 彼女は顔を紅潮させながら、歯を食いしばり、足を踏みつけ、背を向けた。 「待って見てみよう...」

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第101章Capítuloあなたは理解していません
第102章Capítulo今何をすべきか
第103章Capítuloなぜ彼はナンシーと恋に落ちるのでしょうか
第104章Capítulo二度と会いたくない
第105章CapítuloLiveAGood Life
第106章Capítulo私はドロシーが好きではありません
第107章Capítuloかくれんぼをする
第108章Capítuloラブゲーム
第109章Capítulo目をつぶる
第110章Capítulo共通の目的
第111章Capítuloプロットと目的
第112章Capítuloあなたは私に何をしましたか
第113章Capítulo私はその答えを聞きたくない
第114章Capítulo繁殖とはどういう意味ですか
第115章CapítuloTeachMeKung Fu
第116章Capítulo今すぐ学びたい
第117章Capítuloやりたい
第118章Capítulo私は従うしかありませんでした
第119章Capítuloハッピーエクスプレッション
第120章Capítulo子供を持つ女性
第121章Capítuloエンゲージメント
第122章Capítulo別の別れ
第123章CapítuloStopIt
第124章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第125章Capítulo女性は災害です
第126章Capítuloママの家に行く
第127章Capítulo両方が大好き
第128章Capítuloマインドユアオウンビジネス
第129章Capítulo古い同級生
第130章Capítuloあなたは私の女性です
第131章Capítulo私と一緒に家に帰る
第132章Capítulo酔って死ぬ
第133章Capítuloの妥協
第134章Capítulo機嫌が悪い
第135章Capítuloなぜあなたは彼女が欲しいのですか
第136章Capítulo霧の中
第137章Capítulo誤解しないでください
第138章Capítulo憎しみ
第139章Capítulo悪夢
第140章Capítulo真実
第141章CapítuloAコンペティション
第142章Capítulo私は男が必要です
第143章Capítulo結婚は単なる二人の連合以上のものです
第144章Capítulo子犬の愛
第145章Capítuloドリスの職業
第146章Capítulo秘密の事件
第147章Capítulo誕生日パーティーに行く
第148章CapítuloWorldsApart
第149章Capítulo誤解
第150章Capítulo賢い女性
第151章Capítulo2人の女性が抱き合っている
第152章Capítulo入手困難なプレイ
第153章Capítulo後悔できない
第154章Capítuloあなたはあなたが私を好きだと言った
第155章Capítulo嫉妬は何をしますか
第156章Capítulo演技が得意
第157章CapítuloTheMore、The Merrier
第158章Capítuloそれは間違いなく冗談ではありません
第159章Capítulo彼女が知らないことがたくさんあります
第160章Capítuloドリスのトリック
第161章Capítuloロマンチック
第162章Capítuloナンシーは腹を立てている
第163章Capítulo冷戦
第164章Capítulo罪悪感の夜
第165章CapítuloBeGood
第166章Capítuloの名前
第167章Capítulo二人の子供はどこにいますか
第168章Capítulo輸血
第169章Capítuloそれは痛いですか
第170章Capítuloパパの下着
第171章Capítulo誰もが金持ちが好き
第172章Capítulo赤ちゃんを飼うことができなかった
第173章Capítulo運命
第174章Capítuloママが赤ちゃんを産むことができない理由
第175章Capítuloダンス
第176章Capítuloラブキッズ
第177章Capítulo泥棒
第178章Capítuloまったく調整されていません
第179章Capítulo同じほくろ
第180章Capítulo何か大きなことが起こった
第181章Capítulo地獄が起こっていること
第182章Capítuloあなたはそれを見つけましたか
第183章Capítuloナンシー、あなたは私を愛していますか
第184章Capítulo必要なものを手に入れよう
第185章Capítuloその絵を仕上げる
第186章Capítulo彼のことを心配する
第187章Capítuloあなたの家はどこですか
第188章Capítulo荒れ狂うホルモン
第189章Capítuloあなたが否定したい
第190章Capítuloあなたは誰のためにここにいますか
第191章Capítuloは謎を推測します
第192章Capítuloがっかり
第193章Capítuloペスタリングをやめる
第194章Capítuloあなたは何をしていますか
第195章Capítulo子供たちはどこにいますか
第196章Capítuloスマートリトルガイ
第197章Capítuloもっと子供がいる
第198章CapítuloMommyLovesDaddy
第199章Capítulo優しさは女性にとって最高の武器です
第200章Capítulo躊躇
img
  /  8
img
img
img
img