img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第161章Capítuloロマンチック  | 21.32%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第161章Capítuloロマンチック
文字数:3238    |    更新日時:09/04/2021

その瞬間、ジェイはチャールズから「古い場所」で飲み物を飲みに参加するようにとの電話を受けました。

いわゆる古い場所はシェードバーで、夏休みにチャールズとジェイがよく訪れました。 このバーは市内で最も豪華な場所でした。 市内の裕福で有名な人々は、特別な待遇を受けて頻繁に訪れました。

そこでジェイはドリスを立ち上げることにしました。

それから彼はチャールズと飲み物を飲むためにバーに車で行きました。

テーブルに座って、ドリスは燭台で遊んだ。 ジェイは夕食に参加するために戻ってくると彼女に言っていましたが、それでも彼は現れませんでした。

ジェイはうそつきだった、完全にうそつきだった!

彼女は皿でいっぱいのテーブルに横になり、狭くなった目をちらりと見た。 彼女はますます眠くなり、徐々に眠りに落ちました。

真夜中の12時ごろ、ジェイは戻ってきました。 ドリスはこの時点ですでに眠っているはずだと思っていたが、居間に入ると食堂のろうそくの明かりが見えた。

それから彼はネクタイを脱いでスリッパに着替え、静かに食堂に入った。

彼はドリスが眠っていて、腕に横になって頭を横に曲げているのを見ました。 ろうそくが燃え尽きそうになり、ろうそくのワックスが額に滴り落ち続け、髪がべたつくようになりました。

テーブルの上で出される料理はすでに冷たかった。

「この女性は私を待っていましたか?」 彼は思った。

「私たちのダイニングルームは寝るのにふさわしい場所ではありません。 寝室で寝なきゃ!」 ジェイはうなりました。 どういうわけか、彼は突然腹を立てた。

ドリスは彼の声を聞いてすぐに目を開けた。 彼女は眠そうな目でとても愛らしいように見えた。

"君は... 待って、すぐに食事を温めるだけだ」とドリスは半分眠そうな口調で言った。

「もう食べた!」 それを冷たく言った後、ジェイは振り返って出発しようとしていました。

"食べた?"

彼女が作ったお粥をちらっと見ながら、「でも、まだ何も食べていません、ジェイ」と言いました。

これを聞いて、ジェイは笑顔で戻ってきて、「さて、お粥を温めなさい...」と言いました。

「さて、2分だけください。 今から加熱します。」 それはすごかった! 彼女が望んでいたのは、彼にお粥を食べさせることでした。

彼女はすぐにそれを加熱するために去り、それからお粥の十分に満たされたボウルを持って戻った。 「私はあなたのためにこのお粥を特別に作りました。 とても美味しいです。 きっと気に入ると思います。」

—— ロックしたチャプター ——
アプリダウンロードして続きを読む
前章              次へ
img
目次
第101章Capítuloあなたは理解していません
第102章Capítulo今何をすべきか
第103章Capítuloなぜ彼はナンシーと恋に落ちるのでしょうか
第104章Capítulo二度と会いたくない
第105章CapítuloLiveAGood Life
第106章Capítulo私はドロシーが好きではありません
第107章Capítuloかくれんぼをする
第108章Capítuloラブゲーム
第109章Capítulo目をつぶる
第110章Capítulo共通の目的
第111章Capítuloプロットと目的
第112章Capítuloあなたは私に何をしましたか
第113章Capítulo私はその答えを聞きたくない
第114章Capítulo繁殖とはどういう意味ですか
第115章CapítuloTeachMeKung Fu
第116章Capítulo今すぐ学びたい
第117章Capítuloやりたい
第118章Capítulo私は従うしかありませんでした
第119章Capítuloハッピーエクスプレッション
第120章Capítulo子供を持つ女性
第121章Capítuloエンゲージメント
第122章Capítulo別の別れ
第123章CapítuloStopIt
第124章Capítuloあなたは何をするつもりですか
第125章Capítulo女性は災害です
第126章Capítuloママの家に行く
第127章Capítulo両方が大好き
第128章Capítuloマインドユアオウンビジネス
第129章Capítulo古い同級生
第130章Capítuloあなたは私の女性です
第131章Capítulo私と一緒に家に帰る
第132章Capítulo酔って死ぬ
第133章Capítuloの妥協
第134章Capítulo機嫌が悪い
第135章Capítuloなぜあなたは彼女が欲しいのですか
第136章Capítulo霧の中
第137章Capítulo誤解しないでください
第138章Capítulo憎しみ
第139章Capítulo悪夢
第140章Capítulo真実
第141章CapítuloAコンペティション
第142章Capítulo私は男が必要です
第143章Capítulo結婚は単なる二人の連合以上のものです
第144章Capítulo子犬の愛
第145章Capítuloドリスの職業
第146章Capítulo秘密の事件
第147章Capítulo誕生日パーティーに行く
第148章CapítuloWorldsApart
第149章Capítulo誤解
第150章Capítulo賢い女性
第151章Capítulo2人の女性が抱き合っている
第152章Capítulo入手困難なプレイ
第153章Capítulo後悔できない
第154章Capítuloあなたはあなたが私を好きだと言った
第155章Capítulo嫉妬は何をしますか
第156章Capítulo演技が得意
第157章CapítuloTheMore、The Merrier
第158章Capítuloそれは間違いなく冗談ではありません
第159章Capítulo彼女が知らないことがたくさんあります
第160章Capítuloドリスのトリック
第161章Capítuloロマンチック
第162章Capítuloナンシーは腹を立てている
第163章Capítulo冷戦
第164章Capítulo罪悪感の夜
第165章CapítuloBeGood
第166章Capítuloの名前
第167章Capítulo二人の子供はどこにいますか
第168章Capítulo輸血
第169章Capítuloそれは痛いですか
第170章Capítuloパパの下着
第171章Capítulo誰もが金持ちが好き
第172章Capítulo赤ちゃんを飼うことができなかった
第173章Capítulo運命
第174章Capítuloママが赤ちゃんを産むことができない理由
第175章Capítuloダンス
第176章Capítuloラブキッズ
第177章Capítulo泥棒
第178章Capítuloまったく調整されていません
第179章Capítulo同じほくろ
第180章Capítulo何か大きなことが起こった
第181章Capítulo地獄が起こっていること
第182章Capítuloあなたはそれを見つけましたか
第183章Capítuloナンシー、あなたは私を愛していますか
第184章Capítulo必要なものを手に入れよう
第185章Capítuloその絵を仕上げる
第186章Capítulo彼のことを心配する
第187章Capítuloあなたの家はどこですか
第188章Capítulo荒れ狂うホルモン
第189章Capítuloあなたが否定したい
第190章Capítuloあなたは誰のためにここにいますか
第191章Capítuloは謎を推測します
第192章Capítuloがっかり
第193章Capítuloペスタリングをやめる
第194章Capítuloあなたは何をしていますか
第195章Capítulo子供たちはどこにいますか
第196章Capítuloスマートリトルガイ
第197章Capítuloもっと子供がいる
第198章CapítuloMommyLovesDaddy
第199章Capítulo優しさは女性にとって最高の武器です
第200章Capítulo躊躇
img
  /  8
img
img
img
img