img 父親に溺愛された可愛い双子  /  第11章ママって最高だよ!  | 1.35%
アプリをダウンロード
閲覧履歴
第11章ママって最高だよ!
文字数:3384    |    更新日時:08/04/2021

「私は独身なんですよ。 そして今、理由もなく、私があなたと関係を持っているという噂が出てきているんです! どう思います?」 ナンシーはとても気が動転して泣きそうだった。

「私と関係を持ちたいと思っている女性はたくさんいるんだ。 そのチャンスを手に入れてラッキーだと思わないの?」

「この人は… こんなにナルシシストな男は今まで見たことがないわ!」

、とナンシーは心の中で罵った。

「フーさん、 実際にあなたとの関係を望んでいる女性のところに行けばどうでしょうか? ボビー、パパの幸せな結婚の邪魔をしちゃだめよ。 今すぐ退院してちょうだい!」 、彼女は非難した。

「ママ、やきもちを焼いているの?」 、ボビーが無邪気にたずねた。

「私は… もう…」 しばし、ナンシーは言葉に詰まった。 それから彼女は腰に手を当てて、怒って言った。 「私は怒ってるのがどこから分かる? やきもちなんて全然焼いてないわ!」

「ねえ、ママが怒ってるの。大変なことだよ。 パパ、どうするの? 誰が噂を広げたのか突き止めて、そのひどい記事を削除したらどうかな?」 、ボビーは聞いた。

「ああ、いい提案だな!」 、チャールズは同意した。

ナンシーが興奮しているのを見るのは彼にとっては楽しかったので、今まで彼はその問題を深刻にとらえていなかったのだ。 しかし自分の息子が怒っているとなると、問題は全く別だった。

迷いなく、彼はジェイに電話をして問題を調べるように頼んだ。

チャールズが電話を切った後、ジェイは長いため息をついた。チャールズとボビーがあの変わった女性に出会ってから、彼の人生がより一層厳しいものになったように感じた。

しかしながら、問題の根底を突き止めるのは彼にとって難しいことではなかった。 社会的地位のある友人がたくさんいるのだ。

10分後、彼は手に入れた情報とともにチャールズに電話をかけた。

「チャールズ、噂を振りまいたのは市立病院の部長、ジェシー・ワンだ。 どうすればいいのか教えろ。 すぐにやってやるぜ!」

「いや、私が自分でやる」、そういうとチャールズは電話を切った。

彼がもっとも忌み嫌う人種、それは真実を捻じ曲げる人間だった。 ジェシーにはやるべき仕事がたくさんあったが、それでも彼女はインターネットに中傷的な記事を投稿することに時間を費やしていたのだ。

次に、チャールズはホバートに電話をかけた。

しばらくたったころ、ジェシーはホバートのオフィスで鼻息が荒く吠えていた。

「私は10年も小児科で部長を務めているんです! どうして私からその立場を奪うなんて考えられるんですか? 私はこの病院のために一生懸命働いてきました。 院長はとても残酷ですよ!」

「ジェシー、私を責めないでくれたまえ。 君は君の仕事に集中するべきだ。 どうしてこのような記事をインターネットに投稿しているんだ?」 ホバートは失望に首を振って、こう続けた。「君がナンシーのことを好いていないのは知っているが、実は本当に彼女のことを誤解しているんだ。 私は、彼女に第二小児科の責任者の立場を申し出たが、彼女は固辞し、しばらくは君から学びたいと謙虚に言ったんだ。 君がそんなことをするとは予想外だった… いったい何をしたんだ?」

これは聞いてジェシーは心を痛めた。 「まあ、なんて… すべて私が悪かったです、 ホバート院長。 今すぐに、ナンシー先生のところに 謝りに行きます。 私の行動の責任を取らせていただきます。 よろしいでしょうか?」 、彼女はすすり泣きながら喉を詰まらせた。

「私もこの件で話をするのはとても恥ずかしい。 可能ならば、自分で解決してくれたまえ」 ホバートはため息をついて彼女を行かせた。

すぐにジェシーはナンシーがいた病室に足を踏み入れた。 「ナンシー先生、本当にごめんなさい。 私が悪かったわ。 どうか許してちょうだい。 どうか!」 、彼女はほとんど這いつくばってそう叫んだ。

ナンシーは重大な欠点があった―人に優しすぎるのだ。

彼女が最も目にしたくなかったことは、他人が自分に向かって泣いたり、なにかを乞うところだった。 「ジェシー、あなたのしたことの何が悪かったのかが分かったならそれで十分です。 大丈夫ですよ」

ジェシーは涙をぬぐって急いでたずねた。「ナンシー先生、 つまり私を許してくれたっていうこと? つまり、私の部長の立場を奪うつもりはないのね?」

ナンシーは苦笑いをした。 彼女はジェシーにティッシュを手渡して告げた。「ジェシー部長、私の夢は人々を救って、傷を癒すことです。 それができる限り私は幸せなんです。 あなたの立場を切望したことは一度もありません。 私には重大なことじゃないんです」

「ありがとう。 本当にありがとう」 、ジェシーは感謝を込めてうなずいた。

「仕事を続けなくちゃ。 そんなつまらないことにこれ以上気を散らさないでください。 やっぱり私たちは仕事仲間なんですから、 患者の治療のことが一緒に向き合うべき一番大きな問題です」、とナンシーは心から言った。

「そうね、そのとおりね、 ナンシー先生!」 ジェシーは厳しい表情を浮かべていたチャールズのことを用心深くちらりと見た。

それを見て彼女はすぐさま後ずさって急いで出て行った。

「ママ、僕はあんな心が狭い人は大嫌いだよ。 彼女に罰を与えるべきだったのに!」 ボビーは大人のようにため息をついた。

「私たちは過ちを犯した人に寛大であるべきよ」、とナンシーは笑みを浮かべてボビーの頭をなでながら言った。

「あの女の目には、君の優しさと寛大さなんてクソに見えてるさ。 そして私の目には…」 チャールズは軽率な発言をしようとしていたが、

ナンシーが鋭い目線を向けてきたので彼は言うのを思いとどまった。

「パパ、馬鹿なこと言わないで。 ママは愚かじゃないよ!」 、ボビーが急くように叫んだ。

邪悪な笑みがチャールズの顔に浮かべた。

そのせいでナンシーはさらに気分が悪くなった。

この父親と息子に出会ってから自分のIQが低下したように感じた。

無理やり笑みを浮かべて、彼女は話題を変えた。 「ボビー、具合もいいんだから、幼稚園に戻るべきだと思うわ。 今はインフルエンザが流行しているの。 病院にいたら、ほかの患者さんからインフルエンザをもらうかもしれないよ。 だからパパと一緒にお家に帰りなさい、分かった?」

「でもママを置いていきたくないんだ。 どうしたらいいの?」 ボビーは拗ねて下を向いて、手をもじもじと動かしていた。

その男の子の顔を見てナンシーの心は和んだが、自分がこの子に会い続けたら、物事がさらに複雑になるだろうと彼女ははっきりとわかっていた。

普通の生活を送るためには、自分の仕事に集中してこの父子と距離を取らなければいけなかった。

しかしそれが自分だけの望みであることを彼女はわかっていなかった。

その父親と息子はナンシーの考えなど全く共有していなかったのだ。

ボビーに関しては、ようやく気に入った女性を見つけたのだから絶対に彼女を自分の母親にするつもりだった。

チャールズに関しても、自分の息子が気に入った女性を手放すつもりはなかった。 そのうえ彼女はとても素朴でおバカで、乳母でさえ彼女ほどの思いやりを持つことはないだろう。 そのような女性に出会うことはとても珍しかった。

どんな未来がこの女性と待ち構えているのかわからなかったが、喜んで彼は成り行きに任せた。

最も大切なことは、この女性に嫌悪感を覚えなかったことだ。 実際、彼は彼女のことをかなり興味深いと思っていた。

ところで、なお、今ナンシーが言ったことは一理あった。 彼は自分の息子にインフルエンザになって欲しくなかったのだ。

「さあ、行こう!」 、チャールズはボビーをベッドから抱き上げていった。

「わかった!」 、ボビーが言った。 そしてふくれっ面のままで彼は続けた、「パパ、自分が言ったことを忘れないでね。 ママに会いたくなったらいつでもここに連れてきてね」

「いいだろう」 、チャールズはナンシーを見て彼女の意見を待った。

ナンシーはこの二人から距離を取りたかったが、またその男の子を拒絶することができず、うなずいてこう言った。「来ていいよ、ボビー」

「ママ、約束を守るって、小指で約束して」、ボビーは真剣にそう言うと、ナンシーに近づいて小指を伸ばした。

彼が真剣な表情をするのを見るたびに、ナンシーは心が痛んだ。 彼女は身をかがめると、小指を彼のそれに引っかけた。 「約束を守るって約束するよ」

「ママって最高だよ! 大好き」 ボビーはナンシーの首に腕を回して、その頬に何度かキスをしたのだった。

前章              次へ
img
目次
第1章男の子の赤ちゃんに2億円以上 第2章彼女が僕のお母さんだったらどんなに素晴らしいだろう 第3章子供のパジャマ 第4章こんな真夜中に喧嘩してんのか? 第5章誰が結婚するんだ 第6章複雑な質問 第7章パパはお姉さんことが好きになると思うな 第8章俺の彼女になりたい? 第9章私が彼女を必要としている 第10章頑固な男 第11章ママって最高だよ! 第12章何かを抱えた女性 第13章不満 第14章よく練られた罠 第15章鳴き方を知らない醜いアヒルの子 第16章完璧な協力
第17章パパはママを口説き落とさなきゃいけないよ
第18章気のないふりをするな
第19章この女性から離れろ
第20章クズとの遭遇
第21章ナンシーに泊まるようお願いするボビー
第22章入浴するボビー
第23章自分の立場をわきまえてちょうだい
第24章パパ、覗いちゃだめだよ
第25章下品な女
第26章彼女はお前のお母さんじゃない
第27章ママはどこ?
第28章おじさんって呼んでね
第29章ゲーム
第30章遊び人
第31章知っていることをすべて話して
第32章頑張って
第33章ブラインドデートなんて要らないわよ
第34章もっと食べろよ
第35章離せ!
第36章温かい感覚
第37章Capítuloパパを一人にしておくことはできません
第38章Capítulo彼女は逃げることができない
第39章Capítuloそれは立ち往生しています
第40章Capítulo引き裂く痛み
第41章Capítulo眠くなる
第42章Capítulo子供はどうですか
第43章Capítulo誰が誰を借りたのか
第44章Capítuloあなたは私を知らない
第45章Capítulo子供は嘘をつかない
第46章Capítuloボビーのリクエスト
第47章Capítulo秘密の喜び
第48章Capítulo冗談をやめる
第49章Capítulo愛は時が経つにつれて成長します
第50章Capítuloどこに行きましたか
第51章Capítulo女性は常に損失に苦しんでいた
第52章Capítulo後で話すことができます
第53章Capítuloいたずらな男の子
第54章Capítulo私はあなたがいなくて寂しいです
第55章Capítulo私にいくつかの物語を読んでください
第56章Capítuloあなたは何をしていますか
第57章Capítulo異なる
第58章Capítuloファニー女優
第59章Capítuloなぜあなたはママが好きではないのですか
第60章Capítuloの誕生日パーティーへの招待
第61章Capítuloナルシスト
第62章Capítuloつかの間の興味
第63章Capítulo待つ
第64章Capítuloはママを守る
第65章Capítulo秘密
第66章Capítulo彼女が再びあなたをいじめさせないでください
第67章Capítulo妥協できない
第68章Capítuloナディアは私の娘です
第69章Capítulo人生を大切にする女性
第70章CapítuloDorisが助けを求めています
第71章Capítulo若くない
第72章Capítuloストーム
第73章Capítulo少年のように
第74章Capítulo愚かではない
第75章Capítuloさまざまな問題
第76章Capítulo嫉妬
第77章Capítuloその母親は彼女でした
第78章Capítulo彼に興味がない
第79章Capítulo彼はこの種の女性が好きです
第80章Capítuloの回収
第81章Capítuloジェイのトリック
第82章使用人としてのCapítuloDoris
第83章Capítulo行為をやめる
第84章Capítulo最近の問題
第85章Capítulo私は経験が浅い
第86章Capítuloあなたは私の女性です
第87章Capítuloが足りない
第88章CapítuloKindOfLove Him
第89章Capítulo真実
第90章Capítulo彼女の美しさに値する
第91章Capítuloは素敵な会話をしています
第92章Capítulo悪い男性
第93章CapítuloEagerForthe New
第94章Capítulo私にあなたを調べさせてください
第95章Capítuloの不在は心をより好きにさせます
第96章Capítuloお好きなように電話してください
第97章Capítulo悪
第98章Capítuloそれは役に立たない
第99章Capítulo快適さと不穏
第100章Capítulo問題ありません
img
  /  9
img
img
img
img